女性の喜ぶ場所に合わせ過ぎないことがモテるへ直結しやすい!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです!

 

 

今回はテーマを見て「?」と感じた人もいるかと思いますが…

 

 

「女性の喜ぶ場所に合わせ過ぎない方が良い」

 

 

この理由について、説明して行きたいと思います。

 

 

みなさんは恐らく

 

 

「え!?女性が行きたい場所に連れて行くのが、いいんじゃないの??」

 

 

と思っていることだと思います。

 

 

勿論、その通りです。

 

 

女性にも行きたい所はありますので、そこに着いていけば、まず嫌われることはないでしょう。

 

 

しかし、女性の行きたい所ばかりに行っても

 

 

「あなたの主張が見えない」

 

 

ので、女性は下心があるのではないかと考えてしまいます。

 

 

「主張が見えない」

 

 

ということは、

 

 

「あなたの考えていることがわからない」

 

 

に直結することなので、女性は怖がってしまうのです。

 

 

なので、女性の行きたい所ばかりに行くのではなく

 

 

「あなたの行きたい所で女性を楽しませる」

 

 

ことが非常に重要となります。

 

 

そうすることで、「あなたの意思」を女性も感じ取れるので、より安心させることができます。

 

 

ちなみに、モテる男は「自分の行きたい所」を素直に伝えて、女性を楽しませるということが非常に上手いのです。

 

 

例えばですが、「今日は女性がタイ料理を食べたい」と言い出したとしましょう。

 

 

大抵の男性は恋愛書籍に乗っている

 

 

「彼女の行きたい所に合わせる方が良い」

 

 

ということを鵜呑みにし過ぎてしまい、ついつい女性の行きたい「タイ料理」に落ち着いてしまうことがよくあります。

 

 

ですが、先程も説明した通り、モテる男ほど

 

 

「自分の行きたい所」

 

 

を主張して、女性を喜ばせます。

 

 

なので、「えー、サムギョプサルの気分だわ。俺は」

 

 

と言って、サムギョプサルを仲良く突いて楽しませます。

 

 

この様に、モテる男ほど「自己主張」を言えるので、より女性の警戒を解くことが出来るのです。

 

 

ですが、この話をしても尚、

 

 

「女性の行きたい所に合わせすぎてしまう人がいる」

 

 

のです。

 

 

「え!?だって、自分の主張言えばいいだけって分かったじゃん!」

 

 

と思ったあなた。

 

 

確かに「自分の主張」さえ言えば、女性の警戒心を解くことが出来ます。

 

 

これであなたも、その方法を実践すれば良いだけです。

 

 

ですが、そう上手くは行きません。

 

 

分かっていてもやれない人には実は理由があります。

 

 

その理由は何かと言うと

 

 

「自己主張することで、嫌われてしまう」

 

 

ことを恐れるからです。

 

 

この日本という国の良くない所ですが、「個性」という物を良くない目で見る傾向があります。

 

 

これは恋愛という話を抜きにしても、「個性」ということ自体がついつい批判的に見られがちなのです。

 

 

なので、どうしても「嫌われたくない」という一心で、

 

 

「他人に合わせる」

 

 

ということにフォーカスをしがちです。

 

 

当然、恋愛の場でも「相手が気に入らなかったらどうしよう・・・」と顔色ばかりを伺ってしまいがちになりやすいのが現状です。

 

 

しかし、この恋愛の場こそ

 

 

「自分のしたいことを言えなければ、モテにくい」

 

 

というのがあるのも事実です。

 

 

それは女性の大半が「引っ張ってくれる男性を求めている」ということにあるからです。

 

 

さて、ここで一旦まとめますが・・・

 

 

女性が喜ぶ所に全く合わせるなということではなく、

 

 

「合わせ過ぎてはならない」

 

 

のです。

 

 

なので、自分の主張も明確にする事が恋愛においては必要なのです。

 

 

自分の主張を恐れる人もいますが、そういう人は「嫌われる勇気」をまず持つことを心がけた方が良いです。

 

 

今後の中で、「嫌われる勇気」についても題材として載せていきますので、楽しみにしていて下さい!

 

 


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA