マッスル北村(北村克己)の 死因は食事制限で餓死!?なぜなのか理由は!?死ぬ直前の体脂肪率は!?結婚して嫁や子供や娘の情報は!?伝説 や名言、自分に怒りを感じた話は!?ステロイド使用はデマ!? 

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は2月9日放送予定の「ザ!世界仰天ニュース」にボディービルダーのマッスル北村さんがVTRで特集される予定ですので・・・

 

 

マッスル北村さんに関する情報を解説していきたいと思います。

 




 

マッスル北村さんのプロフィールについて

 

 

まずはマッスル北村さんのプロフィールから紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏆FLEX WORKOUT🏆(@flex.workout)がシェアした投稿


・芸名:マッスル北村
・本名:北村克己(きたむらかつみ)
・生年月日:1960年10月6日
・没年月日:2000年8月3日(39歳没)
・出身地:東京都
・身長:173cm
・体重:115kg
・学歴:東京学芸大学教育学部附属高等学校→東京大学理科二類中退→東京医科歯科大学医学部中退

 

 

マッスル北村さんは当時ボディービルダーとして活躍していながらも、タレントとしても活躍をされておりました。

 

 

とにかくボディビルにおいては非常にストイックな性格の持ち主だった様でしたが、2000年8月3日に過度に脂肪を落とした結果、低血糖症で急性心不全になり、急逝してしまいました。

 




 

マッスル北村さんは高学歴!?学生時代の経歴は!?

 

 

ボディビルダーを始めた経歴を語る前に・・・

 

 

まずはかなりの高学歴であることが非常に気になりますよね??

 

 

マッスル北村さんは実は小学校から高校までの間、名門の東京学芸大学附属校に通っておりました。

 

 

東京学芸大学附属校は言わずと知れたエリート学校であり、毎年東大や早稲田、慶應などといった難関国公立や私大に合格者を輩出している学校です。

 

 

マッスル北村さんも現役ながら、防衛医科大学や早稲田大学理工学部に合格しておりました。

 

 

しかし、東京大学には不合格となってしまい、2浪を経て、東京大学理科二類に合格を果たします。

 




 

ボディビルとの出会いのきっかけは!?自分への「怒り」がボディビルにのめり込んだ理由!?

 

 

大学へ入学すると「東京大学運動会ボディビル&ウェイトリフティング部」の先輩に出会い、ここで初めてボディビルに出会いました。

 

 

しかし、ボディビルを始めた当初は他のボディビルダーと比べて、体重は55kg程で細身の体型であり、これが本人にとっては「怒り」に変わったそうなんです。

 

 

高校時代にプロボクサーや競輪選手を目指していたこともあり、体格はかなりガッチリしていたのですが、それでもボディビルの世界だとまだまだだったそうなんです。

 

 

その為、他のボディビル選手と比べて、体格の違いに痛感し、本人のストイックな性格上許せなかったのでしょう。

 




 

マッスル北村さんは名言からもストイック!?トレーニングが非常に過酷!?

 

 

これを機にマッスル北村さんは筋肉を大きくする為に何でもやったそうなんです。

 

 

そのトレーニングの内容は凄まじく、

 

 

・卵を20〜30個
・牛乳を2〜3リットル
・鯖の缶詰を3缶
・プロテインの粉末を300g

 

 

これらを毎日摂取したそうなんです。

 

 

そして、その後わずか10ヶ月で40kgの体重増加となり、1年で96kg増加、更には2年後の関東学生選手権では見事優勝となりました。

 

 

「筋肉を大きくするためなら何でもやった。」と名言を残すくらいのストイックな生活だった様ですね。

 




 

ボディビルに夢中になり過ぎて大学中退!?

 

 

しかし、あまりにもボディビルに熱中し過ぎて、大学の授業には出ることがなく、やがて東京大学を中退してしまいます。

 

 

これに父親はかなり激昂して、ダンベルシャフトで何度も殴りつけられたこともあったそうですね。

 

 

その後、東京医科歯科大学医学部に入学するも、またしても中退してしまいます。

 




 

過酷なトレーニングで身体を壊したことも!?

 

 

過酷なトレーニングをし過ぎたこともあり、過去にダンベルトレーニングで筋肉の断裂を引き起こしたりされていたそうなんです。

 

 

また、1985年のアジア選手権前には減量の為、100kmのマラソンに挑戦しておりましたが、足の爪が剥がれて血が出るくらいだったそうなんです。

 

 

とにかく「過酷」の一言につきますね・・・

 

 

しかし、その努力の甲斐もあって、アジア選手権には優勝をしました。

 




 

マッスル北村さんのステロイド使用疑惑はデマ!?

 

 

マッスル北村さんは一時期ドーピング検査で陽性になるという事件があり、「ステロイドを使用しているのではないか??」と疑われたことがあります。

 

 

常人離れした肉体を誇っていたので、そのこともあって、この様に思う人がいたのかもしれません。

 

 

しかし、これは本人も「関係者にハメられた」と語っていることや、性格上ストイックで努力の末に作った筋肉いうことからも信憑性は低い様です。

 

 

なので、本人が語っていた「関係者にハメられた」という内容が正しい可能性もありますね。

 

 

但し、そのことについても不明なので、真相は定かになっておりません。

 




 

マッスル北村さんが急逝!?死亡間際の体脂肪率や原因は餓死!?

 

 

そんなマッスル北村さんに、2000年8月3日に悲劇が起こります。

 

 

ボディビルの世界選手権に向けて、20kg減量と言う過度なトレーニングと減量を行なったことによって、異常なまでの低血糖症を引き起こし、急性心不全によってこの世を去りました。

 

 

この頃39歳で、死亡時の体脂肪率は何と3%以下だったのだそうです。

 

 

余りにも多すぎる減量だった為、餓死なのではないかとも言われていましたが、原因は極限までの糖質制限だったそうです。

 




 

マッスル北村さんの伝説は今も語られている!?

 

 

没後の12年後にマッスル北村さんのトレーニング記事が再収録された「マッスル北村伝説のバルクアップトレーニング」が発売されたり、2015年9月23日放送の『この話、凄くないですか?』では、ロバートの秋山竜次さんがその生前エピソードが語られたりしました。

 

 

とにかくストイックな男の伝説はいつまでも語り継がれているそうですね!

 




 

マッスル北村さんは結婚して奥さんや子供がいる!?

 

 

そんなマッスル北村さんでしたが、生涯の中でご結婚をされて奥さんや子供に関する情報はあるのでしょうか??

 

 

実はご結婚をされて子供が2人いたそうなんですね!

 

 

もう一人は娘さんだそうです。

 

 

しかし、その後離婚をされてしまったのだそうです。

 

 

原因は明かされておりませんでしたが、ボディビルに夢中になり過ぎたことが要因の可能性もありますね・・・

 




 

まとめ

 

 

以上がマッスル北村さんの情報となります。

 

 

非常にストイックな精神と考え方は今もボディビルダーに大きな影響を与えております。

 

 

凄すぎる生き様ですが、過度すぎるトレーニングもあまり良くないのかもしれませんね・・・

 

 

しかし、こうしたストイックな精神は本当に尊敬すべきことですので、書籍を見かけたら一度読んでみても良いかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA