るろうに剣心 最終章 The Beginning

るろうに剣心、巴の死因やネタバレは!?

るろうに剣心 最終章 The Beginning

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月4日に「るろうに剣心 最終章The Beginning」が公開される予定ですので…

 

 

同映画のキーパーソンで、緋村剣心の妻だった雪代巴(演:有村架純さん)について、結局死因は何だったのか??などのネタバレをしていきたいと思います。

 

 

もう一度言いますが、「ネタバレ」ですので自己責任でお願いします。

 




 

「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の概要は!?

 

 

さて、それではまず「るろうに剣心 最終章The Beginning」の概要について説明していきたいと思います。





・公開予定日:2021年6月4日

 

 

<キャスト>
・緋村剣心:佐藤健
・雪代巴:有村架純
・桂小五郎:高橋一生
・高杉晋作:安藤政信
・辰巳:北村一輝
・斎藤一:江口洋介
・沖田総司:村上虹郎

 

 

<あらすじ>

乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎と恐れられていた。
ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。

その後、幕府の追手から逃れるため巴とともに農村へと身を隠すが、そこで、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまうのだった…。

− <十字傷>に秘められた真実がついに明らかになる−
(https://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin2020/about/story-1?num=0 より抜粋)

 




 

The Beginningのヒロイン、雪代巴とは!?剣心と出会ったきっかけは!?

 

 

今回のキーパーソンでもあり、ヒロインの雪代巴役は有村架純さんが演じております。

 

 

The Finalでも剣心が回想の場面で何度か登場しており、そのおしとやかな雰囲気が正に雪代巴そのものだったかと思います。

 

 

雪代巴は緋村剣心の元妻であり、緋村剣心が幕末で「人斬り抜刀斎」と恐れられていた時に出会いました。

 

 

きっかけは1864年(元治元年)、居酒屋で巴が悪者に絡まれていた所を剣心が助けたことから関係が始まります。

 




 

巴は剣心に斬られて死んだ!?

 

 

そんな雪代巴ですが、「るろうに剣心 最終章The Final」で剣心の回想の場面で、剣心に斬られて死んでしまうシーンがあったかと思います。

 

 

予告編でも出てきておりますね。





 

 

辰巳が剣心を襲おうとしている所を巴が庇い、辰巳と共に斬られて絶命しました。

 

 

そもそも、なぜこうした場面になったのか、気になりますよね??

 




 

巴は元々復讐の為に剣心に近づいた!?理由は!?

 

 

剣心は自然な形で巴と出会うことになりましたが、元々巴は復讐の為に剣心に近づきました。

 

 

それは剣心が京都所司代へと天誅を下す際に、一緒にいた従者である清里明良(演:窪田正孝さん)も殺害したことがきっかけでした。

 

 

実は剣心が殺害した清里明良こそ、雪代巴の許嫁だったのですね。

 

 

この回想は既に2012年に公開された第一作目「るろうに剣心」でも回想として登場をしております。

 

 

その翌日、巴は清里明良の遺体を見つけ、ショックのあまり膝をついて泣きすがります。

 

 

その後、許嫁を殺害された復讐の為、剣心を狙う暗殺集団「闇乃武」のスパイになり、剣心を討ち果たす為に近くこととなりました。

 

 

こうして、居酒屋で出会った剣心の宿に居つき、潜入します。

 




 

復讐のつもりが剣心を愛してしまった!?巴と剣心が結婚!?

 

 

最初は「闇乃武」の内通者として剣心に近づきましたが、一緒にいる内に次第に剣心に心を許し、惹かれていってしまうのです。

 

 

そして、剣心もまた側にいてくれる巴に次第に惹かれていきます。

 

 

その後、禁門の変に敗れ、長州藩の勢力が衰えると、身を隠し次なる動きを待つ為に、桂小五郎の勧めで巴と祝言をあげ、結婚します。

 

 

そして、滋賀の大津で薬売りとして身を隠すようになります。

 

 

剣心と巴は僅かな時間ではありましたが、幸せな生活を送り、剣心もそんなひと時に次第に幸せを感じます。

 

 

そんな中で、巴の弟である縁がやってきます。

 

 

縁もまた、剣心に天誅を下す為にやってきましたが、すっかりと復讐する意思を失くした巴は縁に帰る様に言い放ちます。

 

 

巴と剣心は自身の過去を打ち明け、巴は「許嫁が京都の動乱に巻き込まれて惨殺された過去がある」ことを打ち明けます。

 

 

剣心はこの人物こそ「清里明良」であることに気づき、「巴の幸せを守っていく」ことを心に誓います。

 




 

巴が剣心に斬られて死んだ真実とは!?

 

 

そして、剣心が翌朝目を覚ますと、巴の姿はなく、闇乃武の元へ行ってしまったのです。

 

 

巴は剣心を守る為に、闇乃武に嘘の情報を伝えますが、闇乃武はこれを見破り、巴を人質に取ります。

 

 

巴を助けに向かった剣心でしたが、闇乃武3人との連戦により、視力と聴覚を一時的に失ってしまいます。

 

 

そして、この隙をつき、闇乃武のリーダー辰巳が剣心に襲い掛かろうとした時、巴が辰巳の前に立ち塞がり、剣心を守ろうとします。

 

 

しかし、剣心は辰巳を斬ろうとするも、誤って辰巳ごと巴も斬ってしまいます。

 

 

巴は自身の脇差で剣心の顔に傷をつけ、絶命してしまうのです。

 

 

これが剣心の頬に十字傷が付いていた真実となります。

 




 

巴が剣心の頬に付けた傷の付け方は原作と実写では違う!?

 

 

実は「巴が脇差で剣心の頬に傷をつけるシーン」は原作と実写では違うのです。

 

 

原作では、実は「偶発的に脇差が剣心の頬を切った」のに対し、実写では「自らの意思で脇差で剣心の頬を切った」のです。

 

 

この違いについて、実は奥深く、「自分自身(巴)のことを忘れないでいてほしいから」だったり、「清里明良を奪った人であることに変わりはないから、せめて彼の為にも、最期に無念をはらす行為だった」などが挙げられています。

 

 

真実は不明ですが、これも「The Beginning」を見ることで明らかになるのではないでしょうか??

 




 

まとめ

 

 

以上が「るろうに剣心 最終章 The Beginnig」の巴に関する情報となります。

 

 

この数年後の話が「るろうに剣心 最終章 The Final」であり、巴の弟である雪代縁(演:新田真剣佑さん)が剣心への復讐の為、「人誅」(例え天が裁かなくとも、必ず己の手で誅をなす)を仕掛けてくるというエピソードです。

 

 

その為、「最終章」ではあるものの「The Beginning」は時系列的には、2012年公開の「るろうに剣心」よりも前の時代のエピソードということになります。

 

 

是非、一度劇場でご覧頂ければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました