事件、事故関連ニュース

桑田聖也の顔画像をSNSで全調査「言い訳がましい大学生」川越市ひき逃げ事件

事件、事故関連ニュース

2021年9月9日の午後2時頃に、埼玉県川越市笠幡の路上で60歳で無職の男性、小林英明さんが頭から血を流しているのが発見されました。

通りかかった女性が119番をしたものの、その後死亡が確認されました。

逮捕されたのは大学生の桑田聖也容疑者(20)で、小林英明さんをはねた後、そのままひき逃げしましたが、家族の通報により逮捕。

桑田容疑者は「車で何かに乗り上げてしまったことは事実だが、人をひいた覚えはない」とひき逃げした事実を否認しております。

桑田聖也容疑者のフェイスブック顔画像

桑田聖也容疑者の顔画像について、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムの全SNSを調査しました。

まずはフェイスブックで確認してみましたが「桑田聖也」で調べると、同姓同名のアカウントが8件ヒットします。

「兵庫県出身」の桑田聖也を除外すると6人ですが、最初の1人は出身が海に面している為、桑田聖也容疑者本人とは違います。

残りの野球姿の3アカウントは桑田聖也容疑者が野球経験があれば、本人のアカウントの可能性はあります。

 

桑田聖也容疑者のツイッター顔画像

続いて、ツイッターですが、「桑田聖也」で調べた所、4アカウント出てきました。

以下の2アカウントは不明であり、1番下のアカウントは兵庫県在住の為、違います。

 

1番上のアカウントはフェイスブックでも見かけたアカウントなので、「野球経験」が明らかになれば可能性はあります。

「Seiya Kuwata」で調査したもののアカウントはありませんでした。

桑田聖也容疑者のインスタグラム顔画像

そして、インスタグラムアカウントですが、こちらは「桑田聖也」で調べると1人ヒットしますが、青森なので違います。

ところで、ひき逃げ事件は最近かなり多いですが、芸能人でもひき逃げ事件がありました。

その中でも印象的なのは、俳優の伊藤健太郎さんが2020年10月にひき逃げ事件を起こしたことです。
桑田聖也容疑者
(https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19144895/ より抜粋)
走行途中のバイクと衝突し、一旦現場を立ち去るも、戻ってきています。

しかし、その場を離れた為、自動車運転処罰法違反及び道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

2021年3月に不起訴処分になるもの「逃げるつもりなかった」と言い訳を主張したことで、更なるバッシングとなりました。

桑田聖也容疑者と類似のひき逃げ事件

桑田聖也容疑者と似た実例で「人を轢いたと思わなかった」とシラを切るひき逃げ犯は非常に多いです。

例えば、2019年4月19日に起こった「池袋暴走事故」の犯人、飯塚幸三被告。

ひき逃げ後の顔について、ツイッターでは

・「緊張感・責任感の無い顔一目瞭然」
・「この飯塚幸三メチャ禍々しい顔してない?この日は被害者に手を合わせたくなくて両手に杖持って登場したらしいね」
・「何やこいつ杖で指しやがって、自分が轢き殺した自覚あるんか」

と、まるで反省をしていない様な顔と態度であり、決して自分の犯した罪を認めない様子でした。

ツイッター民のコメントや写真の様子からも、「手を合わせることなく杖で指し示した」ことが反省していない表れであると言われておりました。

 

この桑田聖也容疑者も「車で何かに乗り上げてしまったことは事実だが、人をひいた覚えはない」と容疑を否認しており、飯塚幸三被告同様に罪を認めていない様子が見られます。

 

また、桑田聖也容疑者と似た事件は他にも2020年9月5日にお名古屋市中区栄で起こったひき逃げ事件。

犯人の金田絢也容疑者は車道に横たわっていた男性(42)をひき逃げし、肋骨を折るなどの重症を合わせたことで逮捕されました。

金田絢也容疑者は調べに対して、「何かに乗り上げたことは間違いないが、人とはわからなかった」と岡田聖也容疑者同様の言い訳の様な答え方で容疑を否認しておりました。

これにツイッター民の反応は

『「何かに乗り上げたことは間違いないが、人とは分からなかった」と容疑を一部否認
相当な衝撃があって確かめない?
飲酒か故意でしょ
常識無い役員様だこと』

と語っており、疑問を感じておりました。

 

従って、いずれの犯人も「自身に過失はない」ような様子が顔から見られます。

 

桑田聖也の人物像についても同様に

『「何かに乗り上げてしまったことは事実ですが、人をひいた覚えはありません」
だってさ。
言い訳してる時点で、人間性が分かるね。』

という意見をツイッター民がしており、「自身に過失がないと言わんばかりの様子」で振る舞っている可能性があります。

桑田聖也容疑者のひき逃げ事件現場「供述が言い訳がましい」

桑田聖也容疑者の事故を起こした現場は「埼玉県川越市笠幡3-1-9」でした。

人通りが少なく街灯も見当たりませんが、事件発生は午後2時頃。

何を轢いたかは見ることが出来ます。

ツイッター民は桑田聖也容疑者の「人とはわからなかった」というコメントに対して

・「夜ならまだしも午後2時なら明るくて前方はよく見えるはず、携帯とか触ってて前方不注意だったんだろう」
・「車運転してると人を轢いても感覚とかで分かんないもんなのかね」

という意見が見られました。

5ちゃんねるでも

「午前2時ならともかく午後2時でわからねえわけねえだろ路上で寝てた可能性もあるが」

と語っておりました。

ネット民も桑田容疑者の供述に虚偽疑惑を持っています。

確かに、昼間に「人かわからなかった」の証言は言い訳するにも無理がある見苦しい回答です。

橋下徹弁護士がめざまし8で「事故を起こしたかもしれないと思ったら車を停車して確認しなければならない」と語っていた通り、物損でも人身でも事故を起こした時点で止まらないといけません。

大学生は社会人と比較するとどうしても責任感が薄い為、考え方が甘くなりがちです。

しかし、人の命を奪っているとなると、「言い訳」だけでは済まされません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました