嫌われるのが怖いから恋愛をしたくないという人は見て下さい

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回はタイトルの通り

 

 

女性から嫌われたくないので、恋愛が億劫になるという人が中心のお話しです。

 

 

もし、そういう人がいれば、ぜひ目を通して頂ければと思います。

 

 

私は今までのブログの中で

 

 

「尖っているやつはモテる」

 

 

ということを説明してきたと思います。

 

 

「尖っている」というのは言わば、他の人とは違って、突出している特徴ですあり、かつ際立つ特徴です。

 

 

例えば、「チャラ男」「自己主張男」「ビジュアル系ファッション男」etcといった濃いキャラであることが多いですが、ハマれば女性に強い興味を与えるキャラでもあります。

 

 

その反面、性格が合わないと女性に嫌悪されてしまうのも事実であり、少なからず嫌われるリスクのある特徴でもあります。

 

 

しかし、今回紹介する方法は

 

 

「女性に嫌われずにかつ、リスクが低い」

 

 

方法です。

 

 

それは何かというと・・・

 

 

「女性の愚痴を聞いて、本音を出させる」

 

 

ということです。

 

 

特にこの「愚痴」というのが大切で、女性は「愚痴」を共有したいので、チャットアプリやツイッターに愚痴を書き込みまくります。

 

 

そうすると、話を聞く姿勢や共感を見せるだけで、「愚痴」る為に飲みに行けたりすることもできるのです。

 

 

「愚痴」を聞くことを主体にすれば、少ない自己主張であっても、女性はあなたに信頼を置いてくれやすくなります。

 

 

会社勤めの人はよく分かるかと思いますが、嫌いな上司がいると、すぐに共有したくなるでしょう??

 

 

そして、それを肴にして愚痴を聞いてくれる人にもっともっと話たくなるでしょう??

 

 

女性も同じ様に、「愚痴を共感」してくれることで、自然にあなたに話をしてくれる様になるので、あなたへの警戒心が緩むのです。

 

 

勿論、愚痴を聞くことはあくまで女性の警戒心を解く為なので、恋愛の話へ発展させる必要がありますが、「尖っている自分をアピールする」よりも断然、警戒心は解きやすいのです。

 

 

「じゃあ、もっと早く紹介してくれれば良かったのに!!」

 

 

と、私のメルマガを常日頃から見て頂いている人からお叱りを受けそうなので(笑)、今まで紹介を避けていた理由を説明します。

 

 

まず、この「愚痴を聞いて、本音を出させる」方法のデメリットとしては、

 

 

「愚痴を聞くだけに留まり、口説くことを怠る」

 

 

可能性があるということです。

 

 

「口説く」ということは、正直、私個人としてはかなり必要なスキルだと思っています。

 

 

何故なら、女性には基本的に「貞操観念」というものがあり、H自体にリスクがあるので、よっぽどでない限りは積極的にヤリたいとは思わない生き物だからです。

 

 

なので、口説くことを疎かにすると、持ち帰りの数が何れ頭打ちしてしまう可能性があるのです。

 

 

そしてもう一つのデメリットとしては

 

 

「時間がかかる可能性がある」

 

 

ということです。

 

 

「警戒心」を解くこと自体はできるのですが、「信頼」まで持っていくには時間がかかる為、即効性には欠けることが欠点です。

 

 

なので、この「愚痴を聞く」だけに頼ってしまうと、持ち帰りまでに時間がかかり、費用が重なったり、労力が大幅にかかったりしてしまうのです。

 

 

但し、「女性に嫌われる」ということは殆どない方法ですので、まずは女性に嫌われてしまったという人は、一息着いて、この方法を試してみることをお勧めします。


恋愛ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA