石黒政春氏(ポツンと一軒家のイシグロさん)は北海道住みで何者!?池で鯉を1万匹養殖する男性!?石黒政春氏の家はどこで、上ノ国なのか!?サルナシワインの加工もやっている!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は9月27日に放送予定の「ポツンと一軒家」に、風力発電の巨大風車が並ぶ近隣にポツンと一軒家を構えているイシグロさんについて、何者で何をしている人なのか??を解説していきたいと思います。

 




 

石黒政春さん(以下イシグロさん)のプロフィールについて

 

 

まずはイシグロさんのプロフィールから説明してきます。

 

 

・本名:石黒政春(いしぐろまさはる)

・年齢:68歳(2019年出演当時)

・住所:北海道檜山郡上ノ国町

 

 

上ノ国町とは、下記の場所となります。↓

(http://pop-obay.sakura.ne.jp/figures/figures01362.html より画像抜粋)

 

 

函館近くの青色の部分が上ノ国町となります。

 

 

北海道の道南地域の様ですね!

 

 

風力発電が多く立ち並んでおりますが、そこの一帯にポツンと家がある様です。

 

 

そこがイシグロさんのお住まいだそうですね!

 




 

イシグロさんは池を自分で作った!?1万匹の鯉を飼っている!?

 

 

イシグロさんは大きな池に1万匹の鯉を飼っている様であり、2019年度の撮影時はどうやら突然の訪問だったそうですね!

 

 

どうやらポツンと一軒家の公式ツイッターにも紹介されておりました。↓

 

 

鯉を育てている池は自身で作成した池だそうです!

 

 

こちらがその池ですね!↓

(https://goo.gl/maps/fJ1JnYRwnWZTQeNu5 より抜粋)

 

 

拡大表示はしているものの、かなり大きな池で、自分で作ったというのがすごいですね!

 

 

実際、広さにして1,000坪程度もあるので、めちゃくちゃ広いことがわかります。

 

 

自分で作った池に17年前に鯉を600匹放流し、現在は鯉が1万匹もいるそうです。

 




 

イシグロさんは元々大工さん!?山を購入した!?

 

 

元々イシグロさんは大工をしており、30歳の時に一大決心して借金をして4万5千坪にもなる山を購入したそうです。

 

 

この山は東京ドーム3つ分程度はある様ですが、大きな池を作成するのに1年程はかかったそうです。

 

 

イシグロさんは子供の頃から大きな池を作り、魚を養殖することが夢だったそうなので、長年の夢を一大決心してまで成し遂げたということです。

 




 

イシグロさんの次なる目標はサルナシ栽培でワイン加工!?

 

 

他にもキウイの一種である「サルナシ」という果実も栽培しているそうです。

 

 

こちらがサルナシの画像になります。↓

 

 

猿が好んで食べることからサルナシと名付けられた果物です。

 

 

15年前に、イシグロさんが山形を訪れた時に、道の駅で飲んだサルナシワインにハマったことで、サルナシ栽培にもハマり、ワイン加工をすることが目標となったそうです。

 

 

1tのサルナシを収穫することを現在は目標としている様ですね!

 

 

サルナシワインは酸味と甘みがあり、味もかなりのものだそうです!

 




 

まとめ

 

 

以上が、ポツンと一軒家のイシグロさんに関する情報となります。

 

 

若い内に一大決心して、山を購入してしまうのはとんでもなくすごいですが、それ以上に池を自分で作ってしまう行動力が凄すぎますね!

 

 

今回は1年ぶりの登場の様ですが、非常に興味深い内容になりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA