世界一受けたい授業

細田守がクジラを出す意味やなぜかの理由は!?

世界一受けたい授業

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は8月14日放送予定の「世界一受けたい授業」に、大ヒット公開中の映画「竜とそばかすの姫」の監督である細田守さんが出演予定ですので・・・

 

 

細田守さんの制作する映画に決まって「クジラ」が登場する理由は何なのか??、それぞれの映画で登場した「クジラ」を紹介した後に説明していきたいと思います。

 




 

2006年「時をかける少女」のクジラ登場シーン

 

 

さて、細田守さんが監督で手掛けた作品に決まって必ず「クジラ」が登場していたことをご存知でしょうか??

 

 

まずは2006年に放映した「時をかける少女」の予告動画からご覧下さい。





 

 

ご覧の通り、主人公の紺野真琴と一緒にクジラの影が見えますよね??

 

 

これは理科準備室の床に落ちていたタイムリープの実を真琴が発見し、足を滑らせてしまったことでタイムリープの実を割ってしまいます。

 

 

その直後に過去のフラッシュバックが起きると同時にクジラの影が映し出されているのです。

 




 

2009年「サマーウォーズ」のクジラ登場シーン

 

 

続いて、2009年に放送したサマーウォーズのクジラ登場シーンです。

 

 

主人公の篠原夏希がラブマシーンに大勢の奪われたアカウントを取り戻す為に、花札勝負を挑んだ際に登場しました。

 

 

それぞれ「ジョン」と「ヨーコ」というクジラの姿をした守神として登場します。

 

 

ラブマシーンとの対決で夏希が花札勝負に負けてしまい、多くのアカウントがラブマシーンに奪われてしまった際に、花札対決を応援していた世界中の1億5,000万以上のアバターアカウントが夏希に委託されます。

 

 

この1億以上のアカウントを委託されたことにより、レアアイテム「幸運」が守神のクジラ「ジョン」と「ヨーコ」に授けられたのでした。

 




 

2012年「おおかみこどもの雨と雪」のクジラ登場シーン

 

 

続いて、2012年放映の「おおかみこどもの雨と雪」です。

 

 

実は「おおかみこどもの雨と雪」だけは直接的にくじらが登場しない稀な作品なのです。

 

 

では、全くくじらと関係が無いのか??というとそうではありません。

 

 

実は最後のラストシーンで、おおかみこどもの「あめ」の机の上に「ともだちは緑のにおい」の他に「ともだちは海のにおい」という本があります。

 

 

こちらのツイートの左側が「ともだちは海のにおい」の本の表紙です。

 

 

「くじら」が出てきますよね??

 

 

つまり、直接的には出ていなくとも、間接的に「くじら」が出ていたのです。

 




 

2015年「バケモノの子」のクジラ登場シーン

 

 

続いて、2015年放映の「バケモノの子」のクジラ登場シーンです。

 

 

このシーンは主人公の九太と一郎彦が闘う時に「クジラのバケモノ」に変身するシーンです。

 

 

一郎彦も九太と同じく人間ですが、「バケモノ」として育てられた為、一郎彦は自分が「バケモノ」だと思い込みます。

 

 

成長する過程で一郎彦は人間であることを自覚する様になりましたが、九太がバケモノの世界にいながら「人間として」認められる姿に憎悪の念を抱きます。

 

 

この憎悪が一郎彦を「クジラのバケモノ」へ姿を変えました。

 




 

2018年「未来のミライ」のクジラ登場シーン

 

 

そして、2018年に放送された「未来のミライ」でのクジラ登場シーンです。

 

 

実はこの映画でもクジラシーンはちょこっと登場する程度です。

 

 

主人公のミライちゃんの鼻にクジラの形のお菓子が乗っています。

 

 

これはくんちゃんが寝ているミライちゃんの鼻にクジラ型のお菓子を乗せて悪戯をするのです。

 

 

これによって、クジラ型のお菓子がミライちゃんの鼻にくっ付いた状態になりました。

 




 

2021年「竜とそばかすの姫」のクジラ登場シーン

 

 

そして最後に映画最新作「竜とそばかすの姫」にも「クジラ」が登場します。

 

 

実はスクリーン一杯に派手に巨大サイズのクジラが出てくるのですね。

 

 

これはぜひ、劇場でご覧下さいね!笑

 




 

【本題】なぜ細田守さんの作品に「クジラ」が決まって登場するのか??

 

 

なぜ細田守さんの作品には決まってクジラが登場するのか??

 

 

その意味や理由が気になる人は多いかと思います。

 

 

残念ながら細田守さん自身が「なぜ要所要所でクジラを出すのか」を明確な答えとして発表している訳ではありません。

 

 

ですが、クジラは日本に限らず、世界においても「神聖視」される生き物として扱われるのはご存知でしょうか??

 

 

「幸運」や「大きな希望」の象徴としても扱われておりますね。

 

 

サマーウォーズが一番分かりやすいかもしれませんが、「守り神」としてクジラが登場し、夏希にアカウントが1億以上委託された時にラッキーアイテムとして「幸運」を授けました。

 

 

つまり、「幸運」や「大きな希望」を与えて、主人公に勇気を与える原動力になっていることを言い表したいのかもしれませんね。

 




 

まとめ

 

 

以上が細田守さんの作品で「クジラ」が登場するシーンと意味や理由についての考察になります。

 

 

正式に「なぜクジラを出すのか」までは発表されていないものの、視聴者に色んな想像を任せている面があるのかもしれませんね。

 

 

ただ、やはりクジラを象徴しているのは「平和」や「希望」のワードなので、これらがいずれの作品にもあることは間違いないのかもしれません。

 

 

そう考えると、細田守さんの作品は奥深いと感じさせられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました