知床遊覧船KAZU1座礁事故

桂田鉄三神社は遠音別神社「無人管理でコスト削減」知床遊覧船沈没事故

知床遊覧船KAZU1座礁事故

2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った知床観光船KAZU1が沈没事故を起こしました。

知床遊覧船の桂田精一社長の父親は斜里町元議員の桂田鉄三氏であり、更に桂田鉄三氏の運営する遠音別神社は人の気配がない無人の神社であることが明らかになりました。

桂田鉄三神社は遠音別神社「無人管理でコスト削減」

桂田鉄三氏の神社は北海道新聞でも取り上げられている通り、「遠音別神社」であることが判明しています。

『【斜里】オホーツク流氷祈願祭が14日、町ウトロ東の北こぶし知床ホテル&リゾートで行われ、観光事業者らが1日も早い流氷の到来を願った。

オホーツク観光連盟が主催し、1990年から毎年、網走市と紋別市、斜里町の持ち回りで開いている。

今年は新型コロナウイルスの感染対策として、例年の半数となる約50人が参加。遠音別神社の桂田鉄三宮司が神事を執り行い、玉串をささげた。』
(北海道新聞『流氷到来、心待ちに 斜里 観光事業者ら祈願祭』より抜粋)

遠音別神社は地図にも表示されるほどの神社。

桂田鉄三氏はこの遠音別神社でも偉い立場の宮司です。

ところが、そんな由緒ある遠音別神社は無人管理であることが口コミで明かされておりました。

『ウトロの 繁華街 から少し離れた
ウトロ西の「 お宿 来羅玖 」辺りに
山方面へ上がる道があります 。
しばらく上がると
「 鎮守 遠音別神社参道 」の
立て札 がありますした 。
そこから 森の中 をほどなく
進むと 鎮座 されておりました 。
本当に 森の中 なので
街中にある神社さんとは
一味違った 神秘的 な 雰囲気 が
漂っておりました 。
無人 なので 御朱印 はありません 。

登り坂の 途中 からの
海の景色 がとても すばらしかったです 。』

「無人」という口コミからも、遠音別神社は無人管理であることが見られます。

遠音別神社へ出向いたことがある人物の証言でも「無人で人の気配がない」と語られています。

森の中にあるのも理由だと思うんですが、人が出入りしている様子が見られなかったんです。神秘的ではありますけど、神隠しにでもあったかの様に感じました。(30代男性の証言)

実際に有名な神社程、宮司以外の人物が管理をしていることが一般的であると書かれておりました。

「法人化している場合は宮司=代表役員と言う事で宮司が管理者です。
その他、責任役員は最低でも2人いますのでその方々や総代に掃除など管理をお任せすることが多いかと。」

本来であれば宮司以外の人物が掃除や管理を任せることが一般的です。

しかし、遠音別神社は無人管理。

無人管理であれば、当然人件費がかからないことは一目瞭然です。

きっと神社の管理も無人にすることで人件費を抑えたかったのでしょう。

桂田鉄三神社は遠音別神社「宮司なのに常駐していなかった」

本来であれば、宮司は特に手入れや管理をする必要性が求められています。

『宮司は、神社において統括することがその職務なのですが、神事や祈祷などといった祭事のほとんどを取り扱っていきます。そのほか、一般的な職種同様に法人事務をも実施しています。

祈願所に文言を記載することや、祈祷や祈願などのほか清掃活動なども宮司が行う場合があります。そもそも神社には古来より、人間を看守し続けてきたという伝統を有するとともにその神社固有の神が存在しています。

この神社を手入れを怠ることなく維持し、伝統を保護することが宮司をはじめ、神職のする職務なのです。』

ところが、過去に遠音別神社へ訪問した人物のブログにも、桂田鉄三氏自身がおらず、常駐している気配すらありません。

以上からも、桂田鉄三氏自身もまた、手入れの手間などを省く為に無人状態にしていたのでしょう。

桂田鉄三氏は桂田精一氏が社長になる前は経営者を担っております。

『ご当地的案件……か(´-ω-`)

「有限会社しれとこ村の代表取締役者等で元陶芸家である桂田精一の父は、元斜里町議会議員で桂田鉄三であることがわかりました。

また、2003年に無所属で当選しており、その後2019年まで活躍していました。さらに、遠音別神社の宮司やホテル経営も行っていたようです。」』

きっと、経営の立場からも、桂田鉄三氏はいちいち神社へ足を運ばない方がコストダウンになると考えたに違いありません。

桂田鉄三は元斜里町議員「行政がKAZU1精密検査を甘くしたか」

ところで桂田鉄三氏は2003年に斜里町議員として活躍しておりました。

『また、2003年に無所属で当選しており、その後2019年まで活躍していました。さらに、遠音別神社の宮司やホテル経営も行っていたようです。』

桂田鉄三氏は北海道新聞でも掲載され、更にはオホーツク観光連盟でも数ある神社の中から宮司として招かれており、斜里町では権力のある人物と見られます。

(北海道新聞『流氷到来、心待ちに 斜里 観光事業者ら祈願祭』より抜粋)

そんな権力の強い桂田鉄三氏は桂田精一氏が継ぐまで、知床遊覧船のオーナーをしていた人物。

権力故に「KAZU1の精密点検が甘かったのではないか」という説も浮上しています。

『知床遊覧船のオーナーの桂田鉄三氏は、桂田精一氏の父親で斜里町議会議員。今回の事故3日前の中間検査では異常なしとされた。前年の精密点検である定期検査でも異状ないと診断を受けるが、座礁事故後であり船体に亀裂が入っていた可能性ある。しかし検査をパスしている。つまり行政の忖度が働いた可能性があると疑われる。』

KAZU1は今回の沈没事故が発生する前に、明らかな亀裂が発生しており、精密検査をパスするのは到底有り得ない話です。

一方、桂田鉄三氏は2019年に斜里町議員を落選しているものの、息子の精一氏は斜里町商工会でも副部会長に選ばれ、商工会役員永年勤続表彰もされるほどの人物。

桂田鉄三氏は議員を落選して以後も、息子の精一氏は斜里町で偉い立場をキープしています。

これは落選しても尚、桂田鉄三氏が斜里町内での権力が絶大である何よりの証拠です。

以上から、桂田鉄三氏の立場もあり、行政はKAZU1の精密検査を甘めにしたに違いありません。

桂田精一経歴が判明「校則厳しい学生生活から自由気ままな人生へ」知床遊覧船沈没事故
2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った知床観光船KAZU1が沈没事故を起こしました。 KAZU1を所有する桂田精一氏の経歴を調査した所、学生時代は規則の厳しい生活だった様子が見られ、その後は自由気ままな人生を送っ...
桂田精一父親は桂田鉄三氏「斜里町議員選挙で唯一落選の過去」知床遊覧船沈没事故
2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った知床観光船KAZU1が沈没事故を起こしました。 知床遊覧船の桂田精一社長の父親は遠音別神社の宮司でもある桂田鉄三氏であり、過去に斜里町議員選挙にも出馬しておりましたが、全立候...
有限会社知床遊覧船社長は桂田精一氏「経営ど素人の元陶芸家」カズワン沈没事故
2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った観光船KAZU1から「浸水した」との通報がありました。 有限会社知床遊覧船を調査した所、社長は「しれとこ村グループ」を束ねる桂田精一氏という人物であり、桂田精一氏は元々陶芸家...
知床観光船沈没の真相は船長にあった「岸壁付近を強行突破」KAZU1座礁事故
2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った観光船から「浸水した」との通報がありました。 カズワンという観光船が沈没したと見られますが、この理由について調査をした所、KAZU1船長が岸壁に当たるか当たらないかの場所を強...

コメント

タイトルとURLをコピーしました