神田沙也加さん死亡事故

神田沙也加と松田聖子は師弟関係だった「絶縁ではなく痴話喧嘩」

神田沙也加さん死亡事故

2021年12月18日に神田沙也加さんが亡くなったことを受け、松田聖子さんが2021年の紅白歌合戦を辞退しました。

神田沙也加さんと松田聖子さんは不仲や絶縁説が度々囁かれていましたが、実際は「師弟関係」の間柄であり、「痴話喧嘩」によって度々不仲が囁かれていただけに過ぎない内容だと発覚しました。

神田沙也加妊娠はガセ情報だった「出産よりも自分磨きを最優先」
2021年12月18日、神田沙也加さんが札幌のホテルから突然の転落死をして1週間。 神田沙也加さんが「妊娠していたのではないか」という説が多々飛び交いましたが、妊娠中だった可能性は限りなく低いことが判明しました。 ...
前山剛久彼女が山本彩はデマ「神田沙也加が引き立て役に使われた」
2021年12月17日に神田沙也加さんの突然の逝去を受け、神田沙也加さん交際相手の前山剛久さんが神田沙也加さんを自殺に追い込んだとされ、猛バッシングされています。 前山剛久さんと付き合っていた「アイドルA子」が山本彩という情報がありま...
神田沙也加さん札幌ホテル飛び降り自殺は予兆があった「裏で孤独を抱えてたか」
2021年12月18日、女優の神田沙也加さんが札幌のホテル高層階20階から転落し、14階で倒れているのが発見されましたが、本日急死が発表されました。 神田さやかさんは自殺の可能性が高いとされておりますが、神田沙也加さんのツイッターには...

神田沙也加と松田聖子は「絶縁ではなく痴話喧嘩」

神田沙也加さんと松田聖子さんの関係は「絶縁」「不仲」と報道されていましたが、単なる「痴話喧嘩」の可能性が高かったことが明らかになりました。

神田沙也加さんと松田聖子さんを知る知人の証言で「痴話喧嘩」に関する内容から見受けられます。

「最初はデビュー直後、沙也加とひと回り年上のギタリストとの交際が原因でした。沙也加は結婚すると言い出しましたが、聖子は猛反対。自宅で窓ガラスが割れる大喧嘩で、警察が出動する騒ぎになりました。その後、沙也加の家出もあり、盛んに“断絶”が報じられた。ただ、そうはいっても母娘。最後は関係修復に動き、訣別には至りませんでした」(母娘の知人)

週刊文春『神田沙也加「遺書」 5歳下交際俳優と確執、聖子との7年絶縁』より抜粋)

 

神田沙也加さんは松田聖子さんと「絶縁で不仲」と言われていたものの、原因は「ギタリストとの交際」によるもの。

この頃から「痴話喧嘩」と明らかに明らかな事実があるにもかかわらず、「断絶」という言葉が度々報じられており、この頃から神田沙也加さんと松田聖子さんの関係性について、勘違いが生まれていた様子が見られます。

実際に神田沙也加さんと松田聖子さんはこの頃から「訣別に至っていない」為、「断絶していた」という内容は言い難い事実です。

松田聖子は「神田沙也加結婚を祝っていた」報道と証言の食い違い

松田聖子さんと神田沙也加さんの関係性について、結婚当初の報道と文春や知人の証言が食い違っている点が発見されました。

まずはライブドアニュースで発表されている神田沙也加さんと村田充さんの結婚に関する記事。

『4月26日、俳優の村田充(39)との結婚を発表した、神田沙也加(30)。沙也加は自身のインスタグラムに、父親の神田正輝(66)と村田との“3ショット”を投稿。神田も「早く孫の顔が見たい」と報道陣に語るなど、2人の結婚を祝福している。

いっぽう母親の松田聖子(55)は娘の結婚について、5月8日時点では一言もコメントを出していない。聖子が無言を貫いていることで母娘の不仲が囁かれているが、そもそも、聖子は村田との結婚に強く反対しているのだという。』

ライブドアニュース「松田聖子 沙也加の結婚に無言で甦る“12年前の断絶事件”」より抜粋)

松田聖子さんは神田沙也加さんに対して「一言もコメントを出していない」と説明しています。

しかし、一方で松田聖子さんの知人の証言では「松田聖子さんはコメントを出そうとしていた」内容が語られています。

「聖子は何度も電話をかけましたが、沙也加は全て無視。『“おめでとう”と伝えてあげたいのに連絡が取れない』とボヤいていました。聖子を結婚式に呼ばない一方、当てつけのように、それまで関係が希薄だった父・正輝を招待。二人でバージンロードを歩いたのです」(聖子の知人)

週刊文春『神田沙也加「遺書」 5歳下交際俳優と確執、聖子との7年絶縁』より抜粋)

 

更には文春の「神田沙也加さんが母親(松田聖子さん)に一切結婚について報告しなかった」という内容。

沙也加は17年4月、舞台共演を通じて交際に発展した、9歳年上の俳優・村田充と結婚。だが、彼女は母親に一切、結婚について報告しなかったという。

週刊文春『神田沙也加「遺書」 5歳下交際俳優と確執、聖子との7年絶縁』より抜粋)

文春にも、「神田沙也加さんが一切結婚について報告しなかった」内容が書かれています。

ライブドアニュースの発表では「松田聖子さんが結婚に反対している」という様子が語られていました。

しかし一方で、松田聖子さんの知人や文春の証言を見ると、松田聖子さんが村田充さんとの結婚を知らされなかっただけで、結婚については「おめでとう」と祝いの言葉を述べようとしていたことが明らかです。

従って、ライブドアの証言と松田聖子さんの知人や文春の証言には明らかに矛盾があり、不仲や絶縁説は単に事実を歪められた可能性が高いと見られます。

神田沙也加と松田聖子は「絶縁ではなく師弟関係だった」

松田聖子さんと神田沙也加さんは「絶縁」「不仲」よりも「師弟関係」のイメージが近いことが多々見られます。

NEWSポストセブンでは「松田聖子さんは優しくてちょっと厳しい普通のお母さん」であることが書かれています。

『優しくてちょっと厳しい普通のお母さん
まずは沙也加さんが8歳のころに行われたインタビューを振り返る。日本を代表するアイドル歌手である“聖子ちゃん”も、小学生の娘にとっては、優しくてちょっと厳しい普通のお母さんだったようだ。

〈(沙也加ちゃんのお弁当は)変わらないですねえ。相変わらず卵焼きとかウインナー、アンパンマンのハンバーグ。(中略)お弁当に関してはいろいろいいますからねえ。『またピーマン入れるの』とか。『だったら持っていくのやめなさい』って。私、厳しいんです。まあ、リクエストも聞きますけど、基本的に“あれ作って”じゃなくて、“作ったものを持っていきなさい”のほうですから〉(『JUNON』1994年12月)

〈(『母してる』と思う瞬間は)朝お弁当を作ってるときと、学校から帰ってきてもなかなか宿題や勉強をしなくて『まったくもう』って怒ってるときかなあ。でも、ときどき思うんです。これって、私が小さいころに母にいわれたのと同じだわって〉(同前)』

NEWSポストセブン「松田聖子、沙也加さんに願った「一番の親孝行」 愛娘への想いとは」より抜粋)

子供の時から教育ママとして松田聖子さんに育てられた神田沙也加さん。

松田聖子さんが「師匠」の様に、神田沙也加さんに教育をしている様子が見られます。

そして、松田聖子さんは神田沙也加さんに対して、「交際相手をしっかりと選んだ方が良い」と語る証言も見られます。

「当時の聖子は自分の奔放な私生活を棚に上げ、娘の交際を頑として許さず、沙也加さんは『ママは好き勝手やって、どうして私はダメなの!』と激しく反発しました。それに対し聖子は『タレントやミュージシャンはとにかくダメ。収入だって学生アルバイト並みだし、何より不安定だから』と、珍しく声を荒らげたそうです」(芸能関係者)

週刊文春『神田沙也加「遺書」 5歳下交際俳優と確執、聖子との7年絶縁』より抜粋)

 

神田沙也加さんがデビュー直後に付き合っていたミュージシャンとの交際に関してですが、松田聖子さんはただ理由もなく反対していた訳ではなく、「収入が安定した人物との交際」を娘の神田沙也加さんの為に話していたことが語られています。

実際に松田聖子さんは不倫や再婚も度々ありましたが、いずれも「好き勝手」ではなく、「歯科医」といった比較的収入の高い男性と結婚をしております。

そうなると、松田聖子さんは考えも無しに不倫や結婚をしてきた訳ではない様にも見られます。

ここで、松田聖子さんと神田沙也加さんの様な「師弟関係」の特徴として、「師匠は体験的で直感的な育成を行う」ことが一般社団法人総合幼児教育研究会の記事に書かれておりました。

『師匠の多くは、ある意味もっと体験的で直感的な育成を行います。わかりやすい例を挙げれば、落語家の師匠がそうです。弟子に稽古をつけることもありますが、芸事の基本はすべて「見て盗め」。カリキュラムもテストもありませんが、弟子は師匠の一挙手一投足を真似て学びます。』

一般社団法人総合幼児教育研究会より抜粋)

以上から、神田沙也加さんと松田聖子さんの関係は「師弟関係」であったことが見られ、松田聖子さんは「教育ママ」として、小さい頃から神田沙也加さんの為に愛情を持って接していたと見られます。

松田聖子と神田沙也加は「事実を歪められた」類似例が多々あり

ところで、神田沙也加さんと松田聖子さんに限らず、芸能界でも「不仲」説が歪められて伝わっているケースが非常に多い。

その代表例として、1つは渡辺謙さんと杏さんの関係。

渡辺謙さんと杏さんは「不仲」が以前から唱えられていますが、実際は父親ではなく母親と不仲であり、父親の渡辺謙さんは過去の不倫騒動から複雑な関係になっただけで不仲ではありません。

また、神田沙也加さんと松田聖子さんの様な「不仲」説が噂されていた芸能人として、2020年7月に亡くなった三浦春馬さんと母親の関係。

三浦春馬さんと母親も「絶縁状態」という噂があり、「不仲」が噂されていますが、違和感を持っているファンが多く、「絶縁」や「不仲」説に違和感を持たれています。

そして、「不仲」説が一番歪められて伝わった例として、水川あさみさんと戸田恵梨香さんの不仲説。

水川あさみさんと戸田恵梨香さんは週刊女性PRIMEが不仲の噂を暴露していたものの、インスタグラムでは直接「事実無根」を語っておりました。

よって、神田沙也加さんと松田聖子さんのケースも週刊誌によって、歪められた情報を伝播されてしまい伝わってしまったと見られます。

松田聖子さんは「神田沙也加さんと強い絆で結ばれてた」

神田沙也加さんと松田聖子さんは「絶縁」や「不仲」説が度々語られるものの、2017年に「笑っていいとも!」に出演していた神田沙也加さんは「大親友」として、実の母親である松田聖子さんを紹介しています。

その時も「ママ」と楽しく喋る神田沙也加さんの様子が見られますが、松田聖子さんと「絶縁」や「不仲」の状態であれば、間違っても「大親友」として紹介はしないでしょう。

加えて、2017年6月に松田聖子さんが不倫疑惑のマネージャーと個人事務所を設立して独立したことについて、「神田沙也加さんが愛想を尽かした」と噂されていますが、実際に神田沙也加さんも秋山大河さんと不倫疑惑が報じられており、母親と似た様な行動を取っています。

そうなると、神田沙也加さんが一概に「絶縁」というのは大袈裟な内容であり、単なる一時的な「痴話喧嘩」の様相が強いのでしょう。

実際に神田沙也加さんがデビュー直後に交際していたギタリストを巡って、松田聖子さんと衝突した後も、度々神田沙也加さんと共演しており、むしろ「仲の良い」親子に見られます。

涙ぐむ松田聖子さんの様子も同時に見られました。

そして、松田聖子さんは神田沙也加さんの訃報によって、2021年の紅白歌合戦を辞退しています。

2人の関係が「絶縁」や「不仲」ならば、ここまで松田聖子さんも悲しんで、紅白歌合戦も辞退することはまずあり得ません。

そうなると、2人の関係はまさに「師弟関係だった」と同時に、本当は一番愛情深い母と子だったに違いありません。

神田沙也加妊娠はガセ情報だった「出産よりも自分磨きを最優先」
2021年12月18日、神田沙也加さんが札幌のホテルから突然の転落死をして1週間。 神田沙也加さんが「妊娠していたのではないか」という説が多々飛び交いましたが、妊娠中だった可能性は限りなく低いことが判明しました。 ...
前山剛久彼女が山本彩はデマ「神田沙也加が引き立て役に使われた」
2021年12月17日に神田沙也加さんの突然の逝去を受け、神田沙也加さん交際相手の前山剛久さんが神田沙也加さんを自殺に追い込んだとされ、猛バッシングされています。 前山剛久さんと付き合っていた「アイドルA子」が山本彩という情報がありま...
神田沙也加さん札幌ホテル飛び降り自殺は予兆があった「裏で孤独を抱えてたか」
2021年12月18日、女優の神田沙也加さんが札幌のホテル高層階20階から転落し、14階で倒れているのが発見されましたが、本日急死が発表されました。 神田さやかさんは自殺の可能性が高いとされておりますが、神田沙也加さんのツイッターには...

コメント

タイトルとURLをコピーしました