奇跡体験!アンビリーバボー

魔夜峰央の娘、息子、嫁など家族についての情報や家賃滞納の過去やバレエ一家という情報を公開!?翔んで埼玉は海外の反応が好評!?クレームや不快の声が殆どない理由はなぜ!?

奇跡体験!アンビリーバボー

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は4月8日放送予定の「奇跡体験!アンビリーバボー」に、「翔んで埼玉」でも有名となった作者の魔夜峰央さんが出演予定ですので・・・

 

 

魔夜峰央さんの嫁や娘、息子に関する情報や、実はバレエ一家という情報、また「翔んで埼玉」の海外での反応が高評価である理由や、クレームや不快の声が殆どない理由についても解説していきたいと思います。

 




 

「翔んで埼玉」作者、魔夜峰央さんに関するプロフィール情報は!?

 

 

まずは作者の魔夜峰央さんに関する情報から公開していきます。


・ペンネーム:魔夜峰央(まやみねお)
・本名:山田峰央(やまだみねお)
・生年月日:1953年3月4日(2021年4月現在68歳)
・出身地:新潟県

 

 

魔夜峰央さんは1978年から現在も連載を続けている少女漫画の「パタリロ」の作者であり、2019年には映画化で話題を呼んだ「翔んで埼玉」の作者でもあります。

 




 

魔夜峰央さんの奥さんについての情報は!?

 

 

そんな魔夜峰央さんの家族についてですが、まず結婚した奥さんについてですが、バレエダンサーでバレエ講師としても活躍をしている山田芳実さんという方です。

 

 

元々の出会いは「ファンクラブ」の集いで知り合ったそうなんです。

 

 

その当時、魔夜峰央さんは27歳で、山田芳実さんは18歳でした。

 

 

「パタリロ」登場人物のバンコランとマライヒがそれぞれ27歳と18歳と、同じ年齢なので、魔夜峰央さんと山田芳実さんをモチーフにしているかと思われます。

 




 

魔夜峰央さんの息子や娘に関する情報は!?

 

 

続いて、息子さんと娘さんに関する情報ですが、娘さんは山田眞里江さんで、息子さんは山田眞央さんです。

 

 

2人とも幼少期から母親にバレエを教わっており、現在はお二人ともプロのバレエダンサーとして活躍をされております。

 

 

ツイッターでも家族団欒の写真がアップされておりました。↓

 

 

また、山田眞里江さんは父親の魔夜峰央さんと同じく「漫画家」という一面もあり、「山田マリエ」名義で漫画を書いているのだそうです。

 

 

現在はeBigComic4で「はがゆれど!」を連載中の様です。

 




 

魔夜峰央さんのバレエ姿がすごい!?

 

 

さて、魔夜峰央さんの一家は「バレエ一家」ということがお分かりかと思います。

 

 

実は魔夜峰央さんも山田芳実さんの勧めもあって、44歳からバレエを習い始めており、家族で発表会も開かれているのだそうです。

 

 

魔夜峰央さんのバレエ姿も公開されていたことがあり、それがこちらになります。↓

 

 

まさかの男役ではなく、女性役のバレエ姿で踊っておりました!

 

 

しかし、その踊りはさすが綺麗だったという声も多いです!

 




 

魔夜峰央さんは家賃滞納をしていた過去がある!?

 

 

そんな魔夜峰央さんですが、実は仕事場の家賃を累計で1,200万円滞納していたことを打ち明けていたことがありました。

 

 

その滞納分は「翔んで埼玉」の映画化により、ようやく返済できた様なのですが、7〜8年間は滞納をされていた様です。

 

 

しかし、大家さんがなんとか待っていてくれてたのだそうです。

 

 

なぜ滞納したのか原因は不明ですが、やはり「翔んで埼玉」のヒットはかなり大きかったのかもしれませんね。

 




 

「翔んで埼玉」はクレームや批評が殆どない!?理由はなぜ!?

 

 

さて、それでは映画化にもなり、大ヒットとなった「翔んで埼玉」に関する情報ですが、クレームや不快と言った声が意外にも殆ど無いという事実があります。

 

 

これはなぜなのでしょうか??

 

 

普通なら埼玉県に住んでいる人からクレームや批評があってもおかしくないと考えますよね??

 

 

この理由として「埼玉県ディスが笑って許せる風土になった」ことが大きく、更には「面白おかしくディスってもらえることで、埼玉県を知ってもらえるという嬉しさ」があるからかもしれません。

 

 

中には「ディスが足りない」という方もいるくらいで、面白おかしくディスってもらえることで、埼玉県をより知ってもらえるという意味もあり、批判が殆ど無いのではないかと思います。

 




 

「翔んで埼玉」は海外でも高評価!?理由は!?

 

 

また、映画の「翔んで埼玉」は海外での評価が意外にも高く、イタリアやアメリカ、ドイツなどの欧米圏でも好評だったのだそうです。

 

 

その理由として、実は日本に限らず欧米にも地域格差はあった様で、万国共通ということが受け入れられたのではないかと考えられております。

 

 

「正面から地域差別に切り込んだ姿勢を見せた映画」として、海外ではかなり評価の高い映画となりました。

 




 

まとめ

 

 

以上が「翔んで埼玉」作者の魔夜峰央さんに関する情報と、「翔んで埼玉」の評判に関する情報となります。

 

 

「翔んで埼玉」は「笑って許せる風土」が出来上がったからこそ、現代になって高評価を得たのではないかと思います。

 

 

この様に、作者の魔夜峰央さんもかなり踏み込んだ漫画家ですので、今後も色んな場面で活躍が期待できますね!

 

 

今後の活躍に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました