廣津留真理氏は離婚している!?夫はいるのか!?すみれはハーバード大学の学部はどこか!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は7月20日放送予定の「踊る!さんま御殿」に娘を塾なしでハーバード大学に合格させたことで知られる廣津留真理さんが出演予定ですので…

 

 

廣津留真理さんは既に夫と離婚しているのか??

 

 

また、娘のすみれさんはハーバード大学の何学部出身か??についてを説明していきたいと思います。

 




 

廣津留真理さんは夫との離婚説が浮上!?

 

 

さて、それではまず廣津留真理さんを調べていくと「夫」「離婚」という関連ワードが出てきます。

 

 

これ、廣津留真理さんが娘のすみれさんと出演していることが多いせいか、廣津留真理さんの夫は全く登場していないので「離婚しているのではないか??」と思われている様ですね。

 

 

まず旦那さん自体はいるのか??についてを調べていくと、廣津留真理さんは旦那さんと20代後半の時に結婚されていた様であり、自営業をされている様です。

 

 

これは2019年9月18日放送の「あいつ今何してる?」で明らかになり、廣津留すみれさんの経歴が公開された際に「自営業の父親と英語教師の母親の間に生まれた。」ことが明かされました。

 

 

また、2018年6月11日に放送された「深イイ話」でも廣津留すみれさんが「自営業の両親」と紹介されていた為、父親はいるということが分かります。

 




 

なぜ廣津留真理さんは夫との離婚説が浮上するに至ったか!?

 

 

さて、それではなぜ「離婚」というワードが関連ワードで浮上したか??についてですが、どうやら過去に廣津留真理さんはパリに行った時に娘のすみれさんを「父親」ではなく「全く赤の他人」に預けたことから囁かれていた様ですね。

 

 

どうやら子育てに対して、一時期恐怖心があった様なのです。

 

 

とはいえ、なぜ血の繋がった「父親」ではなく「赤の他人」に預けたのか??が疑問に残っている人も多く、こうしたことから「離婚したのではないか??」と思われていた可能性があります。

 

 

「瞬間的に独身に戻れた」という発言も相なったことで離婚説が浮上した様ですね。

 




 

廣津留真理さんのプロフィールについては!?語学が非常に堪能で教育方法がすごい!?

 

 

さて、それでは次に廣津留真理さんに関して紹介をしていきます。

・名前:廣津留真理(ひろつるまり)
・出身地:大分県
・学歴:早稲田大学第一文学部
・所属:ブルーマーブル英語教室代表、一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事、株式会社ディリーゴ代表取締役

 

 

廣津留真理さんはディリーゴ英語教室で有名であり、「ロケットスタート型」と呼ばれる型破りな英語教育が話題になりました。

 

 

どうやら中学の英語をすっ飛ばすという方法であり、無駄を無くした効率的な学習方法で教えているそうです。

 

 

また、娘のすみれさんが塾へ通うことなく、ハーバード大学へ合格したという経験から、独自の「ひろつるメソッド」を確立し、英語指導に加えて子供の子育ての方法をセミナーで教えています。

 

 

また、語学が非常に堪能であり、英語・フランス語・イタリア語に加えて中国語・アイヌ語も話せるのだそうです。

 

 

すごいお母さんですよね!?

 




 

廣津留真理さんの娘・すみれさんの情報は!?塾なしでハーバード大学に合格!?学部はどこ!?

 

 

そんな廣津留真理さんの娘であるすみれさんは1993年生まれの28歳です。

すみれさんは大分県でも難関高校である大分県立大分上野丘高校を卒業し、一度は慶應義塾大学へ進みますが、1学期のみしか通わなかったのだそうです。

 

 

その後、2012年に偏差値80で世界有数の最難関大学であるハーバード大学へ進学してしまいます。

 

 

この時、たった1年未満の受験勉強でありながらも合格されてしまったそうですね。

 

 

これも「ひろつるメソッド」によるものかもしれませんね。

 

 

ハーバード大学の学部については残念ながら情報がない様ですね。

 

 

さらにはハーバード大学を主席で卒業し、2016年には名門・ジュリアード音楽院に入学。

 

 

2018年に卒業後は音楽を中心にした事業を起こしたそうです。

 




 

まとめ

 

 

以上が廣津留真理さんの離婚説や夫に関する情報、またすみれさんに関する情報となります。

 

 

特に1年未満でハーバード大学に合格させてしまう教育方法というのはすごいですよね!?

 

 

英語の学習方法も型破りではあるものの、今の時代にあった学習方法かもしれませんね…

 

 

今後の活躍に期待ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA