くら寿司パワハラ自殺

くら寿司パワハラ上司名前はT橋氏か「他人に厳しく自分に甘い人間」週刊文春4月28日号

くら寿司パワハラ自殺

2022年4月21日発売予定の週刊文春にて、山梨県甲府市のくら寿司で店長を務める中村良介さんが上司からパワハラを受けて焼身自殺をしたことが暴露されました。

中村良介さんをパワハラした上司X氏について調査をした所、口コミに「T橋」という人物名がタレコミされ、更には他人に厳しく自分に甘かったとみられる人物像も次々と明らかになりました。

くら寿司パワハラ上司名前はT橋氏か「言葉を濁す回答が文春と一致」

中村良介さんの顔画像は公開されていませんが、中村さんが4月1日に焼身自殺をした場所は「くら寿司甲府上阿原店」であると判明しております。

『くら寿司上阿原店の駐車場ってネットに書いてあった。事件かな~

車中泊でタバコの後始末っていうのもありそう。』

『くら寿司こそ、吉野家以上に行くのを控えるべきだろう。
くら寿司甲府上阿原店って、俺の元いた職場近くだ。

店の駐車場で焼身自殺って、よほどだ。』

 

中村良介さんはこの「くら寿司甲府上阿原店」の店長を務めていたと見られます。

そして、中村さんへパワハラをした人物はスーパーバイザー(SV)であり、中村さんの上司に当たる人物です。

『しかし、今年の3月にスーパーバイザー(SV)のX氏が甲府に着任して以降、日に日に憔悴していったという。元従業員が証言する。

「Xは店長とは同期ですが上司です。関東出身なのになぜか関西弁を使う。アルバイトや部下など自分より立場が下の人には威圧的な物言いをするタイプ。常にイライラしていて、店長は目を付けられていました」
別の元従業員が明かす。
「Xが店舗に来た初日のことでした。昼のピーク時は寿司が流れるレーンを皿でいっぱいに埋めないといけないのですが、この日はできていなかった。キレたXは『おい中村! お前がレーンを埋めるって言ったんやろ! ちゃんとやれや!』と大声で怒鳴り始めたのです」
X氏は中村さんに頻繁に激高するようになり、出勤する度に罵声を浴びせた。』
(週刊文春『「くら寿司」店長が店の駐車場で焼身自殺した 従業員が悲痛告発する「上司のパワハラ」』より抜粋)

 

内容は店長の中村良介さんだけでなく、アルバイトや部下を含めた自分よりも立場が下の人物に対してのみ、威圧的な物言いをするタイプであることが明かされています。

このX氏に関する情報を調べた所、グーグルの口コミ欄に、T橋氏という人物が新たに浮上しておりました。

『パワハラあって電話してもわからないの一点張り、対応したのがT橋って方。人の命がなくなったのに一言で返してくるく○野郎』

 

パワハラに対して、「わからない」の一点張りで誤魔化す様子のT橋氏。

中村良介さんにパワハラをしていた上司もまた、「私からどうこういうことではない」と誤魔化す様子が見られます。

『退勤後のX氏を直撃した。
――中村さん(質問は実名・以下同)に罵声を浴びせたり叱責したのか。
「『こういう風にやるんだよ』と指導することはありましたが、そういうこと(罵声や叱責)は特に本人にはしていませんので」――大きな声で叱ったという証言がある。
「(声が大きくなり)大きな声かどうか、人によって基準があるじゃないですか。今もこう話していて、声が大きいと言う人もいれば、小さいと言う人もいる」――中村さんの死をどう受け止めているのか。
「彼とは同期ですので、やはり悲しいですし、ショックな部分もあります。彼自身も夢半ばというところで終えているので」――遺族に会うつもりは?
「ご遺族の方が大ごとにしたくないと言っていますし、私からどうこうというのもありませんので。申し訳ないですけど」』(週刊文春『「くら寿司」店長が店の駐車場で焼身自殺した 従業員が悲痛告発する「上司のパワハラ」』より抜粋)

 

口コミで暴露されているT橋氏と似た様な誤魔化し方からも、このT橋氏がパワハラ上司の正体である可能性が高いとみられます。

くら寿司パワハラ上司名前はT橋氏か「他人に厳しく自分に甘い人間」

実際にT橋氏と見られる人物は人の命が亡くなったことに対して「わからない」と答える人物。

しかし、過去にくら寿司甲府上阿原店で働いていたとみられる人物は「店長以外の上司は異常」ということを暴露しておりました。

『ここでバイトをやっていたのですが、店長除いた上司らは少し変というか異常な人で新人アルバイトの高校生にアレしろコレやれ命令するくせに自分らはただただ他の人の仕事ぶりを見ていたり、歩き回ったり、スマホをいじり、たまに仕事をする様子を見せていました。また、新人が少しでも失敗や間違いをするとすぐさま飛んできて遠回しに説教されていました。しかし新人でない人が失敗や間違いをしても見て見ぬふりをすると言う最低な上司がいます。
アルバイトを考えている方は少し考え直す必要があります。』

 

店長は中村良介さんのことですが、文春のパワハラ上司は今年の3月に甲府へ着任していた為、関わってはいないでしょう。

しかし、このパワハラ上司の前の人物もまた、新人アルバイトや高校生など、自分より立場が下の人には厳しい様子がタレコミされています。

実際にくら寿司でアルバイトをしたことがあるという方からも、「上司はスマホばかり見てる癖に従業員には偉そうに言う」ことが語られています。

くら寿司でアルバイトをしていましたが、上司は最悪でした。「サボるなよ」と怒鳴る癖に自分はスマホを見てばかり。この上司も言い訳の様に「おれは業務で使うからいいんだ」というアピールをして、ゲームアプリで遊んでました。(元アルバイト20代男性の証言)

そして、自分や自分よりも上の人物に対しては甘い様子が書かれております。

そうなると、中村さんにパワハラを行った上司もまた似た様に、「他人に厳しく自分に甘い」人間なのでしょう。

きっと、中村良介さんやアルバイトに対しては厳しく当たる一方で、自分自身には妥協して生きているに違いありません。

くら寿司パワハラが悲惨「殺害予告と人間以下の扱い」

ところで、くら寿司について更なる調査をしていくと、本社の上司やスーパーバイザーは「人間扱いをしない」「殺害予告をされる」など、あまりにも酷過ぎる実態が暴露されておりました。

『くら寿司って社員を人間扱いしてないって記事を見てから行ってないわ。こういう人を不幸にする企業は潰れた方がいい。』

『俺も5年位前にバイト3年位したけど、本社の上司の暴言は、酷かったな。
俺の時の店長は、耐えていたけど俺なら無理だと思ったよ。
平気で○すぞとか言ってた上司かな。
死ぬ前に、証拠出せよ〜(T_T)
命大事だよ。』

『くら寿司は飲食のなかでもパワハラ酷い
スーパーバイザーは10年以上前から殿様になったかのように社員に当たる』

 

実際に正社員として職についていた女性でさえも、役職が上の人物を中心にパワハラ行為を行っていた様子が明かされています。

『心身不調と長時間労働、シフト制のため不規則的な出勤時間。やりたいことができたため。適応障害になった。パワハラ的なこともたくさんあり、傷つくようなことを平気で言われた。特にアルバイトの男性や役職の方は体育会系のノリなのか怒鳴りつけたり、人を嘘つき呼ばわりしたりなど酷かった。見ていても気分が悪いし、他の従業員は見て見ぬふり。従業員心得というものがあるが、全くもって無意味。あと、マニュアルが機能していない。』

 

以上からも、くら寿司は上司になればなるほど、パワハラ行為を行う集団なのでしょう。

くら寿司はまさに半沢直樹に登場する「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」を絵に描いた様な会社。

そういった部下の頑張りと犠牲の上に成り立つ企業であり、人間以下の扱いを平気でしていたに違いありません。

くら寿司パワハラが悲惨「大企業に多い」

くら寿司の様に「パワハラ行為」を行う会社の特徴として、実は大企業であることが非常に多い。

まずは2019年にブラック企業大賞となった三菱電機。

三菱電機は過去に20代男性が上司のパワハラで自殺をしております。

『三菱電機では、19年に20代の男性社員が自殺し、21年に労災認定されている。上司によるパワハラが原因だったとみられている。』
(朝日新聞『三菱電機、年330件のパワハラ相談 214件解決、8件で懲戒処分』より抜粋)

 

三菱電機は言わずと知れた四大財閥の内の1つで、大企業です。

また、次に株式会社電通。

電通は過去に新入社員の高橋まつりさんを過労と上司のパワハラによって、自殺に追い込んだ企業です。

電通もまた、東証一部上場の大企業です。

そして、飲食店のワタミ。

ワタミもまた、ブラック企業大賞に選ばれたことがあり、過去に会長の渡邉美樹会長が「窓から飛び降りろ」とパワハラ発言をしたことがあります。

『「(ビル8階とか9階で会議中)いますぐ、ここから飛び降りろ!と平気で言う」』
(JCASTニュース『「いますぐビルから飛び降りろ!」 ワタミ会長「叱り方」に議論沸騰』より抜粋)

 

ワタミもまた東証一部上場の大企業です。

以上からも、くら寿司やワタミなど名前が知れた大企業がパワハラと大きな関わりを持っています。

きっと、こうしたパワハラを行う大企業が発展出来たのは部下の犠牲によって、成り立ったからなのでしょう。

恐怖心で支配したことによって、売上や業績を大きく伸ばすことが出来たからに違いありません。

【追記】くら寿司パワハラが異常「中村良介さん姉に脅迫行為」

くら寿司のパワハラについて、5月5日と12日合併号の文春が更なる衝撃的事実を公表しました。

焼身自殺で亡くなった中村良介さんのお姉さんに対してくら寿司社員が「文春に喋るなら訴える」と脅迫行為を行なっていたことが判明しました。

『姉が明かす。

「両親は社員の運転する車に乗って来ました。アパートの前で、社員の一人が弟の遺骨を胸に抱く父に向かって『息子さん、宗教をやっていて、おかしくなったんちゃいますか?』と言いました。怒りで絶句しました。弟の趣味は寺社仏閣巡り。部屋にはお守りやお札、置物があった。社員はそれらを見た上で宗教と言ったのでしょうけれど、息子を喪った親に投げかける言葉でしょうか」』

『翌日、現れたのは前回と同じ社員2人。「わざわざ買ってきたんですよ」と持参した菓子折りを渡すなり、記事の内容について弁解を始めたという。
「30分ほどずっと『息子さんの死はウチとは無関係だ』という話をしていたそうです」(同前)
社員の話は徐々に熱を帯びていく。そして、威圧的な口調でこう言い放ったのだった。
「これ以上文春さんとかに喋るんやったら、あなた方のこと訴えますよ」』
(週刊文春『「くら寿司は遺族を恫喝した」焼身自殺した店長の姉が告発』より抜粋)

 

くら寿司は遺族に対してもパワハラ行為を行う非道行為を行なっており、自らの会社の保身の為に中村良介さんの姉に対して脅迫を行なっています。

くら寿司は社員を人間扱いしない超ブラック企業。

多くの被害の声が見られます。

『ずっと前にくら寿司に内定した子が入社前研修か何か通ってて人間扱いされなくて辛いって会う度に元気なくなってて学校もバイトにも支障出てると結局どうにかして入社辞めて就活し直し頑張ってたなぁってのネットニュース見て思い出した。亡くなった方はホントに可哀想』

『みんなやたらとくら寿司庇ってるけど信じられん。
奴隷労働でこき使って、トラブルが起きたら末端のせいで逃げてるのは批判するべきでしょう。責任に見合った賃金を払って待遇も人間扱いして教育もケアもやって当たり前でしょう?こういう事こそくら寿司さんには率先してやってほしい。』

くら寿司は社員やバイトを奴隷扱いする企業。

くら寿司の役員は例え親族であっても、奴隷扱いした社員の親族もまた「奴隷」と考えているのでしょう。

中村良介さんのツイッターからは悲痛の叫びが見られます。

『まいったね 今日は◯にたい等の鬱を呟こうとしたけど被災地に申し訳なくて呟けない』

『揺れてるな』

『割と精神と肉体がすり減ってる』

『ほとんど寝ていない』

『何も食べずに休日出勤してきた むろん休憩もなく水分も朝からなにも摂ってない 感謝されるどころか不満を言われたり怒られる環境』

『食欲も眠気も湧かない』

『仕事のことを考えると吐き気がして胸が痛くなるまでになった』

 

この文面が残っていても、くら寿司社員は断固としてパワハラの事実を拒否しています。

『文春オンラインによると、自殺した店長は店の駐車場で自身の車に火を放ち、自ら命を絶ったとのこと。3月に着任した上司から日常的にパラハラを受けており、怒鳴り声がフロアまで響き客からクレームが入ったこともあったそうです。しかし、上司やくら寿司は、パワハラの事実を否認しているとしています。』
(ヤフーニュース『くら寿司“あぶりネタ”宣伝ツイートに批判集まる 「このタイミングであぶりって…」「二度と行きません」』より抜粋)

くら寿司にとってパワハラとは息をするのと同じ行為であり、中村良介さんへのパワハラも「パワハラ」とは認識出来ないのでしょう。

まさに哀れな企業集団とも言わざるを得ません。

404 NOT FOUND | RON'S JOURNAL
TV番組や芸能ニュースを中心とした情報を一挙公開!!
梅川治男作品降板女優は菅彩子か「ハメ撮り拒否で降板へ追い込み」週刊文春4月14日号
2022年4月7日発売予定の週刊文春にて、榊英雄監督や木下ほうかさん、園子温監督に加えて、今度は園子温さんの右腕プロデューサーである梅川治男さんの性加害の実態が暴露されました。 梅川治男さんは過去に性行為を断った女優を降板に追い込んで...
木下ほうかの性被害女優は渡辺麻友(まゆゆ)か「出世の為にAKBブランド利用」週刊文春
2022年3月24日発売予定の週刊文春において、木下ほうかさんも性加害の実態が暴露されました。 木下ほうかさんの性被害を受けた女優について調べていくと、まゆゆことAKBの渡辺麻友さんの可能性が浮上し、木下ほうかさんが芸能界で出世する為...
木下ほうか性被害の女優は三輪ひとみか「行為を拒んで脇役にされた」週刊文春4月7日号
2022年3月31日発売予定の週刊文春において、新たに3人の女優が俳優木下ほうかさんから性被害を受けた事が告発されました。 その内の1人であるY子さんについて調査を行なっていくと、過去に木下ほうかさんが映画監督を務めた「17才」の出演...

コメント

タイトルとURLをコピーしました