事件、事故関連ニュース

佐藤剛の中学時代は「実はいじめられっ子だった」佐藤剛健は反社や暴力団との関係

事件、事故関連ニュース

2020年9月に福島県会津若松市の猪苗代湖で、親子が大型ボートにひき逃げされ死亡した事件について、ついに2021年9月14日に佐藤剛容疑者が逮捕されました。

この事故では千葉県野田市出身の豊田瑛大くん(8)が死亡する他、瑛大くんの母親も両脚を切断する重体になるなどの惨劇となりました。

佐藤剛はこのボートでひき逃げした容疑について、一貫して「身に覚えがない」と容疑を否認しており、益々大炎上と化しています。

佐藤剛容疑者は「株式会社佐藤剛健」の社長を務めており、SNSでもその豪遊ぶりが暴かれています。

佐藤剛の中学時代は「実はいじめられっ子だった」

佐藤剛容疑者について調べていくと、佐藤剛の中学時代に関する情報が爆サイから出てきました。

・『確か昔、三崎公園の夜にヤンキー達に絡まれて、自転車乗った障害者みたいな奴のチ○コ咥えさせられた奴?』
・『こいつ中学のとき雑魚だったやつ?』
・『私、この人と学生時代、同級生だったかもしれません。放課後、部活が終わり忘れ物をして教室に行くと彼は確か野球部でユニフォームを着たまま教室の陰で陰部を出し縦笛を2本挟んで何かやってました。彼は私に気付くと私を呼び、財布から1万円を出し、誰にも言わないでほしいと言ってきました。私は怖くて誰にも言えませんでした。』
・『確かコイツ三崎公園でヤンキー達に公開セ○ズリさせられてた奴だよな?』

 

この内容を見るだけでも、佐藤剛容疑者は相当悲惨ないじめに遭っていたことが見受けられます。

かなり悲惨な人生を歩んできたと見てとれます。

 

佐藤剛のSNSは見栄と虚勢で埋め尽くされた写真や画像ばかりですが、この様に見栄や虚勢をSNSにアップし続けるのは「中学時代にいじめられた劣等感」の表れの可能性があります。

劣等感を抱く人間の特徴として、とあるブログにこんなことが書かれておりました。

「強い劣等感を持つ人は、何事も過剰に人と比べてしまいがちで比較癖がある」

 

佐藤剛容疑者のSNSが見栄と虚勢に埋め尽くされているのも「中学時代の壮絶ないじめ」によって、「他の人よりも俺はすごいんだぞ!」とアピールしたかった様に見られます。

悲惨だった中学時代の過去をよっぽど拭い去りたかった悲しい人間です。

佐藤剛の会社「佐藤剛健」は暴力団と反社会的組織の繋がりがある

佐藤剛の会社「株式会社佐藤剛健」は「暴力団や反社会的組織との繋がり」も噂されておりました。

それはこの爆サイでのコメント

・『でたな反社』
・『この男、暴力団交友も以前あったらしい被害者は、知っているのかな?』

 

暴力団や反社会的組織との繋がりも暴露されておりました。

 

ダイアモンド社は「建設業界の闇」として「残土ビジネスが暴力団の資金源になっている問題が生じている」ことを明かしておりました。

 さらに、残土ビジネスが暴力団の資金源ともなる問題も生じているという。
(https://diamond.jp/articles/-/231992 より抜粋)

 

また、ちょうど同じ日に建設作業員が出し子として、逮捕される事件が発生し、ツイッター民も「建設業やけど実際はヤクザ」とコメントしております。

 

その他にも

『表の顔は建設業でも、裏の顔は反社とつるんでいるみたいなのはどこでも多い。』『土木建設業て始めから土建業やってるマジメな業者より正直ヤクザ崩れの連中は多いですよ』

 

など、建設業はヤクザなどの反社会的組織との繋がりがあるイメージを持たれております。

佐藤剛逮捕を受けて「豊田瑛大くんはもう戻ってこない」

今回の犯人逮捕を受けて、豊田瑛大くんの母親はブログで泣きながらも犯人逮捕に喜びのあまり涙をあらわにしていました。

しかし、豊田瑛大くんはもう戻ってこない。

犯人が捕まっても豊田瑛大くんの命は戻ってこないことに深い悲しみに襲われた心境を語っておりました。

 

豊田瑛大くんは活発な子でスノーボードやサッカー大好きな少年。

(https://www.fnn.jp/articles/-/216369?display=full より抜粋)

両親が撮影した写真のどれもが豊田瑛大くんが笑っている姿ばかりです。

 

そんな幸せな家族に起こった惨劇は2020年9月6日、猪苗代湖でのトーイングスポーツの最中での一瞬の出来事でした。

(https://www.fnn.jp/articles/-/216369?display=full より抜粋)

生前の豊田瑛大くん。事故に遭って亡くなることも想像出来ないくらい、楽しそうな日を送っている様子です。

近く大型ボートは豊田瑛大くんへと向かい、驚いてもがく時間もなく、無残にも巻き込まれてしまいます。

(https://www.fnn.jp/articles/-/216369?display=full より抜粋)

 

母親は両脚を失う大怪我を負いながらも、全然動かない豊田瑛大くんを目の当たりにし、とても言葉では言い表せない絶望を感じたに違いありません。

豊田瑛大くんが着ていたライフジャケットも想像出来ないくらいの惨劇になっていたことです。

 

豊田瑛大くんの母親はなんとこれまでに7度の手術をされ、今でも痛々しい事件の痕が残っています。

(https://www.fnn.jp/articles/-/216369?display=full より抜粋)

 

しかし、それ以上に両親が元気な豊田瑛大くんにもう会えない。

 

豊田瑛大くんの両親は「瑛大くんが亡くなった事故を風化させない様に」に今でも向き合っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました