事件、事故関連ニュース

河野智動機が特定!「岩田さんに金を返したくなかった」地元爆サイスレで大喧嘩

事件、事故関連ニュース

2021年10月13日、愛媛県新居浜市の住宅で岩田健一さんと両親の友義さんと愛子さんが犯人の河野智容疑者にナイフで刺され、死亡しました。

この河野さとると岩田健一さんは元同僚で、既に「爆サイで喧嘩していた」ことが話題でしたが、実は「岩田さんを騙したことに逆恨み」した真実が明らかになりました。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

河野さとる動機が特定!「岩田健一さんとお金絡みで大モメ」爆サイで口論

河野智の犯行動機は「岩田さんを騙したことによる逆恨み」である可能性が濃厚です。

それはこの爆サイでのモメ事

『はよ金返さんかい』
『河野 智やが ワシに言うとるの? 電話も取らんけど? ははははっきりしようや! 笑笑笑笑』

 

この様に、河野智は何やら岩田健一さんらしき人物が「お金を返せ」というコメントを残しておりました。

 

更には河野智について、こんなコメントも…

『こいつクレーム一切受け付けんけんの〜誠意のない商売するぞ!だから恨まれて信用がない!
挙句には「だまされた方が悪い」で片付けやがった!
金返さんかったけん暴露されよるんだろげや!

世間ではそれをペテン師というのだよ!淘汰されなさい!』

 

河野智が「お金を返金しないことに対する怒りのコメント」をしている様子が見られました。

これらのコメントから「お金絡み」が河野智の犯行動機である可能性が高いです。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

こうの智動機が特定!「会社に密告した岩田健一さんを逆恨み」爆サイで口論

しかし、これではまだ河野智と争っている人物が岩田健一さんかどうか不明の為、新居浜の爆サイを更に調査。

すると、河野智と岩田健一さんとの「言い争い」のやりとりが明かされておりました。

『どなにしても話しはつかんのー! 笑笑』
『えー?コジキの岩よー!』
『ど何したいんぞ〜! 言うてみい! 笑笑 電話もよー取らんクソカスよ〜! 笑笑』

 

岩田健一さんらしき人物が「ペテン師」と河野智に対して発言をしたことに、河野智が「岩」というワードで答えていました。

 

更には河野智と岩田健一さんとのコメントで河野智が「ク○岩よ」と激昂し、それに言い返す岩田健一さんの様子がありました。

『おい、クソ岩よ! オドレのお陰で前の会社もクビになっとんぞ! その妬み根性治らんのか! 治る訳ないわのー! 糞幼稚園コジキよ!』

『お前が人を騙して恨みを買うけんだろげや
仕返しされて人のせいにすな!元々の原因はおどれにあろげや!
お前が幼稚な脳みそなんじゃげや!クソはおとなしくしとれ!』

 

この様に河野智が「岩田健一さんに対して騙して何かを売っていた」様子が語られており、岩田健一さんを騙していた河野智を会社に密告してクビにされたという経緯が見られました。

この「岩田さんを騙したことを会社にバラされて河野智がクビとなった」出来事に河野智が逆恨みしたことが河野智の殺害動機だと判明しました。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

河野悟動機が特定!「変なクスリでもやってるんじゃね」意味不明な会話

河野智について調べていくと、何やら河野智が「電磁波」と意味不明なコメントを爆サイで残していることが明らかになりました。


『電波止めんかいー!!』
『お前らが飛ばす電磁波のお陰で中々行く気にならんわい。笑』『ごちゃごちゃ言わんと早よ殺しに来い! 鼻くそ軍団! 一ヶ月待ってもよう来んのは! ほんで電磁波か? 笑笑』

 

河野智の意味不明なコメントに対して爆サイの住民は河野智に対して「クスリでもやってるのか」と疑うコメントをしておりました。

『変なクスリでもやってるんですか?』
『お陰で頭おかしなったんじゃないか? 笑笑』
『もう変なクスリは 止めたら!』

 

爆サイの住民によって、河野智が「薬物をやっている」噂を指摘されておりました。

 

ところで河野智の様に薬物をやる人間に特徴として、薬物犯罪に関する記事には「幻覚」や「妄想」などがあることを記されておりました。

『覚せい剤の特徴は、乱用を続けると、幻視、幻聴などの症状が現れてくることです。例えば、だれかにねらわれているんじゃないかとか、警察に尾行されているんじゃないかという強烈な不安に襲われるのです。こういった症状は、覚せい剤精神病と呼ばれています。』

 

加えて豊橋市の薬物犯罪に関する記事にも河野智の様に薬をやっている人間は「被害妄想」の癖があることを指摘しておりました。

『薬物の精神・身体への影響
薬物には「脳(神経)」を刺激して興奮状態にしたり、反対に「脳」の働きを抑制することで感情を高ぶらせるなどの作用があります。しかし、「脳」は非常に弱い器官で、薬物の影響で破壊されてしまいます。身体機能を調節するだけでなく、「思考」や「感情」の中心となっている「脳」が破壊されてしまうと、「いらいらする」「無気力になる」「暴力的になる」などの性格の変化が起こり、自分や周りの人を傷つけてしまうことがあります。症状が進むと「幻覚・幻聴」や「被害妄想」といった精神症状が現れ、場合によっては「自殺・殺人・傷害・放火」等の事件・事故を起こすこともあります。』
(https://www.city.toyohashi.lg.jp/6641.htm より抜粋)

「薬物」によって「被害妄想」や「幻覚」が表れることが書かれておりました。

河野智も爆サイのコメントから見事にこの症状が見られています。

河野智の動機は「岩田健一さんに対する逆ギレ」ですが、その犯罪を促していたのは「薬物」によるものだったのでしょう。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

こうの悟類似事件は「いずれも薬物絡みで逆恨みの犯行動機」

ここで河野智と似た「逆恨み」が動機の事件はいずれも「薬物」によることが多い点にありました。

まず有名な事件として1981年に起こった「深川通り魔殺人事件」

江東区深川で起こった事件で、この犯人も「職に就けず生活に行き詰まった元寿司店員が自分を解雇・不採用とした寿司店経営者らを逆恨み」によって起こされた事件でした。

この犯人の川俣軍司も河野智と同じ様に、「覚醒剤」を使用しておりました。

 

また、河野智と似た事件で、1982年の大阪西成区で発生した「西成覚醒剤常習者通り魔事件」

この事件も覚醒剤を常習したことにより覚醒剤中毒に陥った男が「妻子や近隣住民たちがグルになって自分に嫌がらせをしている」との被害妄想を抱いて逆恨みして、妻子と近隣住民の計7人を殺傷した事件でした。

これらの事件の共通点からも「薬物」によるものであり、河野智の動機の「逆恨み」は薬物によって支配されていたものである可能性が高いです。

こうのさとる動機が特定!「薬で善悪が判断出来ない」両親殺害の理由

河野智の動機は岩田健一さん1人に対する逆恨みでしたが、関係のない友義さんと愛子さんまで殺害したのは健一さんを殺害した後に善悪を感じなくなり、殺害したことが動機でしょう。

実は覚醒剤について、更にこんな内容も

『正直なところマリファナで人殺しをすることはないが、覚醒剤使用者だと事件に発展しかねないし、実際にそういう事件も過去に起きている。
有名なところでは4人を殺害した深川通り魔殺人事件などは、日本犯罪史に残る凶悪事件として記録されている。犯人の川俣軍司は覚醒剤使用ののち、通行人を無差別に殺傷したのだ。逮捕時のブリーフ一枚の姿は、多くの人の記憶に残るものとなっている。
この事件でもわかるように覚醒剤は強烈な麻薬である。特に副作用がヤバいのだ。強迫観念、幻視、幻聴などが襲ってきて錯乱状態になる様子は狂気である。しかもこうした副作用から逃れるようと、さらに薬物を手に入れるため、次第に善悪の観念すらもなくなり、ときには殺人すら起こしかねない。それがシャブ中なのである。』

(https://www.google.co.jp/amp/s/toyokeizai.net/articles/amp/392149%3fpage=3 より抜粋)

河野智は「覚醒剤」によって、善悪の観念を無くし、ついには健一さん殺害によって「善悪」感じなくなってしまったことでしょう。

「覚醒剤」の副作用はとても強烈で、深川通り魔事件の様に動機関係なく、平気で人を殺害しかねません。

河野智は健一さん殺害の動機が明確にありましたが、健一さんの両親を殺害する動機は特になく、口封じと善悪の欠如の為だけに殺害したのでしょう。

まさに河野智は健一さん殺害動機があったとしても、鬼畜の所業だったと言えます。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

コメント

タイトルとURLをコピーしました