激レアさんを連れてきた。

藤崎忍氏(ドムドムバーガー社長)の息子は藤崎剛暉氏!?結婚した夫も墨田区議員で藤崎繁武氏!?いつ病気になったのか!?藤崎忍氏はアパレルにも務めていた!?年齢や生年月日、年収や高校、大学などの学歴や経歴などwiki風プロフィールで紹介!?

激レアさんを連れてきた。

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は1月25日に放送予定の「激レアさんを連れてきた。」にドムドムバーガー社長の藤崎忍さんが出演予定ですので・・・

 

 

藤崎忍さんの息子の名前は藤崎剛暉さんという方なのか!?

 

 

また、結婚した夫である墨田区議の藤崎繁武さんで、病気になってしまったという情報や、藤崎忍さんの学歴や経歴、年収についてなどを一挙公開していきたいと思います。

 




 

藤崎忍さんのプロフィールについて

 

 

まずは藤崎忍さんのプロフィールから紹介していきます。

・名前:藤崎 忍(ふじさきしのぶ)
・生年月日:1966年(2021年1月現在54歳)
・出身地:東京都墨田区
・出身校:青山学院高等部→青山学院女子短期大学

 

 

藤崎忍さんは現在ドムドムバーガーの社長であり、39歳まで社会人経験の無い普通の主婦だったにも関わらず、結果的にドムドムバーガーの社長へ抜擢されるという異例な経歴の持ち主です。

 




 

藤崎忍さんの学歴は!?卒業後、繁武さんと結婚し専業主婦に!?

 

 

藤崎忍さんの学歴は小学生の時からずっと「青山学院」に通っており、初等部〜短期大学を卒業するまでおりました。

 

 

卒業後、社会人へそのまま就職かと思いきや、地方公務員であり墨田区議の藤崎繁武さんと結婚し、その後には藤崎剛暉さんが生まれたことで、専業主婦となりました。

 

 

その為、卒業後から39歳に至るまで会社に勤めていた経験が無かったということですね。

 

 

政治家として活動する繁武さんや野球に取り組む息子さんを専業主婦としてサポートしていた様です。

 




 

繁武さんが心筋梗塞に!?ブティックの店長として実績を挙げる!?

 

 

ところが、2005年7月に藤崎繁武さんが心筋梗塞で倒れてしまいます。

 

 

都政選挙に落選してしまった矢先に起こった突然の出来事でした。

 

 

この頃、息子の剛暉さんも学生で真剣に野球に打ち込んでいるといった時期でもあり、繁武さんが倒れてしまったことで、藤崎忍さんが働かざるを得ない状況となってしまったのです。

 

 

藤崎忍さんは39歳にして、社会人経験が無い状態で初めて働きに出ることとなりました。

 

 

最初は友人の母親が経営する109のブティックで働くこととなります。

 

 

雇われ店長として働くことになったそうですね。

 

 

社会人未経験ながらもその経営手腕はすごかった様であり、2010年の退職に至るまで年商2億円という優良店舗へ成長させた実績がある様です。

 




 

繁武さんが今度は脳梗塞に!?藤崎忍さんは居酒屋をオープン!?

 

 

その後、そんな藤崎忍さんの奮起もあって、繁武さんも順調に回復し、夏の都議会議員選挙に向けて選挙活動を本格化させました。

 

 

しかし、2009年5月、繁武さんが今度は脳梗塞で倒れてしまいます。

 

 

さらには後遺症で左半身がマヒしてしまい、選挙活動復帰も絶たれてしまいます。

 

 

その後、追い討ちをかけるかの様に、経営方針の変化もあって、2010年9月に109を退職せざるを得ない状況となり、新橋の小料理屋でアルバイトを始めます。

 

 

109時代の経営手腕がここでも生き、自身で居酒屋を開業。

 

 

2011年5月に居酒屋の「そらき」をオープンさせます。

 




 

繁武さんの急逝とドムドムバーガーへの入社と代表取締役への異例の昇任!?

 

 

その後、繁武さんは度々リハビリを重ねるなど奮闘しましたが、2016年12月に繁武さんは急逝してしまいます。

 

 

風邪を引き起こしての急逝だった為、突然の出来事で悲しみも相当だったことが窺えます。

 

 

そんな悲しみの中、2017年レンブラントがドムドムバーガーを買収します。

 

 

藤崎忍さんは居酒屋の常連でもあったレンブラントの方に誘われて、50歳でドムドムバーガーへ入社します。

 

 

なんでも、そのレンブラントの方は藤崎忍さんの出す居酒屋のメニューに惚れ込んで、ドムドムバーガーへ誘ったそうなのですね。

 

 

その後エリアマネージャーにもなり、色々斬新なアイデアを出したり、経営を少しでも改善する為奮起しますが、それでも2018年3月の決算が芳しくないことを知ります。

 

 

藤崎忍さんはこれはまずいと思い、役員に「意見を言える立場にして下さい」と直談判したそうです。

 

 

これがまさかの起点となり、なんと役員から「代表取締役になってください」と言われ、社長になってしまいます。

 

 

こうして、39歳で社会人として働き始めた藤崎忍さんはなんと10年ほどで経営を任されるくらいの大出世となりました。

 




 

藤崎忍さんの息子は墨田区議員の藤崎剛暉さん!?元野球選手だった!?

 

 

そんな藤崎忍さんの息子さんは先程も挙げた通り、剛暉さんです。

 

 

1990年4月に誕生している為、現在30歳です。

 

 

先程も挙げた通り、野球をされており、プロを目指しておりましたが、独立リーグである「兵庫ブルーサンダース」(現在は神戸三田ブレイバーズ)の野球選手として所属していた経験があるそうです。

 

 

また2013年の本塁打王にも輝いているそうですね!

 

 

かなりすごい経歴ですが、やはりお母さんである藤崎忍さんのバックアップもすごかったのだと思います!

 

 

現在は繁武さん同様、墨田区議員になっている様です。

 




 

藤崎忍さんの年収は!?

 

 

藤崎忍さんの年収に関する情報ですが、残念ながら役員報酬については開示されておりませんでしたので、詳しい内容は不明です。

 

 

しかし、それでも大手のハンバーガーチェーン店ですので、まず年収1,000万円は超えている可能性がありますね。

 




 

まとめ

 

 

以上が藤崎忍さんに関する情報となります。

 

 

40代前後まで職歴が無かったにもかかわらず、大手ハンバーガーチェーン店の社長にまで登り詰めるというのは本当に異例ですが、それ以上に元々経営者としての素質があったことが窺えましたね!

 

 

特に社会人未経験の状態で始めたアパレルショップでは、その経営手腕を見せつけられたかと思います。

 

 

今後ドムドムバーガーをどんな店にしていくのか!?

 

 

より一層の活躍に期待したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました