金曜ロードショー

もののけ姫のサンとアシタカはやってる!?その後どうなった!?

金曜ロードショー

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は8月13日放送予定の金曜ロードショー「もののけ姫」が放映される予定ですので・・・

 

 

もののけ姫のサンとアシタカのその後に関する情報や、調べてみると関連ワードとして出てくる「やってる」というワードについての謎を解説していきたいと思います。

 




 

サンとアシタカを調べると「やってる」という関連ワードが…!?

 

 

まずは気になる「サン」と「アシタカ」に関して、関連ワードで「やってる」という言葉が出てきます。

 

 

この噂が出回ったシーンはとある「洞窟シーン」での出来事です。

 

 

サンは「もののけ姫」として、自然を荒らした原因を作った人間を恨んでおり、タタラ場やエボシ御前に襲撃を幾度となく繰り返します。

 

 

そんな時にタタラ場へ乗り込み、襲撃を図りますが、エボシ御前の機転によって、サンは気絶してしまいます。

 

 

しかし、気絶したサンをアシタカは救い、背負って村を出ようとした時に村の女性が放った銃に撃ち抜かれてしまいます。

 

 

サンと共に山道へ向かう途中、ついに気絶してしまい、ヤックルから落ちてしまうのです。

 

 

アシタカは致命傷スレスレの状態であり、かなり苦しんだ様子でしたが、サンが洞窟へ運び、介抱をしてくれたお陰で意識を取り戻しました。

 

 

実はアシタカが起きると「サンが横で獣みたいに丸まって寝ていた」のですね。

 

 

更に、白い毛皮からサンの膝下が露わになったのです。

 

 

これが「やってる」の噂の発端なんですね。

 




 

サン、アシタカ「やってる」問題について岡田斗司夫さんの動画が話題に!?

 

 

このサンとアシタカの「やってる」という謎について、評論家の岡田斗司夫さんのとある動画が話題となります。





 

 

この2018年10月21日の岡田斗司夫さんの動画で、「もののけ姫」を見る前に押さえておくポイントとして

 

 

「サンとアシタカが大人の関係である」

 

 

ことを説明しております。

 

 

どうやら「宮崎駿監督は恥ずかしがりやだから、誰にでも分かる様には描かない」と持論を述べていました。

 




 

スタジオジブリ社長の鈴木敏夫さんが宮崎駿さんに確認していた!?

 

 

「ただの岡田斗司夫氏の持論か??」と思いきや、実はスタジオジブリの映画プロデューサーで代表取締役の鈴木敏夫さんは宮崎駿さんに対して

 

 

「2人はやってますよね??」

 

 

と質問をしたそうなんです。

 

 

これに対して宮崎駿さんは「描かなくても分かりきっている」と肯定の様な返事をしたのですね。

 

 

サンの膝下だけでそこまで連想した鈴木敏夫さんもすごいですが、それに対して肯定のような内容で返事をする宮崎駿さんにも驚きです。

 

 

ですが、岡田斗司夫さんの言う通り、「宮崎駿監督は恥ずかしがり屋ではっきりと言わない」と語っているのは持論ではないことが何となく分かりますね。

 




 

サンとアシタカはその後どうなった!?アシタカがプロポーズしていた!?

 

 

それでは、ファンの間でも噂になっているアシタカとサンのその後に関しての謎も解説していきます。

 

 

実はアシタカがサンに対して「そなたは美しい」とプロポーズをしている場面があったんですね。

 

 

これに対してサンは物語の終盤で

 

 

「アシタカは好きだけど、人間の事は許せない」

 

 

と語っておりました。

 

 

これは「アシタカのサンに対してのプロポーズ」に対する返事だと見受けられますね。

 

 

つまり、最終的にはサンもアシタカも別々の世界で暮らす事となり、結ばれる事はありませんでした。

 

 

しかし、ファンの中には「その後実は時々会っていた!?」という都市伝説もありますが、その内容は定かではありません・・・

 




 

アシタカとカヤの関係は結局どうなったの!?

 

 

さて、ここで番外ですが「アシタカにはそういえば「カヤ」という婚約者がいなかったか??と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか??

 

 

元々アシタカは「カヤ」という少女と許嫁であり、エミシー族の王になる運命でした。

 

 

カヤは自分の愛を捧げ続ける覚悟を示す為に「黒曜石の短刀」を送っていました。

 

 

カヤはアシタカを想う気持ちがあったのですが、アシタカはサンと出会ったことで「途中から心変わりをしたのではないか??」と言われております。

 

 

実際にアシタカはカヤからもらった黒曜石の短刀をサンに渡しました。

 

 

つまり、これもプロポーズの一つですが、カヤとは結婚をせず、サンを最終的に選んだという見解になります。

 




 

まとめ

 

 

以上がもののけ姫のサンとアシタカにまつわる情報となります。

 

 

最終的にアシタカのプロポーズを断ったサンでしたが、スタジオジブリは「それぞれの世界を大切に生き抜くこと」を伝えたかったのではないかと言われています。

 

 

なので、同じ世界に住まないという見解なのですが、ファンとしては「結ばれて欲しかった」という意見も多々ありますね。

 

 

ぜひ、金曜ロードショーのもののけ姫、お楽しみにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました