事件、事故関連ニュース

飯塚幸三(上級国民)の自宅に落書きで住所が特定!判決が禁錮5年で軽すぎる!

事件、事故関連ニュース

2019年4月19日に、東京都豊島区で発生した池袋車暴走事故によって、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31歳)と長女の莉子ちゃん(当時3歳)の親子がそれぞれ死亡し、その他9名が重軽傷を負う大事故となりました。

 

車を運転していた犯人の飯塚幸三被告の判決が本日言い渡されましたが、なんと判決は「禁錮5年」という超絶に軽い判決が下ってしまいました。

 

検察側は禁錮7年を求刑しておりましたが、それよりも少ないということで大炎上しています。

 

2人の親子の命を奪い、9人もの重軽傷者を追わせたはずの犯人がなぜこの様な軽すぎる判決になったのか、全くもって不思議でなりません。




池袋車暴走事故の概要と判決について

この事故は池袋周辺の道路で運転をしていた飯塚幸三被告がアクセルとブレーキを踏み間違えて、アクセルを踏み続けたまま交差点に侵入してしまいます。

 

これによって、自転車で青信号の横断歩道を渡っていた松永さん母娘をはねた上に、更に他の通行人ら9人に重軽傷を負わせました。

 

これに対し、飯塚幸三は自分の犯した罪を反省しているのかと思いきや「ブレーキとアクセルは踏み間違えていない、車の不具合が原因」と車のせいにし、自分に罪はないと無罪を主張します。

 

東京地裁はこの通り、「ブレーキとアクセルの踏み間違いはあった」と状況証拠を見ても明らかであることを断定しており、完全に飯塚幸三被告の語る事実と異なっておりました。

 

ここまで明らかに悪質な罪であるにも関わらず、検察側の「禁錮7年」よりも更に下の「5年」というのは判決を下した裁判官も理解不能です。




飯塚幸三がなぜ捕まらないか謎すぎる・・・「上級国民」と揶揄される

 

この「軽すぎる」判決も批判の対象ですが、それ以上に世間的にも不思議に思わせたのは『自動運転処罰法違反容疑で「任意で」事情を聞く』という警察の不可解な対応です。

 

実はこの数日後の21日に神戸市のバスが横断歩道を渡る歩行者を次々とはねて、2人が死亡し、6人が重軽傷を負いましたが、この時は運転していた犯人を現行犯で逮捕しています。

 

この事件と内容は変わらないはずなのに、「なぜ飯塚幸三は逮捕されないのか??」という疑問や批判が相次ぎました。

 

飯塚幸三被告は東京大学卒、元通商産業省工業技術院院長、更には農産機メーカー「クボタ」の技術開発本部で取締役を務めるなど、いわゆる「エリート」と呼ばれる人物です。

 

それゆえに『似たような事をしたくせに、「上級国民」なら逮捕されない』などの揶揄するコメントが目立ちました。

 

この差について「加害者が入院を要するか否か」を逮捕判断の基軸においている様ですが、それならなぜ退院後も逮捕しないのか理解不能ですね。

 

やはり残念なことに、権力には逆らえないという表れかもしれませんが、酷すぎる・・・




飯塚幸三の自宅が特定!落書き被害もあり!

 

この怒りが溜まったからか、過去に飯塚幸三被告の自宅に落書きされていたことがネット上で明らかになっています。

 

残念ながら画像は残っていませんが、国民の怒りの表れであることだけはよく分かります。

 

そもそも自宅住所は既に特定されており、これは過去飯塚幸三が出版した書籍に住所と電話番号が記載されていた為です。

 

ちなみに自宅の外観と住所は下記の通りです。

 

住所は東京都板橋区弥生町61-6にある「ライフピア中板橋」というマンションです。

 

この503号室が飯塚幸三被告の自宅です。




飯塚幸三側の対応が高圧的、上級国民過ぎて炎上!反省の色が全く見当たらず!

 

この家には連日報道陣や取材の訪問が相次ぎましたが、これに対する飯塚幸三側の対応に更なる批判が集まりました。

 

それがこちら。

 

なんとも高圧的な内容です。

 

この張り紙のせいで、「全く反省の態度を見せていない」と火に油を注ぐ形になってしまいましたので、益々批判の声が上がりました。

 

また、なぜか飯塚幸三被告の自宅には警官によって警護されておりました。

 

基本的に警察が加害者側の警護をすることはないのですが、それでもこの通り、警察に警護されている様子も、「上級国民」と批判されています。

 

今回のこの判決によって、飯塚幸三被告は収監されることに決まりましたが、一貫して反省の色を見せない「上級国民」ぶりや軽すぎる判決に「日本の社会も世の末」だと感じさせられる印象を受けましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました