テセウスの船、馬淵役の小藪千豊が大反響な訳とは!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

竹内涼真さん主演のドラマ「テセウスの船」に出演していたお笑いタレントの小藪千豊さんが大反響と話題になっております。

 

 

今回の役柄もそうですが、小藪さんは陸王でも悪役を演じており、その時にも非常に反響を呼びました。

 

 

しかし、実際はと言うと

 

 

「顔以外はイケメン」

 

 

ということで、非常に好感度が高いということをご存知でしょうか??

 

 

今回はこの小藪千豊さんにスポットを当てて

 

 

「なぜここまで悪役を演じていながらも、小藪さんは好感度が高いのか??」

 

 

について、説明していきたいと思います。

 

 

お笑いタレントの小藪さんが今回テセウスの船で演じた役は県警の監査官馬淵を演じており、文吾(鈴木亮平さん)に加藤みきお(柴崎楓雅さん)の殺人容疑をかけ、追い詰めるという役柄です。

 



 

この役柄についてSNSでは

 

 

「イライラするキャラだ」
「憎たらしい!」
「いやなやつすぎて小籔さんを嫌いになりそう」

 

 

こんな声が視聴者からあります。

 

 

加えて、普段の小藪さんはキャラ作りとはいえ、ねちっこい芸風なので、余計テセウスの船で憎たらしさを感じるかもしれません。

 

 

さて、ドラマが大反響したという意味では、小藪さんの役柄はかなりおいしいとも言えますよね??

 

 

ですが、ドラマの役柄が悪役だからと言って、視聴者に嫌われかけているのを見ると

 

 

「悪役を演じたら、自動的に視聴者に嫌われてしまうのは、損ではないか??」

 

 

と思われる人もいるかと思います。

 

 

しかし、実際の小藪さんはと言うと

 

 

「行動がイケメンだ!」

 

 

と好感度も高いですし、NGT48の中井りかさんにも「普段めっちゃ優しいのになんで??」という声があります。

 



 

実はこんなエピソードがあった様です。

 

 

品川駅でタクシーに乗ろうとしている車いすの女性を小籔さんは見かけたのですが、遠くから駆け寄り『何していいか、わからんから教えてください』と声をかけたようなんです。

 

 

人は「大丈夫ですか?」と聞かれると「大丈夫です」と答えてしまうのが普通なのですが、小藪さんの場合は「教えて下さい」と言ってくれた為、その女性はすごく感動したそうです。

 

 

以上の様なエピソードもあって

 

 

「小藪は顔以外イケメン」

 

 

と絶賛の嵐となりました。

 

 

ちなみに、NGT48の中井りかさんも

 

 

「普段は優しい」

 

 

とコメントしておりました。

 

 

この様に小籔千豊さんが、悪役を演じてても絶賛されるのは

 

 

「実は顔に似合わず人への気遣いが出来る」

 

 

ということなのです。

 

 

顔に似合わずは失礼になってしまいましたが(笑)、それでも普段から悪役を演じてたとしても、「実は優しい」ということが分かれば、女性からは好意的に見られやすいのです。

 

 

これが普段も「憎ったらしいキャラクター」だと、恐らく普通に嫌われていたかと思います。

 

 

こうした「ギャップ」は普段から恋愛では大切とお話ししているので、既にお分かりでしょうが、それでも中々理解出来ずに自分の物に人もいます。

 

 

なので、まずは芸能人や身の回りの人で

 

 

「怖い(マイナスイメージ)けど実は…(優しい)」

 

 

という人を見て学んでください!


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA