スタンドバイミー、クリスの死因や現在は!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は5月28日に金曜ロードショーで「スタンド・バイ・ミー」が放映される予定ですので…

 

 

リヴァー・フェニックスさんが演じていた「クリス役」に関する情報や、リヴァー・フェニックスさんの現在についてを解説していきたいと思います。

 




 

映画「スタンド・バイ・ミー」の概要は!?

 

 

まずは映画「スタンド・バイ・ミー」のキャストとストーリーの概要から公開していきたいと思います。

 

<公開日>
・アメリカ:1986年8月22日
・日本:1987年4月18日

 

 

<キャスト>
・ゴーディ役:ウィル・ウィートン
・クリス役:リヴァー・フェニックス
・テディ役:コリー・フェルドマン
・バーン役:ジェリー・オコネル
・エース役:キーファ・サザーランド
・作家役:リチャード・ドレイファス

 

 

<予告(4K ULTRA HD版)>

 

 

<あらすじ>

小さな田舎町に住む4人の少年たち

それぞれ家族や学校に悩みを抱えながらも友情で結ばれていた…

売れっ子作家のゴーディ(リチャード・ドレイファス)は、1人の弁護士が刺殺されたというニュースに言葉を失っていた。彼は、ゴーディが少年時代に冒険をともにした、唯一無二の親友だった。ゴーディは、その冒険の日のことを綴り始める…。

1959年、12歳のゴーディ(ウィル・ウィートン)は、運動は苦手だが文才が豊かな少年だった。出来の良かった兄・デニー(ジョン・キューザック)の事故死以来、両親は彼に興味がなくなっていたが、彼には3人の仲間がいた。家柄のせいで周りからは不良だと思われているが実は優しいリーダー格のクリス(リバー・フェニックス)と、ノルマンディ作戦の英雄だった父を誇りに思うテディ(コリー・フェルドマン)、ノロマなバーン(ジェリー・オコネル)。彼らはいつも木の上の秘密基地に集まって、一緒に過ごしていた。

ある日、バーンが耳寄りな情報を手に入れてきた。3日前にブルーベリーを摘みに行ったまま行方不明になっている少年の死体が、森の奥に放置されているというのだ。死体を見つければヒーローになれる。4人は家族に嘘をついて集合し、線路に沿って歩き始めた。それぞれのなけなしの小遣いを集めて食料を買い、冒険を続ける4人。その旅の中で、4人はそれぞれの心の中に抱える悩みと対峙していく。一方、街の不良グループのエース(キーファー・サザーランド)たちも死体のことを知り…!
(https://kinro.ntv.co.jp/lineup/20210528 より抜粋)

 

 

簡単にあらすじをまとめると、4人の少年たちが好奇心から死体探しの旅に出るひと夏の冒険物語です。

 




 

「スタンド・バイ・ミー」登場人物の「クリス」とはどんなキャラ!?

 

 

そんな「スタンド・バイ・ミー」を調べていくと「クリス 死因」という関連ワードが出てきます。

 

 

まずは「クリス」というキャラクターについてを紹介します。

 

 

ここからは若干ネタバレとなりますので、注意して下さい。

 

 

クリスは主人公ゴーディの親友であり、ゴーディの良き理解者というキャラクターです。

 

 

父親がアルコール依存症であり、兄は不良という環境に育ち、自分の将来を悲観しておりました。

 

 

しかし、正義感が強く、虐められている友達が目に入ると助けずにはいられない様な情の厚い部分があり、更にとても頭が良く、大学を卒業後は弁護士にもなるほどでした。

 

 

全てを受け止める包容力がクリスの魅力であり、時折ゴーディにかける言葉に優しさを感じる様な言葉を発しています。

 

 

特にゴーディに対して、クリスが発した励ましの言葉は非常に胸が熱くなるような気分にさせられます。

 

 

ゴーディは物語をかけるほどの才能がありましたが、親に疎まれ、将来への希望を持てないで落ち込んでいましたが、この才能を認めていたゴーディは

 

 

「誰かが育てなければ才能も消えてしまう。君の親がやらないなら俺が守ってやる。」

 

 

と激励を送りました。

 

 

この言葉はいつ聞いても、感動させられます!

 




 

クリスと「死因」の関係は!?大人になるとクリスは・・・!?

 

 

さて、それでは「クリス 死因」に関してですが、ひと夏の冒険が終わり、4人がそれぞれいつもの様に町外れで別れると、それ以降全員がバラバラになり、疎遠になってしまいます。

 

 

そして、やがて大人となった4人でしたが、大人になるとクリスは弁護士になりましたが、レストランで喧嘩をしていた客同士の仲裁に入り、ナイフで喉を刺されて死んでしまったことが明らかになりました。

 

 

ゴーディの人生に重要な意味を持つクリスでしたが、最期はなんとも切なかったのではないかと思います・・・

 




 

クリス演じるリヴァー・フェニックスさんの現在は!?

 

 

さて、そんなクリス役を演じていたリヴァー・フェニックスさんの現在ですが、残念ながら1993年に亡くなっており、23歳という若さでこの世を去りました。

 

 

重要な役どころだっただけに、この映画で一躍有名人になり、将来を期待された俳優でした。

 

 

死因はヘロインとコカインの過剰摂取により心不全で亡くなったと発表されています。

 

 

リヴァー・フェニックスさんは非常に繊細な正確であった為、病んでいた部分があったことで、薬物に走ってしまったのではないか??と言われています。

 

 

その経緯については不明ですが、非常に心打たれるキャラクターだっただけに多くのファンも悲しんでいたことかと思います・・・

 




 

まとめ

 

 

以上が「スタンド・バイ・ミー」のクリス役に関してと、クリス役を演じたリヴァー・フェニックスさんの現在に関する情報でした。

 

 

リヴァー・フェニックスさんがもし生きていれば、より活躍をされていたのかもしれませんね・・・

 

 

役柄も非常に情の深いキャラクターだっただけに、印象に残っている人も多いかと思います。

 

 

まだご覧になっていない人は是非一度「スタンド・バイ・ミー」のクリスというキャラクターを見てみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA