京王線国領駅ジョーカー通り魔事件

服部恭太国籍は中国か!「ゲテモノ好きだった」京王線ジョーカー通り魔事件

京王線国領駅ジョーカー通り魔事件

2021年10月31日、京王線特急列車で70代男性を刃物で刺し、放火事件を起こして服部恭太容疑者が逮捕されました。

服部きょうたの国籍を調査した所、服部恭太の国籍は日本ではなく実は中国であった説が浮上しています。

更に中国の伝統的なゲテモノ料理「三聴を食べてた」ことが、中学時代の同級生によって語られておりました。

服部恭太国籍は中国だった!「深圳に帰りたい」爆サイで噂

服部恭太の国籍について調べていくと、爆サイで通り名を使っていたことが噂されておりました。

『通名使うの辞めろや』


『通名の○人か〜』

 

爆サイではよく「通り名」や「朝◯人」というコメントが横行している為、この情報だけでは服部恭太の国籍が「中国」までは特定出来ません。

しかし、服部恭太の友人らしき人物が、爆サイで「服部恭太は深センに帰りたがってた」ことを語り、服部恭太の国籍に迫る情報を暴露しておりました。


『恭太って中国人じゃないの??深センに帰りたいって中学の時言ってたよ。』

 

5ちゃんねるでも同様に服部恭太が「深圳市はいいな」と意味深なコメントをしていたことが書かれています。


『介護士の仕事で一緒になった時か、「日本よりも中国がいい」ってコメントしてたっけな』

 

服部恭太が語っていたとされる「深セン」を調べてみると、中国広東省の「深圳市」であることが判明しました。

爆サイでも5ちゃんねるでも服部恭太の国籍についての手がかりが触れられていることから、服部恭太の元の国籍は「中国」であり、国籍を後から日本に帰化した可能性が高いです。

服部きょうた国籍が判明!「名前ルーツが中国」

ここで服部恭太の国籍を調べていく中で、服部恭太の様な「服部」の通り名について調べていくと、元は「中国」がルーツであることが通り名専門サイトから明らかになっています。

『服部さんというお名前の方はたくさんいらっしゃいますが、「服部」を「はっとり」と読むことを知らなければ「はっとり」とは読めません。「服部」は本来は「はとりべ」で、「はとり」が「はっとり」となまったのです。』

 

『日本は太洋上の列島ですので、古代、中国大陸から朝○半島を経由して先進文化が伝えられました。高度な織物を制作する技術もまた、朝○半島から日本に移り住んだ帰化人によってもたらされのですが、その技術集団が「機織部」なのです。』

 

『「風土記」に記述されているように、奈良時代以前に多数の帰化人が日本に土着したという事実は、以来おのずと日本人と帰化人との婚姻によって日本人と帰化人との混血が多数誕生したと考えて間違いありません。であるなら、今日、中国、朝○からの帰化人の血を引く日本人は相当多数ありえるでしょう。』

 

服部恭太の国籍に繋がる情報として、「服部」のルーツが元々中国にあったことが判明しました。

服部恭太は日本で育ったものの、国籍は中国にあった為、本能的に自国である中国(深圳)に戻りたい

従って、服部恭太の国籍は中国である説が爆サイの情報からもより濃厚です。

服部恭太国籍が判明!「髪型が中国あるある」

服部恭太の国籍を調べていく過程で、服部恭太の髪型が今は金髪ではあるものの、高校から大人にかけて「スポーツ刈り」である様子が見られます。

(https://bunshun.jp/articles/-/49769?device=smartphone&page=3 より抜粋)

服部恭太の様に、国籍が中国人である人物の特徴として、「スポーツ刈り」や「角刈り」の髪型が多いという点にあります。

服部恭太の髪形と中国人男性の髪型の特徴を比較すると、服部恭太の髪型は中国人男性の特徴と酷似しています。

(https://bunshun.jp/articles/-/49769?device=smartphone&page=3 より抜粋)

伊丹で遺体で発見された中国人男性の蔡鎔憶さんも服部恭太と同じく「スポーツ刈り」でメガネをかけると酷似しています。

服部恭太

従って、ずっと同じ髪型だった様子からも服部恭太の国籍が中国である可能性はより一層高いことが明らかです。

服部恭太国籍は中国!「三聴食べてた」

服部恭太の国籍について調べていくと、爆サイで「三聴」を食べていたことが明らかにされていました。


『服部よ。お前は中学の時「ウチではネズミの赤ちゃんを食べる」と言ってただろ。今でも覚えてるからな、ヤバすぎて笑』

『服部は三聴という料理を好んでたって噂がある』

 

服部恭太の国籍を調べていく過程で、服部恭太は「ネズミの赤ちゃん」「三聴」という料理を食べていたことが明かされていました。

ここで服部恭太が好んでいたという「三聴」について調べた所、「三聴 ネズミ」や「三徳 中国」というワードが出てきました。

服部恭太が食べていた「三聴」を調べてみると、爆サイでも語られていた「ネズミの赤ちゃんの料理」であり、ゲテモノ料理であることが明らかになりました。

服部恭太の国籍である中国を調べると、中国料理は「人間や机以外なら何でも食べてしまう」ことがエキサイトニュースで書かれています。

『世界3大料理のひとつ、中華料理。「4本足なら机以外、2本足なら親以外なんでも食べる」とジョークになるほどの幅広い食材と調理法が魅力とも言えるだろう。』
(https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201511_post_8085/?white=on より抜粋)

つまり、服部恭太は国籍が中国故に、食べられる物であれば「三聴」の様なゲテモノ料理を好んで食べることが明らかであり、服部恭太の国籍が中国であるという何よりの証拠です。

服部恭太は「上京後もゲテモノ料理を食べてたか」

服部恭太の国籍について調べていく過程で、服部恭太は上京後にお金が無くなった時に「クモ」や「ゴキブリ」を食べていたことも5ちゃんねるで噂されています。

 
『上京してパチンコ生活で自堕落だったんだよなこいつ。ゴキブリとかクモも拾って食べたんじゃないか??』

『服部がバッタ拾って食ってた噂はガチ』

 

服部恭太は上京後、お金が無く消費者金融やパチンコ生活、更には千住でホームレスをしていたという噂まであります。

【関連記事】服部恭太Facebook顔画像「千住でホームレスしていた」

そして、服部恭太の国籍は中国。

服部恭太の国籍の中国であれば、「クモ」や「ゴキブリ」などのゲテモノ料理でも調理して、食べれる物は何でも食べて、食いつないでいくのは特段不思議なことではありません。

よって、この爆サイの「食べれる物は何でも食べる」という様子から、服部恭太の国籍が中国である何よりの証拠です。

服部恭太は国籍が中国であったからこそ、上京後1〜2ヵ月以上もの間食いつなぐことが出来たと見てとれます。

服部恭太は「国籍が元で陰口言われてた」

服部恭太は表向きは大人しくて目立たない性格であり、友達もいなくはなかったことが明かされています。

しかし、幼少期の服部恭太を知る人物によれば、「陰口を言われてた」という証言を新たに得ました。
(情報提供頂いた方、ありがとうございます。)

小さい頃は友達そこそこいて、大きなイジメもなかったんですが、「あいつ中国だろ」って噂されてて。冷凍餃子の時も真っ先に噂があったから可哀想でした。

 

冷凍餃子の事件といえば、2008年に起こった毒入り冷凍餃子事件。

殺虫剤に使われる「メタミドホス」という毒物が検出されたほどで大騒ぎになりました。

この頃、服部恭太は小学6年生であり、子供はこうした話題があると間に受けて、イジメたくなることが往々にしてあります。

実は私、中国のハーフであり、この冷凍餃子事件が起きた時は中学3年生。

イジメには発展しなかったものの、服部恭太の様に国籍やルーツが理由で陰口を言われたことがあります。

イジメでないものの、ルーツをバカにされたことは本当に悔しさがありました。

服部恭太も同じ様に自国の国籍をバカにされたことには相当悔しい思いをしていたことがよく理解出来ます。

服部恭太が普通な人生を送りながらも大犯罪を犯してしまったのは国籍や小バカにされた過去があったからなのでしょう。

そう考えると、服部恭太が国籍をバカにされていた恨みを晴らす為に自暴自棄になった可能性もあり得る内容です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました