金曜ロードショー

ボヘミアンラプソディのポールとは何者か!?

金曜ロードショー

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月4日に金曜ロードショー「ボヘミアン・ラプソディ」が放映される予定ですので…

 

 

イギリスのロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーさんのマネージャーだった、ポール・プレンターさんとは何者なのか??についてを説明していきたいと思います。

 




 

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の概要は!?

 

 

まずは「ボヘミアン・ラプソディ」の映画概要から解説していきたいと思います。

 

 

<公開日>
・日本:2018年11月9日
・アメリカ:2018年11月2日
・イギリス:2018年10月24日

 

 

<キャスト>
・フレディ・マーキュリー役:ラミ・マレック(櫻井トオル)
・メアリー・オースティン役:ルーシー・ボイントン(川庄美雪)
・ブライアン・メイ役:グウィリム・リー(北田理道)
・ロジャー・テイラー役:ベン・ハーディ(野島裕史)
・ジョン・ディーコン役:ジョゼフ・マゼロ(飯島肇)
・ジョン・リード役:エイダン・ギレン(志村知幸)
・ポール・プレンター役:アレン・リーチ(鈴木正和)
・ジム・ビーチ役:トム・ホランダー(赤城進)
・レイ・フォスター役:マイク・マイヤーズ(咲野俊介)
・ジム・ハットン役:アーロン・マカスカー(花輪英司)
・ジャー・バルサラ役:メネカ・ダス(佐々木優子)
・ボミ・バルサラ役:エース・バティ(加藤亮夫)
・カシミラ・バルサラ役:プリヤ・ブラックバーン(夏目あり沙)
・ボブ・ゲルドフ役:ダーモット・マーフィ(小林親弘)
・ケニー・エヴェレット役:ディッキー・ボウ(浜田賢二)

 

 

<あらすじ>

世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く。クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、32もの不朽の名曲が主としてフレディの歌声で甦り、心臓に鳥肌がたつほどの感動を呼び起こす。
11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテイメント開幕!(https://filmarks.com/movies/73709 より抜粋)

 

 

<予告動画>





 

 

イギリスの伝説的ロックバンドでもある「QUEEN」のフレディ・マーキュリーさんの人生を描く映画になっております。

 

 

世界的にも大反響を呼び起こした映画ですが、日本でも興行収入が増え続け、最終的には130億を超える大ヒット映画になりました。

 




 

ポール・プレンターとは何者なのか!?実在の人物なのか!?

 

 

今回はそんな中、フレディ・マーキュリーさんのマネージャーを務めていたポール・プレンターさんとは何者なのか??について、気になる人が多い様です。

 

 

そもそもポール・プレンターさんとは、実在する人物なのかと言いますと、結論を言うと実在の人物です。

 

 

過去にポール・プレンターさんがインタビューを受けていた映像がありました。





 

 

1946年に生まれ、カトリック信者の家庭で育ちました。

 




 

ポール・プレンターさんはフレディ・マーキュリーさんの個人マネージャーで恋人同士だった!?

 

 

さて、ポール・プレンターさんですが、フレディ・マーキュリーさんの「個人マネージャー」であり、「QUEENのマネージャー」というわけではないそうですね。

 

 

1977年〜1986年の9年間、フレディ・マーキュリーの個人マネージャーを務めていたそうです。

 

 

さらに、実を言うと、恋人同士の間柄だった様であり、どうやらポール・プレンターさんは同性愛者だったんだそうです。

 

 

こうした2人の関係について、QUEENのメンバーからよく思われてなかった様であり、ポール・プレンターさんはフレディ・マーキュリーさんに悪影響を与えるということで、疎まれていたそうです。

 

 

しかし、このポール・プレンターさんとの出会いにより、フレディ・マーキュリーさんは人生そのものが大きく変化した為、フレディ・マーキュリーさんにとっては人生を変えてくれたかけがえのない人物だったのかもしれません。

 




 

ポール・プレンターさんとフレディ・マーキュリーさんの馴れ初めは!?

 

 

フレディ・マーキュリーさんとポール・プレンターさんの馴れ初めは1975年にバーで知り合ったことから始まりました。

 

 

その後、恋人関係にもなったわけですが、先述の通り、QUEENのメンバーからは勿論ですが、ファンにもかなり嫌われておりました。

 

 

フレディ・マーキュリーさんのお金を使って豪遊したりされていたそうですね。

 

 

「ボヘミアン・ラプソディ」ではそのひどさが鮮明に放映されており、QUEENのマネージャーであるジョン・リードさんを陥れて解雇に追い込んだり、フレディ・マーキュリーさんに仕事上の連絡さえも取り次がないなど、やりたい放題でした。

 




 

ポール・プレンターさんをついに解雇!?フレディ・マーキュリーの逆鱗に触れた!?

 

 

そして、こうしたポール・プレンターさんの悪行はこれだけにとどまらず、フレディ・マーキュリーさんのプライベートな部分についてをマスコミに暴露し、報酬として多額の金銭を受けておりました。

 

 

しかし、ついにフレディ・マーキュリーさんがポール・プレンターさんのこうした裏切りに気づき、1986年に個人マネージャーの解雇を言い渡します。

 

 

ここも「ボヘミアン・ラプソディ」では、雨の中でフレディ・マーキュリーさんが冷たくポール・プレンターさんを軽蔑する姿が話題になりました。

 

 

ちなみに暴露話によって、フレディ・マーキュリーさんはポール・プレンターさんの他にも男性の愛人がいた様です。

 




 

ポール・プレンターさんの現在は!?

 

 

フレディ・マーキュリーさんが1991年11月にエイズによる気管支炎で亡くなったことはご存知の人も多いかと思いますが、ポール・プレンターさんも実はその3ヶ月前の8月にエイズの合併症により死亡をしております。

 

 

その為、この死については愛人関係にあったフレディ・マーキュリーさんの死と関係していた可能性が大いにあるのかもしれませんね・・・

 




 

まとめ

 

 

以上が「ボヘミアン・ラプソディ」の登場人物、ポール・プレンターさんの情報となります。

 

 

QUEENのファンにとっては、メンバーに亀裂を作った張本人ということもあり、かなり嫌われていた人物の様ですね・・・

 

 

しかし、フレディ・マーキュリーさんを語るにあたって、ポール・プレンターさんは欠かせない存在ではあるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました