エンタメ・芸能関連ニュース

広報局幹部の勅使河原晃氏と高原正訓氏の裏側を文春が暴露「組織委員会ホテルのデリ○ル騒動まとめ」

エンタメ・芸能関連ニュース
TOKYO, JAPAN - JULY 23: Seiko Hashimoto, Tokyo 2020 President makes a speech as Thomas Bach, IOC President looks on during the Opening Ceremony of the Tokyo 2020 Olympic Games at Olympic Stadium on July 23, 2021 in Tokyo, Japan. (Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

2021年9月15日の週刊文春がオリンピック組織委員会が国の税金で借り入れたホテルで「デリ○ル」を呼んだり、組織委員会の幹部が銀座でカラオケをするなどの実態を暴露しました。

安心安全を唱え、緊急事態宣言の中、強行開催されたオリンピック。

そのオリンピックの運営、監督を行い、感染拡大防止もしなければならないはずのオリンピック組織委員会の重大な不祥事が文春の手によって、次々と暴かれました。

組織委員会借り入れホテルの場所は「ホテルマリナーズコート東京」

組織委員会は東京都中央区晴海にある「ホテルマリナーズコート東京」を7月1日〜9月10日まで貸し切って拠点にしておりました。

選手の記者会見などをこの「ホテルマリナーズコート東京」で行われておりました。

 

文春によれば

『オリパラの期間中、ここでは選手の記者会見が開かれていました。出入りできるのは組織委の広報局や警備局の一部スタッフのみ。彼らは約3カ月間、ホテルに泊まり込み、公式SNSで発信する会見や試合などの動画の編集をしていた。セキュリティゲートが設置され、部外者の立ち入りはできないように管理は厳重でした』(ホテル関係者)
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

かなり厳重にセキュリティを完備していた様子が窺えます。

 

出入り出来るのは組織委員会の広報局や警備局などの一部の人間のみで、セキュリティーゲートなども設けており、部外者は勿論、ホテルも通常営業の状態ではなく、宿泊も組織委員会だけという厳重な体制だったことが明かされています。

 

ホテル借り上げのお金については国民の税金で賄われており、その他運営に関わる費用の多くも税金が使われておりました。

組織委員会自体はルールにもシビアな印象があり、何事もなかったの様に見えましたが…

組織委員会が借り入れホテル「20人以上の密で飲み会」文春が暴露

実態をついに文春が明らかにしました。

文春の記事から、組織委員会の一部がパラリンピック終了後にプレーブックを無視する行動ばかりを取っていたことが明らかになっていました。

 

東京2020オリンピックやパラリンピックの大会関係者には国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)、東京五輪パラリンピック大会組織委員会が感染拡大防止の為に策定した規則集の「プレーブック」に則って行動が義務付けられておりました。

 

そこには「食事や競技中をのぞくマスク着用」や「出入国や検査の流れ」などが示されており、感染予防の為に「他者との接触を最小限に」する必要がありました。

 

ところが、文春のこの記事。

『パラ閉会式が終了した5日午後10時半過ぎ。ホテル3階にある一室には「ストロングゼロ」などの缶チューハイが並べられた。やがて10人以上の男女が外から続々と集結。彼らは本来、ホテルに入る権限がない組織委関係者だ。ホテル内にいた広報局スタッフも合流し、20人ほどで“打ち上げ”がスタート。ロビーに宅配ピザが届くと、マスクを外してつまみ始める。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

 

緊急事態宣言の要請を無視して、ホテルで20人以上もの人が集まる打ち上げがスタートしていたことが明かされておりました。

 

そして驚くことに、後から合流した半数以上の男女は「ホテルに入る権限がないはずの」人間であることが明らかになっています。

あれだけ厳重にセキュリティ対策をしていたのに、全く意味が無くなってしまったのです。

部外者の立ち入りをさせないようにしていたはずが、この打ち上げのせいで完全に無にされてしまったことが分かります。

最近では「波物語」のクラスター炎上でバッシングされました。

この「波物語」が炎上されたばかりだというのに、組織委員会の一部は本当に悪い意味で度胸があります。

組織委員会の関係者も

「高いセキュリティのお陰でホテル内は治外法権状態。中の人は緊急事態宣言を気にする様子もなかった」
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658?utm_source=denshiban-mail-breaking&utm_medium=email&utm_campaign=2021-09-15 より抜粋)

と落胆を隠せない様子だったことを明かしています。

こんな行動をしていたが故に、セキュリティが一瞬で無意味と化せば、頑張って準備していた五輪の関係者が怒るのは当然のことでしょう。

文春が広報局幹部の勅使河原晃氏と高原正訓氏の幹部2人の裏側を暴露

この20人以上の密の中での打ち上げが起こってしまった大きな理由について、文春の取材によれば

「この時期に大勢集まって飲酒できるのは、幹部が率先して参加していたからです。疑問を抱いても声を上げられない」(大会関係者)
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658?utm_source=denshiban-mail-breaking&utm_medium=email&utm_campaign=2021-09-15 より抜粋)

ことを明かしています。

 

「上司が参加していれば部下も参加せざるを得ない。」

この記事の内容はまさにこの一言に尽きる状態だったことが分かります。

 

そして、文春はこのオリンピック組織委員会の幹部について、この様に明かしています。

 

『見逃せないのは、そこに2人の広報局幹部の姿があったことだ。
・・・
幹部の一人は、電通から組織委へ出向している高原正訓氏。
・・・
もう一人は世田谷区から出向している勅使河原晃氏。広報局デジタルメディア課の係長で、五輪公式SNSを統括する責任者である。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

内容を見ると、広報局幹部の「勅使河原晃氏」と「高原正訓氏」であり、この2人が率先して参加していたことを明らかにしておりました。

この勅使河原晃氏と高原正訓氏の幹部2人がプレイブックを無視した行動を黙認していた疑惑があります。

文春が紹介する高原正訓氏と顔写真「敏腕ディレクター」

文春によれば、高原正訓氏について、この様に書かれておりました。

『広報局企画制作部のクリエイティブディレクターとして動画撮影から編集までこなし、公式サイトに載せるメダリストのインタビューなどを制作した。

40代後半で、電通時代にはオリパラの開閉会式の演出統括を辞任した佐々木宏氏の右腕として、ソフトバンクのCMなどを制作していました」(電通関係者)』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

高原正訓氏を独自に調べていくと、業界用語の翻訳もされており、更には東京オリンピック・パラリンピックの公式サイトに載せるメダリストのインタビュー記事を制作するなど、かなりの敏腕ディレクターであることが窺えます。

高原正訓氏のツイッター公式アカウントもありましたが、残念ながら削除と非公開表示にされておりました。

しかし、東海ラジオのホームページで顔写真が明らかになっています。(画像右)


(https://www.tokairadio.co.jp/program/upside/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/entry-45780.html より抜粋)

文春が紹介する勅使河原氏と顔写真「公式SNS責任者で広報局の顔」

勅使河原晃氏はについては以下の通りです。

『もう一人は世田谷区から出向している勅使河原晃氏。広報局デジタルメディア課の係長で、五輪公式SNSを統括する責任者である。

「勅使河原さんは30代後半。高原さんと一緒にメディアに出演し、公式SNSをPRするなど、広報局の“顔”と言える存在です」(広報局関係者)』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

勅使河原晃氏もまた、かなりの重要なポジションと見受けられます。

五輪公式のSNSと言えば、オリジナルマスコットキャラクター「ミライトワ」や「ソメイティ」が度々出てくるのが特徴でした。

(https://mobile.twitter.com/Tokyo2020jp?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor より抜粋)

それ以外にもメダル速報をいち早く入手出来た為、仕事で忙しい人で見ていた人も多いに違いないです。

 

広報局関係者の関係者によれば

『高原さんと一緒にメディアに出演し、公式SNSをPRするなど、広報局の“顔”と言える存在です。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658?utm_source=denshiban-mail-breaking&utm_medium=email&utm_campaign=2021-09-15 より抜粋)

高原正訓氏と勅使河原晃氏は「広報局の顔」とまで呼ばれているのであれば、この2人げ広報局の権限をになっていたことは間違い無いですね。

ちなみに勅使河原氏も東海ラジオに出演しており、既に顔写真も公開されています。(画像左)


(https://www.tokairadio.co.jp/program/upside/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/entry-45780.html より抜粋)

文春が暴露「広報局幹部の勅使河原晃氏と高原正訓氏が飲み会黙認」

そんな勅使河原晃氏と高原正訓氏という広報局の2台巨頭が飲み会を止めるどころか黙認していたことを文春が突き止めました。

それがこの文春の内容

『本来は飲み会を止める立場の2人だが、
「彼らの酒の買い出しのため、スタッフが奔走することも。組織委スタッフは五輪ロゴの入った制服が支給されていますが、近くのコンビニに酒を買いに行く際は私服に着替えるよう命じられていました」(同前)』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

感染を防止するどころか

・スタッフが勅使河原氏と高原氏の買い出しの為に使いっ走り
・コンビニに行く時は五輪ロゴの入った制服から私服に着替える様に指示

まさにこの文春の記事からバレない様にスタッフに指示していることが明らかに読み取れます。

しかし、驚くことにこの2人はそれだけに止まらなかったことを明かしておりました。

文春の情報では、

『 ホテルでの打ち上げは午前0時過ぎに終了。
だが、彼らの宴はまだ続く。
ホテルから千鳥足の勅使河原氏が姿を現し、3人の関係者とタクシーに乗り込む。
向かった先は銀座のカラオケ店「パセラ」。
2台のタクシーも後から到着し、総勢9人で店内へ。ビールの入ったピッチャーが部屋へと運び込まれていった。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

0時を過ぎても、勅使河原晃氏は銀座を徘徊しており、感染リスクが非常に高い「密室」のカラオケで飲み会を開いていたことが暴露されています。

 

どれも感染を助長させる様な行動で、言葉が出ません。

 

銀座徘徊と言えば、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長が8月9日に銀座を散策し、不要不急の外出をしていたことで大きなバッシングとなりました。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/0d45a60acdb7dc25ad650ec4d1043c98ab3df558 より抜粋)

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会でさえも知らない情報であり、幹部自らが

「銀座に行く用があったとは思えない。不要不急の外出でしょう」

と語ったばかりでした。

 

にもかかわらず、幹部自らが「不要不急」で銀座に行ってしまったから、間違いなくブーメランで指摘されるのは必至です。

 

何度も言いますが「緊急事態宣言下」です。

そして、仮にも「安心安全」を謳っているオリンピック組織委員会です。

その幹部が深夜を回っているにも関わらず、ビールの入ったピッチャーが部屋へと運び込んで密の飲み会を開く始末。

加えて、この記事

『大会関係者によれば

「勅使河原さんは部屋でずっと眠り込んでいたそうですが、突然起き上がって、『大会中5人とキスした!』などと叫んでいたそうです。完全な酔っ払いですね」

“自粛破り”の宴は午前4時過ぎにようやく終わった。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

完全に出来上がっている状態であることが明らかになっています。

この打ち上げは4時に終了し、正にやりたい放題の状態でした。

文春が暴露「広報局幹部の高原正訓氏が週刊誌を気にする言動」

特に文春が問題視していたのは、広報局幹部の高原正訓氏の行動でした。

それがこの記事

『カラオケも問題ですが、もっとまずいのは高原さんら数名が飲み会の翌朝、パラリンピアンの会見に平然と出席していたことです。

感染リスクをどう考えているのか」と憤るのは前出の大会関係者だ。

「高原さんはカラオケを断りましたが、勅使河原さんたちに『週刊誌の記者に気を付けろよ』と送り出すなど黙認していた」』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658)

高原正訓氏は5日に行われた飲み会の翌朝に「パラリンピックの会見」に何事もなかったかの様に出席しておりました。

ヤバイのは高原正訓氏の確信犯的な行動です。

この「週刊誌の記者に気を付けろよ」というコメント。

まさに勅使河原氏や他の関係者の銀座カラオケパーティーを黙認したことが明らかです。

前日に感染拡大をする様な行動をしながらも、パラリンピアンの会見に参加すること自体がもはや確信犯的な行動ですが、不要不急の外出をした後輩を咎めるどころか黙認する行為。

これには当然ながら大会関係者が憤っていたことが明らかにされています。

文春が暴露「組織委員会が借り入れホテルにデリ○ル集招や飲み会」

この「銀座カラオケパーティー」だけに止まらず、組織委員会の横行が明らかになっていきます。

『組織委がホテルを撤収する前日の9日、夜になると様々な来訪者が。

午後8時頃からウーバーイーツが続々と到着する。
これを受け取っていた男性が、今度は私服姿でホテルから出てくると、大通りのコンビニへ全力疾走。酒を割る炭酸水などで膨れたビニール袋を手に帰ってきた。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

もはや厳重なセキュリティが意味を為していません。

ホテルから出てきた男性が大通りのコンビニへと全力疾走していたことや、酒を割る炭酸水が入ったビニール袋を抱えており、またもや大人数での飲み会をする様子が明らかに「マスコミ」から逃げ隠れしている様子です。

そして、最もヤバいのはこの内容

『しかし、届けられたのは飲食物だけではなかった。

冒頭の場面に戻ろう。
午後11時半頃、ホテル脇に停まった軽自動車から、ホットパンツにヒール姿の女性が現れ、運転していた男性とホテル内に入っていった。

約45分後の0時過ぎ、外に出てきた女性は車に乗り込んで走り去った。

実は女性は派遣型風俗店、いわゆる“デリ○ル”の従業員だったのだ。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

この内容がまさかの噂されていたデリ○ル嬢でした。

一緒に運転をしていたこの男性と「ホテルマリナーズコート東京」へと入っていく様子が見られたので、びっくりです。

国民の血税が私欲の為に「デリ○ル嬢」に使われる瞬間です。

文春が暴露「組織委員会のメンバーが数名不倫していた疑惑あり」

文春はこの組織委員会の乱行について、様々な噂をキャッチしました。

『小誌は「ゴシップジャパンvol.2021」というスポーツ新聞を模した文書を入手。「人の心を乱す炎 衝撃スクープ 聖火リレーが性化リレーへ!?」という見出しが大きく躍り、「発覚した早朝ラン改め早朝の乱」と、聖火リレー担当者の男女を隠し撮りしたような写真を掲載。』

『記事内では既婚者である2人について「いけない関係」と書き、複数の組織委メンバーが不倫関係を匂わせる証言をしている。ご丁寧に大会スポンサーであるコカ・コーラ社の広告まで載せていた。』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 から抜粋)

組織委員会メンバーの数名がまさかの不倫関係を思わせる様な内容が書いていたことを突き止めます。

デリ○ルでも大炎上間違いなしですが、この内容も緊急事態宣言下にやっていいことではないですね。

ホテルがもはやガバガバ状態であれば、あんなことやこんなこと、色んなことをやっている可能性があります。

ホテルは市民の税金から負担した大事な血税。

私欲の為に使われることは許されることでは無いです。

文春が高原正訓氏と勅使河原晃氏を直撃「知らぬ存ぜぬの対応」

もっと酷い内容がありました。

それは文春が高原正訓氏へ電話取材をした際のコメント

『高原氏を電話で直撃した。

――5日に外部スタッフを招いて飲み会をしていた。
「わかんないです。僕、閉会式の事後撮影とかでわりかし深夜に戻ってきたので」

――カラオケに一部メンバーが行った際、「記者に気をつけろ」と言っていた。
「一応、何かそういう話は広報局全体に来てはいましたけど、実際行ったかどうかは知らないですね(笑)」

一方の勅使河原氏にも電話で話を聞いた。

――選手と接する機会のあるメンバーで飲み会をすることについてどう思うか。
「この手の取材っていうのは、広報局の広報の方を通してお答えしてるので」

――5日深夜にカラオケへ行った?
「私の方からは、ごめんなさい。特にお答えすることはないです」』
(https://bunshun.jp/denshiban/articles/b1658 より抜粋)

高原正訓氏も勅使河原晃氏もこのことには知らぬ存ぜぬで通しています。

大会関係者のコメントや文春がキャッチした写真からも証拠がかなりの物なので、言い逃れが効かなくなってくる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました