恋愛は男性が本気になってアタックすれば良いという訳ではない!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は「恋愛は男性が本気になっても、報われるという訳ではない」ということについて、説明していきたいと思います。

 

 

このタイトルの通り

 

 

「恋愛は本気になってアタックすれば報われる」

 

 

ということはありません。

 

 

むしろ、逆に女性は逃げます。

 

 

逆に

 

 

「本気になって恋愛に臨まない男性」

 

 

がモテまくるというのが事実です。

 

 

「じゃあ、恋愛活動自体やらなきゃモテる」

 

 

という訳ではないのです。

 

 

要は

 

 

「恋愛活動自体はしっかりやるが、付き合えなくても別にしゃーない」

 

 

というスタンスが重要になってくる訳です。

 

 

出会いは切らさないようにするが、付き合えるか付き合えないかは別にどちらでも良い。

 

 

こんな考えの人がいると、恋愛を一生懸命頑張っている人にとっては

 

 

「なめてんのか、こいつ!」

 

 

とお怒りになることかと思います。

 

 

その気持ちはよくわかります。

 

 

私も以前は「頑張っているのに報われない」というタイプでしたから。

 

 

ですが、結果として

 

 

「頑張るとモテない」

 

 

という事実があることは受け止めざるを得ないのが、現実です。

 

 

みなさんはこんなお話しを聞いたことはありませんか??

 

 

「欲しい欲しいと思う物ほど、欲しがっていない人の下に落ちる」

 

 

恋愛もまさしくその通りで、皮肉にも「欲しいと思わない」人の下に舞い降ります。

 

 

これは、前回も触れた「価値」についての話と似てますが

 

 

「価値に満たされた人間程、引っ張ってくれる人間に感じられる」

 

 

ということが、関係しています。

 

 

「それが何の関係があるの?」

 

 

と思う方もいるかと思いますので、説明しますと…

 

 

「本気である」

 

 

という姿勢は女性があなたのことを既に好きであれば別ですが、そうでない時は

 

 

「私以外に、好かれる女性がいないくらい価値がないのでは??」

 

 

という印象を与えかねないのです。

 

 

それは「価値がないと感じる=何も与えられない男」ということに繋がるからです。

 

 

これはもう、女性に与える印象としては

 

 

「最悪である」

 

 

と思って下さい。

 

 

「与えられない男=引っ張っていくことができない男」

 

 

にも繋がりますので、女性が求めている男性像にかすりもしないことを意味するからです。

 

 

なので、まずはモテる男同様

 

 

「本気で恋愛する」

 

 

という考えを捨てて下さい。

 

 

「出会いの場には定期的に出るが、別に俺を好きな奴がいれば、構わんこともない」

 

 

というくらいの余裕を持った方が丁度いいです。

 

 

勿論考え方の話なので、女性の前で言葉にしてはダメですよ笑

 

 

まとめますが・・・

 

 

恋愛は皮肉にも、「がむしゃらに頑張ってアタックすれば報われる」という物ではありません。

 

 

頑張る方向性を間違えてしまうと、いつまでも結果が出ないままになってしまいます。

 

 

なので、まずは

 

 

「頑張る方向性を変えて下さい」

 

 

1人を本気で頑張って口説き落とすよりも、多人数と出会える場へ参加し、多人数の内の1人を口説き落とすという考えが望ましいです。

 

 

私は「出会う数」が多ければ、余裕が生まれますので、そこに注力した方が良いと考えています。

 

 

なので、まずは恋愛で「本気」を出す方向性を間違えない様にしていきましょう!!


恋愛ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です