事件、事故関連ニュース

古賀大樹の弁護士事務所は「暴力団への上納金で火の車説」関係者やネットが暴露

事件、事故関連ニュース

2021年9月17日に未成年後見人として預かり保管金の現金を着服した罪で、大阪市の弁護士、古賀大樹容疑者が逮捕されました。

古賀大樹容疑者は「金は遊興費などに使った」と語っており、キャバクラなどで豪遊したことが明かされておりました。

古賀大樹容疑者の弁護士事務所はジリ貧状態であることが既に噂されておりますが、その原因が「暴力団関係者への上納金」で火の車状態だった説ががツイッター及び自称古賀大樹の知り合いの間で噂されております。

古賀大樹の弁護士事務所は「暴力団への口止め料で火の車説」

古賀大樹容疑者は弁護士大手の大江橋法律事務所出身であり、2018年から「古賀法律事務所」として独立しましたが、弁護士事務所は太客が見つからず、ジリ貧状態だったことが噂されています。

そのジリ貧状態だった大きな理由として「暴力団に脅されて上納金を支払っている」説がネットや関係者の間で浮上しています。

自称、古賀大樹容疑者の知り合いなる人物からのリークがありました。

・「以前にキャバクラの女性に手を出したことがあるが、その旦那が暴力団関係者で・・・」
・「不倫をバラされたくなかったら、口止め料として上納金を払えと・・・」

 

また、ツイッターなどのネット上でも古賀大樹容疑者の事件に対してのコメントで

・『後見人制度の不具合が発覚…弁護士が不正しないと思う事が間違い
>やくざ・暴力団の弁護している不良弁護士が多くいる』
・『裏に暴力団がいるのではないかな 飲み食いだけで費消するにも限界があるし』

 

古賀大樹容疑者と暴力団の関係が疑われるようなツイート内容がありました。

 

古賀大樹容疑者は過去に「MIRAIZ WORKS」で事務所を施工した際のインタビュー写真がネットで上がっており、「弁護士3人と事務局4人」まで対応可能な執務レイアウトを依頼し、地道な案件を重ねながらも大阪を拠点に拡大していく志を持っていました。

(https://www.miraiz-works.co.jp/voice/i15.html より抜粋)

しかし、その実態は暴力団への脅しと独立後太客が思う様に見つからない葛藤により、苦肉の策として「横領」事件を引き起こしてしまったことに違いないでしょう・・・

古賀たいきの弁護士事務所は「FXや株の損失を補填した説」

古賀大樹容疑者には「FXや株で会社が火の車状態だった説」もネットで浮上しています。

ツイッターなどのネット上では

・『株かFXだったら最悪』
・『FXで失敗して焦ったんだろうな。じゃなきゃ横領なんてすぐ足がつく行為を弁護士がするはずない。調子乗ってキャバクラ行ったのが運の尽き』

 

この様に、古賀大樹容疑者が「FXや株に手を出して失敗して、横領行為に走った説」が噂されています。

 

また、過去古賀大樹の交際相手なる人物からのリークもあり

「株で失敗したことを八つ当たりされて、喧嘩したことがある」

 

ことも明かされておりました。

 

古賀大樹容疑者は京都大学出身でかつ、司法試験に1発合格したエリートです。

そして、弁護士であれば、当然「横領行為」をすると足がつくことは誰よりもわかっているに違いないです。

にも関わらず、横領行為に手を出したのは、こうした「FXや株での失敗」で相当焦った結果の苦肉の策に違いありません。

しかし、意外にも横領行為がバレずにいってしまった為、キャバクラなどに使ってしまった流れの可能性が高いです。

折角、京都大学を卒業し、ストレートで司法試験に合格したエリートなのに、この浅はかな考えによって全てを台無しにしてしまいました。

こが大樹容疑者の被害を受けて「未成年後見人の高校生が不憫でならない」

今回、古賀大樹容疑者の被害を受けて不憫でならないのは未成年後見人の高校生です。

未成年の後見人である高校生には両親は既におらず、亡くなっていることがネットでも明かされています。

そんな高校生の830万円は両親が残してくれた唯一の財産。

この高校生にとっては今は亡き両親が残してくれた財産でもあり、貴重なお金です。

にも関わらず、古賀大樹容疑者はその高校生の気持ちに託けて、判断力がまだまだ乏しい高校生に狙いを定め、ヒルの様にお金をしゃぶり尽くしてしまいました。

 

更にはそのお金を自分の私欲の為だけに使い、高校生のなけなしの財産である830万円を一瞬の内に無にしてしまいました。

この高校生にとっては唯一の財産である830万円、高校生にとっては亡き両親の形見です・・・

 

そんな高校生の気持ちを踏みにじる古賀大樹容疑者にネットでも同情の声があがっています。

・『(古賀容疑者が)顔もお金大好きな感じで、騙された高校生が不憫でしょうがない』
・『鬼籍に入られたご両親が高校生の子供に残したお金を横領してキャバクラ通いなんて許せない。』

 

高校生の財産830万円以外にも、合計で8,700万円を横領していた古賀大樹容疑者にはこれから弁済地獄が待っていますが、高校生が奪われた遺産の830万円はそうそう簡単に帰ってはきません。

そう思うと、その高校生に対してはあまりにも可哀想でなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました