大阪府摂津市小児虐待事件

松原拓海虐待事件概要まとめ「生命保険目的かもな」事件の真実を爆サイ住民が明らかに

大阪府摂津市小児虐待事件

2021年8月31日に大阪府摂津市で松原拓海容疑者(23)が、交際相手の女性の子供、新村桜利斗ちゃん(3)を虐待して殺害しました。

これまでの事件の概要と松原拓海の住居や学生時代を含めた生い立ち、また桜利斗ちゃんの母親に関する情報に加えて、新たな情報として「桜利斗ちゃんが母親が生命保険をかけていたのではないか」という説が爆サイ住民を中心に浮上した為、新情報を含めて紹介していきます。

松原拓海虐待事件概要のまとめと経緯を説明

交際していた女性の3歳の息子に、熱湯をかけるなどして殺害した疑いで、23歳の男が逮捕されました。

大阪府羽曳野市の無職、松原拓海容疑者(23)は、8月31日、摂津市の集合住宅で交際していた女性(20代)の長男、新村桜利斗ちゃん(当時3歳)に熱湯をかけるなどして殺害した疑いが持たれています。

松原容疑者の通報で消防が駆けつけたところ、桜利斗ちゃんは上半身の皮膚がただれ、心肺停止の状態で、熱傷性ショックで死亡が確認されました。

松原容疑者は、今年5月から桜利斗ちゃんの母親と3人で暮らしていて、事件当時、母親は外出していたということです。

逮捕前の調べに松原容疑者は、「お尻を洗うために風呂場に行った」などと話していて、逮捕後の調べでも「熱湯を故意に浴びせていません」と容疑を否認しています。

(https://www.ktv.jp/news/common/php/amp.php?id=46a62705_8ffc_48a3_bd50_276d24826651&__twitter_impression=true より抜粋)

 

2021年9月22日に大阪府摂津市で、松原拓海容疑者(23)が交際相手の女性の子供、新村桜利斗ちゃん(3)に熱湯をかけて殺害しました。

 

これまでの内容をまとめると、以下の通りです。

 

・新村桜利斗ちゃんの母親は外出していて、松原拓海容疑者(23)と桜利斗ちゃん2人きりだった。

・新村桜利斗ちゃんは「たっくんいや。たっくんいや。」と数回に渡ってSOSを出していた。
(たっくん=松原拓海容疑者)

・桜利斗ちゃんの知り合いが帰ろうとした時、桜利斗ちゃんも一緒に靴履いて出ようとして『行きたい、行きたい』と叫んでいた。

・桜利斗ちゃんは頭や上半身が焼けただれており、5分以上もの間熱湯をかけられていた。

・摂津市は2020年1月に桜利斗ちゃんが通っている保育所から「(桜利斗ちゃんに)あざやたんこぶがある」ことを受け、母親と面談するが「思い当たる節がない」ということで、子供の行動に気を配る様指導。2021年4月に2回目の虐待疑惑の報告も「指導」のみ。

・同年5月は「交際相手が子供のほっぺを叩いた」と母親が3度目の相談。松原拓海容疑者と面談し指導するも「分かりました」と口頭での了承のみ。

・4回目は心配した知人が2021年6月に報告。「このままだと桜利斗が死んじゃう」と保育所に報告するも、児童相談所は桜利斗ちゃんを保護することはなかった。

・2021年8月31日、松原拓海容疑者が119番。「桜利斗ちゃんが息をしていない」搬送先で桜利斗ちゃんの死亡が確認。

・2021年9月22日、松原拓海容疑者を桜利斗ちゃんに熱湯をかけて虐待で死なせた容疑で逮捕。

・松原拓海容疑者は「シャワーの温度を徐々に上げていく遊びをしていた。」と供述し、虐待と殺害んl事実は否定。

・シャワーの温度は37〜75度まで設定可能で、シャワーの温度は60度まで上げた。

・桜利斗ちゃんの遺体に熱湯を避けようとした痕跡はなく、松原拓海容疑者が何らかの方法で桜利斗ちゃんを固定し、熱湯を浴びせた可能性があると調査。

松原たくみ自宅住所「南古市の府営」口コミでも怖い所

松原拓海容疑者の大阪府羽曳野市の自宅は既に情報が特定されています。

 

この情報は爆サイの情報「南古市の府営」という情報から明らかになりました。

 

そして「大阪府羽曳野市南古市 府営」で調べていくと、以下の団地が出てきました。

「羽曳野市南古市府営住宅」
住所は「大阪府羽曳野市古市2-11」です。

2018年に建て替え新築工事がされていて、現在はかなり綺麗な様子のマンションになっています.

下記は昔の府営住宅の様子です。

『最近、昔家族で住んでいた羽曳野市古市府営住宅での夢を見る。取り壊しされたらしい。』

 

いかにも怖そうな住居地。

実際にグーグルの口コミを見ても「怖いとこ」とコメントしている人もいるくらいでした。

おりとちゃん母親住所は「エリータ鳥飼」大阪府摂津市鳥飼本町

新村桜利斗ちゃんと母親の住居は「エリータ鳥飼」と既に情報があります。

・住所:大阪府摂津市鳥飼本町5-16-37

このマンションの自宅が新村桜利斗ちゃんが殺害された事件現場です。

松原拓実経歴(小学校中学校高校)と生い立ち概要まとめ

松原拓海容疑者の生い立ちについて、幼少期から小学校、中学校、高校、社会人全ての情報を紹介していきます。

まつばら拓海顔画像とプロフィール

松原拓海のプロフィールをまとめると

・名前:松岡拓海(まつばらたくみ)
・年齢:23歳
・職業:無職
・住所:大阪府羽曳野市南古市2丁目
・家族構成:実母、義父、義妹2人、義弟1人

松原たくみ幼少期経歴「家族から無関心だった」両親離婚の過去

松原拓海容疑者は1998年に兵庫県神戸市長田区出身であることが爆サイの地元民から情報が上がっておりました。

『1998年生まれ 兵庫県神戸市長田区出身』

 

「長田区」を調べていくと、爆サイでこんなコメントが。

『長田はアカン 知り合いの神戸市民はみんな口を揃えて言う 確かに民度は低い やくざ多い、在日だらけのところや』

『神戸の新開地と長田もヤクザが多いでしょう』

この様に「ヤクザ」が多く「アカン」というコメントからも、決して治安が良いイメージの場所ではないことがわかります。

そんな環境の場所で幼少期を過ごしたからでしょうか。

荒んだ幼少期を過ごした可能性があります。

 

そして、両親から充分に愛情を受け取っていなかったとされるコメントは以下の通りです。

『松原容疑者の両親は産経新聞の取材に「ここ数年は連絡をとっておらず、何をしているのかわからない。虐待については心当たりがない」と話した。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/25a74ed9a0a851694f1ae52fdd76ebd6734c6595 より抜粋)

「ここ数年連絡を取っていない」

ところで、この「ここ数年連絡を取っていない」というコメント。

つい最近発生した埼玉県熊谷市見晴町の「宮崎英美さん殺害事件」では両親ではなく姉がインタビューに答え、更には姉ですらも「5〜6年は連絡を取っていない」ことを語っていました。
【関連記事】宮崎英美殺害動機は諸説あり「姉や家族、警察陰謀説も」熊谷見晴町アパート事件

 

結果として、両親は宮崎英美さんが幼い頃に離婚して、更には児童養護施設で過ごしたことを文春が明らかにしておりました。
【関連記事】宮崎英美事件概要まとめ「熊谷市見晴町アパート殺害事件」

 

これらの情報からも、肉親が成年になったばかりの息子と「数年連絡を取っていない」為、「両親は松原拓海について無関心」だった可能性があります。

幼少期の頃から松原拓海は両親から充分な愛情を受け取れず、更には「長田」という荒んだ幼少期を過ごしてきたこともあって、闇を抱える子供に成長してしまったと見られます。

爆サイの地元民の情報によれば、2005年には両親が離婚し、大阪府羽曳野市へ転居となる為、ちょうど松原拓海容疑者が小学校入学前頃に転居となった可能性が高いです。

『2005年、両親が離婚、大阪府羽曳野市へ転居。』

まつばら拓実小学校経歴「面倒見がよく優しかった」同級生が証言

松原拓海容疑者の両親が離婚した後は「大阪府羽曳野市」に転居となりましたが、住所は「大阪府羽曳野市南古市 2 丁目」なので、この情報を元に近隣の小学校を調査しました。

 

この中で松原拓海容疑者の自宅周辺から一番近隣にあるのは「古市南小学校」です。

更にヤフーニュースにあったこのコメント

松原容疑者の家は小学校から歩いてすぐなので、放課後はお互いの家を行き来して、よくテレビゲームをしました。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61 より抜粋)

松原拓海容疑者の自宅周辺から古市南小学校までは徒歩10分以内なので、この「古市南小学校」に通っていた可能性があります。

小学校時代は決して友達も少なかった訳ではなく、友人がテレビゲームをしに松原拓海容疑者の家で遊んでいたことも明らかにされています。

その間も歳の離れた弟の面倒を見ており、小学校時代は優しかったと、友人が証言していました。

しかし、小学校の時に松原拓海容疑者の母親と再婚相手との間に妹を出産。

その時に家庭環境が亀裂が入り始めてしまいます。

まつばら拓海中学校経歴「不登校で疎遠」家庭環境が変化

松原拓海容疑者の中学校に関しては爆サイに「羽曳野市の誉田中OB」という情報がありました。

その為、「誉田中」で調べてみた所、「羽曳野市立誉田中学校」が発見されました。

中学時代の松原拓海容疑者の写真も既に公開されています。

松原拓海容疑者の中学時代は母親と再婚相手との間に妹を設けたことで激変してしまいます。

中学入学すぐに野球部へと入部するも、1ヶ月もしないうちに不登校となってしまいます。

中学の卒業式に来てたことすらわからない程、学校には来ておらず、同級生も松原拓海容疑者とは疎遠になったことが明かされました。

『松原は、中学入学後すぐに野球部に入ったんですが、それから一カ月もしないうちに突然不登校になったんです。松原とはそれから一気に疎遠になりました。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

家庭環境が激変したものの、中学校は2014年に無事卒業をしておりました。

松原たくみ高校経歴「日生学園出身」スパルタで脱走者も多い学校を中退

高校は「通信制の高校」に通っていたことが文春で明らかになりました。

『それでも、何とか中学校は卒業したようで、その後は通信制の高校に行ったと聞いています。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

 

爆サイの情報によれば、「三重県」の高校に通っており、この頃から親元を離れて、三重県で1人暮らしを始めていたことが明らかになりました。

『2014年に羽曳野市の誉田中を卒業後、
三重県の高校へ進学したが中退
(高校時代は三重県に1人で住んでいた)。』

『摂津熱湯マツバラは三重県に住んでいたことがある。』

『松原拓海、三重県の高校時代も不良だったらしい。15歳で親元を離れ三重県で単身』

 

中学時代に引き続き、高校でも不良として知られていた存在だったことも同じく明かされています。

そして、高校名については「ニッセイ学園」という情報が爆サイに挙がっておりました。

『ダウソタウソのハマーダ&今田耕司も行ってた全寮制ニッセイ学園?
松原、ニッセイ学園中退?あの学校入れられてる時点で相当ヤバいやつなんが丸出しやん
相当ゆがんだやつが性根を叩きなおす為に入れられる。あとは稀に成金のボンボンが入れられる。』

 

「三重県 ニッセイ」で調べた所、「日生学園」というワードが出てきました。

「相当ゆがんだやつが性根を叩きなおす為に入れられる。あとは稀に成金のボンボンが入れられる。」というコメントから、中学から不良だった松原拓海の性根を叩き直される為に入れられた高校の可能性があります。

「日生学園」はダウンタウンの浜田雅功さんや今田耕司さんも入っていた全寮制高校で、「脱走者」が出るくらいのスパルタ高校だったことで知られています。

『私の父親は祖父に日生にぶち込まれてましたがもちろん脱走したのは言うまでも無い(笑)マジでここの話だけはしなかったからよっぽどなんやろな。』

 

「脱走者」がいたこともツイッターで明かされておりました。

また、過去にダウンタウンの松本人志さんはこの日生学園について「刑務所みたいな学校」ということを明かしておりました。

 

この日生学園について調べた所、日生学園のまとめサイトから以下の情報を発見。

『・日生学園第二高校は日本一のスパルタ教育を謳い自殺者や事故死者を多数出し社会問題となった

・日生学園第二高校は浜田雅功や今田耕司など大物芸能人が出身者であることから有名になった

・日生学園第二高校は現在、青山高校と改称し21世紀型グローバル教育を謳った全寮制高校に変革した』

 

こうした「日本一のスパルタ教育」でかつ、「脱走者」が出現するほどの学校だからでしょうか。

松原拓海容疑者は「(日生学園を)中退した」ことが爆サイで書かれておりました。

松原拓海高校生経歴「将来の夢は保育士」子供好きな一面を証言

文春によれば子供好きな一面があり、高校生の頃は『自分は本当に子どもが好きなんだ』と話していました。

松原拓海容疑者を知っている保護者によると、この時『お母さん、僕が見ているので大丈夫ですよ』と駐車場前で遊ぶ子供たちを見守り、遊びにも加わることなく、車道にボールが出たら取りに行くなど、子供たちの為に献身的だった内容を話していました。

子供好きだった様子やコメントをしていて、「将来的に保育士になりたい」ということも語っていました。

「なのに何故あんなひどいことを…」

松原拓海容疑者を知る人物は驚きを隠せない様子を露わにしていました。

 

『高校生の頃は「自分は本当に子どもが好きなんだ」と話していて、私が出かける時も『お母さん、僕が見ているので大丈夫ですよ』と言って自宅前の駐車場で遊ぶ子供たちの見守りをしてくれました。だから、今回の事件を知った時には、にわかには信じられませんでした。

子供たちが空気で膨らませたふわふわのボールで、サッカーやドッジボールをする姿を松原容疑者が加わるでもなく眺めていたこともあります。ボールが道路に出ると、松原容疑者は「車が危ないから」と言って、子どもたちのために自分で取りに行ってました。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=1 より抜粋)

松原は昔、『子供が好きだから将来は保育士になりたい』と語っていたので、なんであんなひどいことを、と本当に驚きました。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

血の繋がっていない兄弟に対しても酷いことをしている様子は目撃されてなく、スーパーへと連れていき、「好きなお菓子買っていいぞ」と兄らしい様子が映し出されていたことも文春で明かされています。

『自分の兄弟に「好きなお菓子を買っていいぞ」と言ってスーパーに連れていく姿も見ました』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=1 より抜粋)

松原たくみ社会人経歴「黒塗りの車と長電話が怖い」近所の住民が証言

松原拓海容疑者は三重の高校を中退後、大阪府羽曳野市で土木関係の仕事に就いていました。

しかし、松原拓海容疑者を知る人物の情報によれば、2020年の夏頃に松原拓海容疑者は勤務中に足を怪我してしまい、一時期は作業着で出勤する姿が見られるものの、治ってからは不規則な時間帯に目撃されることが多くなり、この頃から「仕事を辞めたのではないか?」と心配をされていたことを明らかにしておりました。

『松原容疑者は、その後は地元で土木関係の仕事についていたという。しかし、昨年夏ごろに勤務中に足を怪我したことで、生活に変化が現れ始める。前出の近隣住民が語る。

「怪我のため、しばらく足にギプスをつけて、松葉づえをついていました。それまでは作業着で出勤する姿をよく見ましたが、治ってからは家を出る時間も昼過ぎだったり、夕方だったりと不規則な時間が多くなりました。仕事を辞めたのかな、と心配していました。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

2020年秋頃からは家の前の河原で、松原拓海容疑者が夜に電話している姿が目撃される様になります。

真冬の時も1日5時間くらいは上ずった声で電話をしていた様子が目撃され、この人物が「桜利斗ちゃんの母親だったのではないか」と予想されておりました。

とある子供が塾へ行く途中で川原で電話をしていた松原拓海容疑者を発見し、塾から帰って来る時も真っ暗な場所から話し声が聞こえていた為、子供の間では「怖い」と噂されていたことが明らかになります。

『昨年秋ごろからは、家の前の河原で夜になると毎日どこかに電話する姿をみかけるようになりました。真冬でも毎日欠かさず、1日5時間ぐらい。うわずったような声で話していて、今思えばあの電話の相手が桜利斗ちゃんのお母さんだったのではないかと思います。夕方、私の子供が塾に行くときに見送りに表に出たら、川原で電話する松原容疑者を見かけました。夜になって、子どもが塾から帰ってきた後も松原容疑者はまだ電話していました。電灯も何もない真っ暗な場所から話し声がずっと聞こえてくるので、子どもたちは『怖い』と怯えていました。』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

 

そして、同時にこの頃からやんちゃな服装をした友人が松原拓海容疑者を黒塗りの車でピックアップ。

更には黒塗りの車に乗っていた人に松原拓海容疑者が頭を下げていた目撃情報もありました。

ちょうどその頃から、やんちゃな服装をした同世代の友達が、黒塗りの車で松原容疑者の家に来て、彼をピックアップし、どこかに出かける姿を見かけることが多くなりました。黒塗りの車に乗っていた人は松原容疑者の先輩なのか、いつもペコペコしていたのを覚えています。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/a1e345b475f3a212cb30022f7e93d0aff7395b61?page=2 より抜粋)

 

この「やんちゃな服装」をした友人が爆サイでも話題になっていた「半グレ集団」の可能性があります。
【関連記事】松原拓海は「元半グレだった」前科持ちや覚醒剤使用歴も爆サイ民が暴露

松原拓海インスタ顔画像「かなり顔加工してた」ツイッターで噂

松原拓海容疑者のインスタグラムについて調査確認をしました。

残念ながら松原拓海容疑者と断定出来るインスタグラム画像はありませんでした。

 

しかし、ツイッターの情報によれば

『松原拓海容疑者のインスタもうないらしいけど
かなり顔加工してたんだね』

 

この様に「以前はあったものの今は無くなってしまった」ことが語られておりました。

 

ところで、松原拓海容疑者は新聞で既に公表されていますが、新村桜利斗ちゃんの母親とは「マッチングアプリ」を通じて出会っており、その時母親は「めっちゃいい男」と語っていました。

この時松原拓海容疑者は「会社経営者」とマッチングアプリで名乗っておりましたが、実際は逮捕時には「無職」と公表されています。

 

そして爆サイの情報では

・婦女暴行
・振り込め詐欺
・自動車窃盗
・覚醒剤所持
・窃盗

の5つ前科があり、中には「振り込め詐欺」の詐欺行為をした経歴を持っていました。

【関連記事】松原拓海は「元半グレだった」前科持ちや覚醒剤使用歴も爆サイ民が暴露

 

加えて、モテる特徴の男について、「経営者」が上がっていることが恋愛系サイトでも明らかにされています。

『社員から頼りにされ、事業を通じて社会に貢献していこうという熱意を持った社長は、やはりモテる職業の一つです。決められたレールを進むのではなく、自分でレールをつくっていくパワフルさもその魅力でしょう。それに、多くの人の力を借りて事業をしていきますから、人から愛されないと経営者にはなれませんよね。

「会社のトップってやっぱりかっこいいです」(28歳女性 バーテンダー)』

 

そして、マッチングアプリの攻略法についての情報を見ると

『メインに設定する写真は1番盛れた写真にすることをオススメします。』
『1番効力を発揮するのはやはり笑顔です。』

 

この様に書かれていました。

つまり、松原拓海容疑者は過去に詐欺行為を行った経歴をフル活用して、マッチングアプリにも「会社経営者」と書き込み、更には交際相手を騙していたほど1番盛れた笑顔溢れる顔写真だった可能性があります。

おりとちゃん母親名前は「めぐみ説」色白美脚ギャルと爆サイで評判

桜利斗ちゃんの母親の名前は「めぐみ」の可能性が浮上しました。

その爆サイでのコメントがこちら

「めぐみさんを返せ」

 

桜利斗ちゃんの母親は過去に離婚歴があることは明かされておりますが、この「めぐみ」という名前が桜利斗ちゃんの母親の名前である可能性があります。

新村めぐみについて、インスタグラム他、ツイッターやフェイスブックでも調査を行いました。

インスタグラムについては残念ながら該当する人物はおりません。

フェイスブックでも「新村めぐみ」は13アカウント該当しましたが、居住地や明らかに違うアカウントを覗くと顔がない2アカウントが該当。

しかし、いずれも該当の人物はいませんでした。

ツイッターでは2アカウント発見されますが、いずれも本人かは不明でした。

ですが、桜利斗ちゃんの母親について調べると、この情報

・『母親めちゃくちゃ可愛い女の子!美白ギャル』
・『いつも超ミニ生足の美脚ギャル』

 

「色白」「美脚」の情報から「ギャル系女子」の可能性が明らかにされています。
【関連記事】新村おりと母親はめぐみ「色白美脚ギャル」爆サイの地元民から評判

織叶ちゃん母親名前は「草井満子説」新たに爆サイで判明

桜利斗ちゃんの母親の名前について、新たな情報が爆サイで判明しました。

爆サイのコミュニティに「草井満子」という名前が発見されました。

この「草井満子」からインスタグラム、ツイッター、フェイスブックを確認。

まずはインスタグラムで下記の3アカウントが発見されます。

しかし、残念ながら該当の人物ではありませんでした。

続いて、「ハッシュタグ草井満子」から調べてみますが、インスタグラム内で「桜利斗ちゃん」らしき人物がいない為、発見されませんでした。

フェイスブックでも調べてみますが、該当アカウントが出てきません。

 

更にツイッターでも調べてみるものの、該当アカウントはありませんでした。

「新村満子」でも調べてみますが、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターでも発見されませんでした。

しかし、過去の類似事件で桜利斗ちゃんの母親と同じ特徴の女性を見てみると・・・

<目黒虐待死事件>

<大宮伊那虐待事件>

<川越赤ちゃん遺棄事件>

いずれも「ギャル系で可愛い」と話題になっていた人物です。

その為、桜利斗ちゃんの母親「ギャル系」の顔であった可能性が高いです。

桜利斗ちゃん母親職業は「水商売か」爆サイと5ちゃんねる住民が噂

おりとちゃんの母親の職業について「水商売ではないか」と5ちゃんねるや爆サイを中心に噂されておりました。

『母親はキャバ嬢か風俗嬢なのかな?』
『シンマ ホステスか?』

おりとちゃんの母親は生活保護を受けている情報が既にあります。

生活保護を受けている女性が水商売を出来るのか調べた所、

『生活保護を受けながら働くことは出来ますが、働いた分は必ず申告するようにしましょう。』

実は申告さえしていれば、生活保護を受給しながら水商売をしてもルール違反にはならないことが書いてありました。

 

そして、ツイッターや5ちゃんねるでのこの意見。

・『ここで書かれてるみたいに「DQNがモテる」とか「母親は彼氏に夢中」とかが本質的な原因ではないと思う
嫌儲でも普段からバツ付きの女は散々悪く言れてるように、世の中のほとんどの男もバツ付き、ましてや子持ちの女なんか受け入れてくれない(もちろん例外はいるが少数)
女もそれは痛いほど実感してるから子持ちバツイチの自分を好きになってくれる男が現れたらそいに必死にしがみつきたくなり、子供への虐待を認知しても、再度パートナーを失う恐怖が勝って見過ごしてしまう』

『この母親、松原拓海が好きだったわけじゃなくて「認めてくれた松原拓海を失うのが怖かった」だけなんだろうな。だから天秤にかけた時に、子供よりも「松原拓海を失う恐怖」が勝ってしまったのかも。本当におりとちゃんが可愛そう。』

この様に松原拓海に対して「嫌われたくない」という恐怖心が強かった可能性があります。

加えて、松原拓海は「無職」。

子供の養育費は幼稚園児でも年間で114万円はかかることが記されています。

「生活保護費 母子家庭」で調べると、母子家庭の生活保護費は13万8321円と記されておりました。

『シングルマザーには、母子加算が付きますし、15歳以下の子供がいるとき義務教育費として教育扶助が加算されます。 平均すると母親と子供1人という世帯の生活保護費は13万8321円です。』

 

月の養育費が10万円だとして、家賃が仮に3万円、火の車です。

更に松原拓海とのデート代を入れると、到底生活保護費では足りないことが分かります。

従って、足りない分の埋め合わせとして「水商売」で補填していた可能性が高いです。

おりとちゃん母親が「保険金目当ての疑惑浮上」爆サイに新情報

実はおりとちゃんの母親について、新たな情報が発見されました。

それはこの爆サイの情報

・『さすがに黒バスの方々は、迫力が違うわ。
その子供は施設に保護され、俺が養子で育てることになった。
今では立派な社会人さ、もう家族同然、ちょっと生意気なところあるが、人一倍やさしい子に育ったよ。
今は結婚して子供もいて、静かに暮らしている。
でも、自分の子供なのに母親は何をしていたんだ?
これはアキラからに虐待よりも殺して保険金もらおうとしたのかな?
こういう奴ら見ると腹立つわ』

・『母親がガキに多額の生命保険かけてたのかもな』

この様に「桜利斗ちゃんに生命保険をかけていたのではないか?」という疑惑がもたれています。

 

加えてこの爆サイでの情報

『母親も子供が邪魔だったからだよ』

『荷物が減り自由に遊びと恋愛が出来るし母親は内心喜んでるんだろな』

この様に「母親が桜利斗ちゃんを消したがってるのではないか」という噂がありました。

 

この類似の事件例として、1935年に起きた「日大生保険金殺人事件」があります。

この事件は父親と母親、妹が共謀して、長男を殺害して保険金を手に入れようと共謀した事件です。

 

この事件では「強盗」に見せかけた殺人事件で、一見不運にも見られた事件でしたが、実際は「母親が強盗を演じて、父親と妹も共謀して殺害しようとした事件」でした。

この様に「不運な事故に見せかけて殺害し、多額の保険金を得ようとした」事件は他にも、1998年に発生した「長崎保険金連続殺人事件」があります。

この事件は犯人の次男(当時16歳)を夜釣りに誘い出し、次男に睡眠薬を飲ませて海に突き落とし、ワザと溺れさせて生命保険を手に入れようとした事件です。

この事件も「保険金目的と見せかけないような事故による死亡」に仕向けた殺害事件でした。

そして、下記の「松原拓海はおりとちゃんの母親にハメられた可能性がある」という爆サイの情報を元にした内容。
【関連記事】松原拓海はハメられた!「拓は悪くない。黒幕は交際相手」仲間が爆サイで暴露

これらの可能性から、「保険金目的でおりとちゃんを殺害したのではないか」という説も爆サイで新たに唱えられておりました。

【追記】おりとちゃん母親は自分勝手「新しい子供欲しいな」文春が衝撃告白をキャッチ

おりとちゃんの母親について、新たな情報が文春により明らかにされました。

文春がおりとちゃんの母親に取材をしたところ、おりとちゃん母親から衝撃発言が。

桜利斗ちゃんが亡くなったばかりにも関わらず「子供が欲しい」と発言をしていたことが明らかにされました。

その内容は

『「正直ね、こんなん言うたらオリちゃんにもよくないとは思うんですけど。もしね、この人が(刑務所に)入っちゃったらほんまに私ひとりになるんですよ。いまは正直、子どもほしいと思っちゃう。お腹におるだけでも生きる気力になるかな、とか……

 そしてこう続けた。

「ひとりになった時に、一番って、子どもかなって思っちゃう。今もし、子どもができた場合、生きようって思えるし、絶対この子はほんまに守ろうって思えるようになるんかなとか」』

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

 

まとめると

・「松原拓海が刑務所に行くと私(おりとちゃん母親)ひとり」

・「今は子供がほしい」

・「ひとりになった時に一番って子供」

 

おりとちゃんを悲しむコメントはどこにもなく、「私が(寂しいから)子供が欲しい」と自分都合のコメントばかりをしていたことが明かされました。

 

そして更にはこんな発言も

『松原と付き合い出してから、A子さんの言動はさらにエスカレート。

「たっくんとリに、今から職場抜けて家戻るわ~」

「たっくんと2人でおりたいから、桜利斗邪魔やなぁ」

 普段からそんな耳を疑う発言が目立つようになったという。』

『別のママ友が証言する。

「コストコにみんなで買い物に行った時に、巨大なテディベアが1万円くらいで安売りされていたんです。A子が『ほしい~。あれに抱きついて寝たいです~』と言うので、『金あるんか』と聞いたら、『ほんなら1万円で桜利斗を買い取って下さい』と……。もう呆れ果てましたね」

 A子さんによる桜利斗ちゃんへの暴力を目の当たりにしたこともあったようだ。』

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

1万円でおりとを買い取って下さい」この発言が冗談であったとしても、ここまでのおりとちゃんに対する邪魔者発言を見る限り、母親として言ってはならないことを語っていました。

「母親と一緒のおりとちゃん」と「虐待後のおりとちゃんが公開されています。

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

いずれもおりとちゃんは同じ服であり、母親と出かけた直後に虐待された痕にも見えます。

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

そして母親は何かに掴まっているかの様な仕草にも見れます。

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

きっと隣に松原拓海容疑者がいたのでしょう。

松原拓海は常習的におりとちゃんに暴力を加えていたことも明かされています。

『家に遊びに行った時に、松原が桜利斗を怒鳴ったり、物を投げつけたりするのを見たことがあります。顔中ボコボコにアザができた桜利斗の写真をA子が送ってきたこともあった』

(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1721より抜粋)

(おりとちゃん母親との)大事なデートを邪魔しやがって!!!」

不機嫌になった松原拓海容疑者が帰るとおりとちゃんに暴行を加えた可能性が高いです。

【関連記事】松原拓海は半グレで前科持ち

そして母親は止めもしない為、この様な痛々しいアザに

母親にも愛されず、亡くなっても尚「子供が欲しい」と自分勝手な発言

更には松原拓海の常習的な暴力と母親の傍観

おりとちゃんが余りにもかわいそうで不憫でならない内容です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました