全米オープン放送(テニス)2020年のドローは!?会場や賞金、大坂なおみの優勝予想は!?錦織圭の参加は!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今年も日本時間で9月1日に開幕したテニスの四大大会のひとつ、「全米オープン」が開幕になりましたので…

 

 

2020年度の全米オープンテニスの会場やドロー、また大坂なおみ選手や錦織圭選手について、説明していきたいと思います。

 




 

全米オープンの詳細と2020年度の会場や賞金について

 

 

それではまず、2020年の全米オープンの会場や賞金について、公開します。

 

 

・開催国:アメリカ合衆国ニューヨーククイーンズ区

・開催会場: USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター

・優勝賞金総額:5,340万ドル(約56億3,000万円)以下、内訳

→優勝:300万ドル(約3億1,000万円)
→準優勝:150万ドル(約1億5,000万円)
→ベスト4:80万ドル(約8,400万円)
→ベスト8:42万5,000ドル(約4,500万円)
→4回戦:25万ドル(約2,600万円)
→3回戦:16万3,000ドル(約1,700万円)
→2回戦:10万ドル(約1,100万円)
→1回戦:6万1,000ドル(約640万円)

 

 

今年の全米オープンは新型コロナウイルスの影響もあり、初の無観客試合で実施となります。

 

 

また、予選無しの本戦からの試合となる様です。

 

 

1回戦の西岡良仁選手とアンディマレー選手の試合を例に見てみましょう。↓

 

 

いつもは騒がしいコロシアムですが、今回は静かで異様に感じますね・・・

 

 

ですが、選手たちはさすがプロということもあって、いつも通りの雰囲気で試合を行なっていますね。

 

 

この様な無観客試合ですが、「そしたら賞金も大幅減額か??」と思いきや、大幅減額にはならず、前大会比94%である5,430万ドル(約56億3,000万円)も出るそうです。

 

 

これはとても粋な計らいですね!

 




 

2020年全米オープンのドローは!?

 

 

それでは、ドローに関してはどんな感じでしょうか??

 

 

2020年の男子と女子のドローです。↓

 

 

ツイート上が男子、ツイート下が女子のドローとなっております。

 

 

男子からは日本人選手が5名エントリーしており、それぞれダニエル太郎選手、添田豪選手、杉田祐一選手、西岡良仁

選手、内山靖崇選手が出場します。

 




 

錦織圭選手は参加しないの!?

 

 

「あれ、錦織圭選手は!?」という人は少ないかもしれませんが、念の為説明しますと・・・

 

 

錦織圭選手は残念ながら、新型コロナウイルスに感染していたこともあり、今大会の参加を見送りました。

 

 

その代わり、オーストリアのキッツビューエルで行われるクレーコートの大会「ジェネラリオープン」に参加する予定だそうです。

 

 

一時期、肺への後遺症が残らないかが、ファンも心配しておりましたが、9月2日にアップしていた練習の様子を見る限り、現状はプレイしても問題はなさそうですね。↓

 

 

恐らく、クレーコートの前哨戦に参戦したのも、9月21日に開催予定の全仏オープンに向けての準備かもしれません。

 




 

2020年全米オープン女子テニス、大坂なおみ選手の対戦相手と情報について

 

 

大坂なおみ選手の1回戦の相手は同じく日本の土居美咲選手であり、左利きでグラウンドストロークを得意とした選手です。

 

 

土居美咲選手は世界ランキング81位で、2015年にルクセンブルグオープンでWTAツアー初優勝を飾り、2016年のウィンブルドンでは4回戦に進出し、その年にキャリアハイの30位に位置づけておりました。

 

 

今大会では大坂なおみ選手がストロークで押される展開が幾つかありました。

 

 

第一セットは大坂なおみ選手が6-2で取りましたが、第二セットは7-5で土居美咲選手が取り、ファイナルセットで大坂なおみ選手が6-2と勝利し、1回戦進出を物にしました。

 

 

続く2回戦はイタリアのカミラ・ジョルジ選手で、過去にWTAツアーでは2勝を挙げ、自己最高ランキングは26位を記録しています。

 

 

大坂なおみ選手にとっては格下の相手になり、結果として今回は大坂なおみ選手が6-1,6-2の圧勝で勝利しました。↓

 

 

3回戦の相手は18歳でウクライナのマルタ・コスチュク選手で、「かわいい」と話題になっています。

 

 

世界ランキングは137位ですが、1回戦ではダリア・カサトキナ選手を、2回戦では31シードのアナスタシヤ・セバストワ選手に勝利しました。

 

 

2回戦のセバストワ選手との試合ですが、サーブとフォアハンドが非常に力強いですね!

 




 

大坂なおみ選手が2020年全米オープンに優勝する予想は・・・!?

 

 

それでは大坂なおみ選手の優勝予想について、大手ブックメーカーのウィリアムヒル社のオッズを見て、確認してみますと・・・↓

 

(http://sports.williamhill.com/bet/ja/betting/e/15941878/全米オープン女子シングルス+%2d+トーナメント勝者.html より抜粋)

 

 

大坂なおみ選手が一番倍率の低いオッズとなっていますね!

 

 

ということは、今大会の大本命は大坂なおみ選手であり、優勝する可能性は非常に高いと予想されていることが分かります!

 

 

テニスなので、番狂わせもあることと、次点にセリーナ・ウィリアムズ選手がいるので、まだ確実に勝てるとは限りません。

 

 

まずはこのまま3回戦も快勝して欲しいですね!

 




 

あとがき

 

 

以上が2020年度の全米オープンに関する情報と概要となります。

 

 

今年は異例づくしの大会ですが、せめてWOWOWに加入している人は家で全米オープンを見ながらくつろぎましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA