カンブリア宮殿

臼井興胤氏(うすいおきたね・コメダホールディングス代表取締役社長)家族や国籍は韓国人!?嫁や息子の情報は!?経歴や年収は!?コメダ珈琲の前はマクドナルドやセガ!?wiki風プロフィールにて紹介!?【カンブリア宮殿に出演】

カンブリア宮殿
Nagoya, Japan - November 11, 2019: Komeda coffee, the famous local coffee shop chain, is seen along the street in Nagoya, Japan

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は12月3日に放送予定の「カンブリア宮殿」に、「コメダ珈琲」でもお馴染みのコメダホールディングス社長の臼井興胤(うすいおきたね)さんが出演予定ですので…

 

 

臼井興胤さんの家系や国籍に関する情報、また結婚した嫁や息子、年収に関する情報やコメダホールディングスの社長を務める前の経歴などの情報を一挙公開していきたいと思います。

 




 

臼井興胤さんのプロフィールについて

 

 

まずは臼井興胤さんに関するプロフィールと経歴を紹介します。

 

 

麻雀ニュース速報 on Twitter
【マージャンニュース】臼井興胤コメダHD社長 父から「短気で失敗するな」|エンタメ!|NIKKEI - 日本経済新聞 /

・名前:臼井興胤(うすい おきたね)

・出身地:愛媛県松山市

・生年月日:1958年10月31日(2020年12月現在62歳)

・出身校:東京都立富士高等学校→防衛大学校(中退)→一橋大学商学部

 

 

臼井興胤さんは「コメダ珈琲」としても知られている「コメダホールディングス」の代表取締役社長を務めております。

 

 

後述しますが、過去にはセガや日本マクドナルドといった企業とも関わりがあります。

 




 

臼井興胤さんの経歴について

 

 

元々臼井興胤さんは東京都立富士高等学校在籍時に、「飛行機のパイロットになりたい!」と志望されており、防衛大学校に進学をしたそうです。

 

 

しかし、理由は明らかにされていませんが、この防衛大学校を中退し、後に一橋大学商学部へと入学。

 

 

卒業後は三和銀行(現:三菱UFJ銀行)へと入行しました。

 

 

臼井興胤さんは子供の頃からアメリカの文化に憧れており、銀行へ入行したのも「会社の経費で海外のビジネススクールに留学出来る」という理由からだそうなのです。

 

 

入行後はその希望通り、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の金融大学院に留学をし、金融専攻を選びました。

 

 

その後は経営学博士(MBA)を取得し、修了後はそのまま米国へ勤務して、5年間はアメリカで過ごすこととなります。

 

 

その後、1993年にはセガ・エンタープライゼスへ転職し、1997年から1999年にかけて、セガ取締役コンシューマー事業本部副本部長へ就任をしておりました。

 

 

1999年にはセガ・エンタープライゼスを退職し、ベンチャーキャピタルへ、2002年には株式会社ナイキジャパンエクイップメント部長へ就任、2003年に株式会社ナイキジャパン営業リテール統括本部長へと就任を致しました。

 

 

2006年にはスカウトを受けて、日本マクドナルド株式会社COO(最高執行責任者)へ就任しました。

 

 

2007年には再びセガ・エンタープライゼスに再入社し、顧問、専務取締役AM統括本部長就任。

 

 

2008年〜2012年にかけてはセガ代表取締役社長COOに就任しました。

 

 

そして、2013年に「株式会社コメダ」の代表取締役社長へ就任し、2014年に株式会社コメダホールディングス代表取締役を兼任しながら、2019年には株式会社英チームの社外取締役として、活躍をしております。

 




 

マクドナルドを1年で退任したのはなぜ!?

 

 

臼井興胤さんは2006年にスカウトで日本マクドナルドの最高執行責任者に選出されるも、わずか1年足らずで退任となってしまいました。

 

 

臼井興胤さんは元々「マクドナルド」に関しての関心も強く、マクドナルドに関する映画や原作などを全て読み漁っていたそうです。

 

 

その為、本人が意図して退任したかったというわけではなく、マクドナルドの経営方針を巡ったトラブルが原因であり、一時期は訴訟にまで発展する程の大騒ぎとなりました。

 

 

こうしたこともあり、1年程で退任せざるを得ない状態となってしまったそうです。

 




 

臼井興胤さんの経営手腕は!?徹底した「現場主義」!?

 

 

臼井興胤さんは経営者として徹底した「現場主義者」であり、「良いビジネスを展開するにはお客様の近いところで意思決定をする」ことを信念としています。

 

 

過去には店舗で自身の身分を隠してまで、アルバイトをした経験もあり、コメダ珈琲の社長でありながらも、現在でも毎週木曜日の朝6時から9時までは本社1階にある店舗で「店員の一人」として接客に当たり、現場重視の姿勢を貫いています。

 

 

中々、大企業の社長としては珍しいくらいの現場主義者ですね!

 

 

しかし、こうした考えがあるからこそ、転職しても尚、役員に選ばれ続ける理由であるのかもしれません。

 




 

臼井興胤さんが社長の「コメダ珈琲店」とは!?

 

 

 

 

そんな臼井興胤さんが社長として勤める「コメダ珈琲店」ですが、元々は名古屋発祥のフルサービス型の喫茶店であり、1968年に加藤太郎さんが個人経営の店として開店したところが始まりだそうです。

 

 

「コメダ」という名称は創業者の加藤太郎さんの実家が米屋だったことがきっかけだそうで、街のリビングルームとして、名古屋地方を中心にフランチャイズを展開していったそうです。

 

 

他のコーヒーチェーン店とは違い、雑誌類がある他、ソファーなどもゆったりと座れるなど、まさに「リビングルーム」さながらの店構造になっているかと思われます。

 

 

臼井興胤さんが社長に就任をしてからは「現場主義」もあわさり、積極的に現場へと踏み込んで顔を出し、「現場での判断」を大切にしています。

 

 

そんなこともあってか、2019年には全国制覇を達成し、店舗数の97%を占めるフランチャイズ店として、飛躍的に業績を伸ばしております。

 




 

臼井興胤さんの先祖は武家!?家族の情報は!?国籍は「韓国」というのは本当!?

 

 

臼井興胤さんの先祖はなんと千葉県印旛郡の江戸幕府天領代官臼井氏という武家の家系であり、29代目だそうです。

 

 

また、父親は松山市にある丸善石油に勤めていたそうなんですね!

 

 

父親は臼井興胤さんが中学生の時にアラブ首長国連邦へ単身赴任され、以降大学卒業までの10年以上もの間、日本へ帰国されなかったそうです。

 

 

父親が石油業の営業マンだったということもあり、臼井興胤さんも子供の頃は小学校を4回も転校するくらいの転勤族だったと言います。

 

 

ちなみに、臼井興胤さんを調べると「韓国」というワードも出てきますが、これは臼井興胤さんの名前が中々珍しい漢字名だから、「韓国人ではないか??」と噂されたのかもしれません。

 

 

本当に「韓国人」であるかどうかは不明です。

 




 

臼井興胤さんは結婚して息子がいる!?情報は!?

 

 

臼井興胤さんは既に結婚もし、息子さんもいる様なのですが、情報はありませんでした。

 

 

恐らく、一般人であるからかもしれません。

 

 

ちなみに息子さんで、ちょうど武家の30代目にあたるそうです。

 

 

息子さんや嫁さんの情報は、今後の開示次第ですね。

 




 

臼井興胤さんの年収はどの程度か!?

 

 

そんな臼井興胤さんですが、年収はどれくらいなのかが気になりますよね??

 

 

2019年2月期の取締役4名の報酬総額は公表されており、1億5203万円とされているそうです。

 

 

ですが、臼井興胤さんはこのコメダ以外にも「株式会社エイチーム」の社外取締役を務めております。

 

 

そうなると、恐らく年収は1億円近くはいくのではないかと予想できます。

 




 

まとめ

 

 

以上が臼井興胤さんに関する情報となります。

 

 

経歴をご覧になるとお分かりですが、どの会社へいっても「役職者」の地位に就かれております。

 

 

「現場主義」は社長としては非常に珍しい理念を掲げておりますが、こうしたことが他の社員のお手本にもなるので、必然的に「役職者」として相応しいと見られるのかもしれません。

 

 

いずれにせよ、こうした経営手腕でどこまで展開していけるのか、今後に注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました