西田真愛ちゃん虐待死事件

船橋誠二容疑者(岡山県)は妻子持ちだった「自分の子供を殴って興奮してた」

西田真愛ちゃん虐待死事件

2021年9月に、岡山県岡山市で西田真愛ちゃんに虐待を加えた罪で、西田彩容疑者と交際相手の船橋誠二容疑者が逮捕されました。

船橋誠二容疑者について調査をした所、既婚者であり、妻子持ちだったことが発覚しました。
更に、自分の子供に対しても殴る蹴るの暴行をしていた噂が新たに発覚し、元々殴って性処理をする嗜好であることが判明しました。

船橋誠二生い立ちが判明「二面性を持つ偽善者へと変貌」
2022年2月9日、西田真愛ちゃんに虐待を繰り返して死なせたとして、西田彩容疑者と船橋誠二容疑者が逮捕されました。 船橋せいじの生い立ちを調査していくと、幼少期から心の闇を抱えており、二面性を持っていたと見られる内容が次々と明らかにな...

船橋誠二容疑者(岡山県)は妻子持ちだった「西田彩と不倫関係」

船橋誠二容疑者について調査をした所、新たに「妻子持ち」という情報が明らかとなりました。

『この男嫁が居る』

『>>30
そうだね。子供も二人いるそうだよ。まさにクズだな。』

『エーーー  男は家族持ちですか?
子供二人は、自分の子』

『年上女房が居るよ。』

 

船橋誠二容疑者について、「妻子持ち」という情報があり、更に年上の嫁と子供の存在が新たに発覚しました。

よって、船橋誠二容疑者は西田彩容疑者とは不倫関係であることが判明しました。

船橋誠二容疑者(岡山県)は「自分の子供を殴って性処理してた」

船橋誠二容疑者について更なる調査を行っていくと、自分の子供に対しても殴る蹴るの暴行をしていたことが新たに判明しました。

『この男はやはりというか、そういう趣向の人間です
自分の子供を殴っては動画に収めてオ○ニーしてましたから。』

 

船橋誠二は自分の子供に対しても、殴っては動画に収めて、性処理をしていた男であることが判明しました。

船橋誠二容疑者は西田真愛ちゃんに対しても、虐待撮影のスマホ動画が多数発見されており、明らかに変態的な人間である様子が見られます。

『昨年9月、岡山市北区の西田真愛ちゃん=今年1月に6歳で死亡=が虐待を受け、母親と交際相手の男が強要容疑で逮捕された事件で、虐待の様子をスマートフォンで撮影したとみられる動画が複数確認されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。県警は10日、2人を送検した。』
北國新聞「虐待撮影のスマホ動画が複数」より抜粋)

 

船橋誠二容疑者は西田真愛ちゃんに対しても、虐待の様子を動画に収めていることからも、子供の虐待動画が彼唯一の自慰行為の手段だったのでしょう。

船橋誠二容疑者のスマホからは西田真愛ちゃんだけでなく、自分の子供を殴った動画も収められているに違いありません。

船橋誠司容疑者は優しい父親を演じてた「殴られる様子を見ると興奮」

船橋誠二容疑者について調査をした所、船橋誠二容疑者の知り合いらしき人物が「嘘だろ」と呟いていたことがツイッターで明らかとなりました。

『誠二何やってんだよ⤵︎
同姓同名であってくれよ⤵︎』

 

このツイッター主は岡山県岡山市出身であることからも、船橋誠二容疑者の友人であることは間違いありません。

船橋誠二容疑者とはどんな人物なのか、岡山県岡山市在住で船橋誠二と知り合いの内装工の職人から証言がありました。

誠二は基本優しいお父さんで、自分の子供に対しても優しかったですよ?
だから、正直今でもあまり信じられませんね。
子供大好きな人ですから。(内装工職人)

 

船橋誠二容疑者は同じ内装工の職人からは「信じられない」というコメントが見られ、明らかに船橋誠二容疑者の裏の顔が現れていない様子が見られました。

しかし、その一方で「子供が殴られる場面に興奮していた」と話す中学時代の証言もありました。

確かに表向きは変な人には見えないけど、なんというか、趣向は昔から変わってましたね。人が殴られる映画が好きで、殴られる映画を見ると興奮してました。(中学時代の友人)

 

船橋誠二容疑者は元々表向きには変な人に見えないものの、裏側では「殴られる様子を見ると興奮する」変態的な趣向があったことが判明しました。

船橋誠二容疑者は外面だけは優しいお父さんを演じております。

しかし、趣向となると、話は別。

船橋誠二容疑者は大人の暴力的シーンでは満たされず、子供のあざや傷がつく様を鑑賞しながら、右手に力を込めて自慰行為をしたのでしょう。

船橋誠二容疑者は普通の趣向では満たされない性格だったに違いありません。

船橋せいじ容疑者は「支配欲が強い人間か」

船橋誠二容疑者の様に「サディスト」な男の特徴として、「支配欲が強い」ことが書かれておりました。

『対人関係や所有している物に関して、自分がしたいようにするという強引さを持っています。

好意を持っている人や恋人に対しては、完全に上位の立場につきたいという考えが人一倍強いケースも多々あります。

また独占欲も強いため、付き合った後の嫉妬や束縛が、通常の男性よりは強いと感じられることもあるでしょう。』

 

船橋誠二容疑者はニュースの報道でも見られる通り、西田愛容疑者にも容認させるくらいの変態行為を西田真愛ちゃんに行っています。

『逮捕されたのは、母親の西田彩容疑者(34)=岡山市北区=と、交際相手の内装工船橋誠二容疑者(38)=同市南区。県警は動画の内容を精査した結果、船橋容疑者が中心となって執拗に暴行を加え、彩容疑者は制止せずに実質的に虐待を容認していた疑いがあるとみている。』
REUTERS「虐待撮影のスマホ動画が複数」より抜粋)

船橋誠二容疑者は西田真愛ちゃんに変態行為をしながらも、西田彩容疑者でさえも静止しなかったことから、「完全に上位の立場につきたい」という考えを持っていることがよく見られる内容です。

西田愛容疑者もサディストな一面が確認されているものの、船橋誠二容疑者のサディストな嗜好は西田彩以上のものであることが見られます。

きっと、船橋誠二容疑者は支配欲が強い男性なのでしょう。

その支配欲の強さが自身の子供に対しても向けられてしまったことに違いありません。

船橋誠二容疑者は内縁の夫「虐待犯に多い」

ところで、船橋誠二容疑者の様に、虐待をする人物の特徴として、「交際相手」の位置付けであることが非常に多い。

まず、船橋誠二容疑者と同じ「内縁の夫」として、藤原一弥容疑者。

船橋誠二

藤原一弥容疑者もまた、「内縁の夫」の位置付けであり、暴行をした実行犯です。

また、船橋誠二と同じ「交際相手」の位置づけである虐待犯として、交際相手の息子に虐待をした小野乙容疑者。

船橋誠二

小野乙容疑者もまた、「交際相手」の立場であり、交際女性の息子に虐待をしておりました。

そして、船橋誠二容疑者と同じ「内縁の夫」として、松原拓海容疑者。

船橋誠二

松原拓海容疑者もまた、交際相手の女性の息子である新村桜利斗ちゃんに暴行を加えて死なせています。

以上から、虐待をする人物の特徴は決まって「内縁の夫」が絡んでおり、船橋誠二容疑者以外でも共通して見られます。

【追記】西田真愛ちゃんは窒息死「布団に巻かれて脳死した」

西田真愛ちゃんの脳死の原因について、新たに「布団に巻かれて死亡したこと」が明らかになりました。

『体を布団に巻かれた状態だったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。真愛ちゃんは脳死状態になり、今年1月に低酸素脳症で6歳で亡くなった。岡山県警は布団で窒息した可能性があるとみている。』
(産経新聞『布団で体巻かれ窒息か 岡山虐待事件の死亡女児』より抜粋)

西田真愛ちゃんは船橋誠二容疑者から日常的に布団に巻かれて苦しめられていたのでしょう。

人が苦しむ様子を観賞するのが船橋誠二容疑者の趣味。

船橋誠二容疑者の変態的行為はもはや度が超えているレベルであるのは、もはや一目瞭然です。

【追記】船橋誠二は変態男だった「真愛ちゃんを全裸で露出させてた」

船橋誠二容疑者は西田真愛ちゃんに対して、全裸で露出させて変態行為を行なっていたことが新たに判明しました。

『5歳の女児を家の中で長時間裸で立たせたなどとして、岡山市の母親と交際相手の男が強要容疑で逮捕された事件で、女児が意識不明で搬送される1年前にも、2人が夜間に全裸の女児を自宅から連れ出し、墓場に立たせて叱る虐待行為をしていたことが、関係者への取材でわかった。

男は「風呂で騒いでいたので、近所迷惑にならないように連れ出した。怖がる墓地に立たせて叱った」と説明したという。』
(Yahooニュース『全裸の女児を夜間に連れ出し、墓場に立たせて叱る…5歳女児死亡の1年前』より抜粋)

船橋誠二容疑者はあえて怖がる墓地に真愛ちゃんを全裸にして辱めの行為をしており、変態男であることが判明しました。

更に、船橋誠二容疑者は真愛ちゃんが怖がる墓地をあえて選んでいることからもより特殊な変態性が見られることはもはや一目瞭然です。

船橋誠二生い立ちが判明「二面性を持つ偽善者へと変貌」
2022年2月9日、西田真愛ちゃんに虐待を繰り返して死なせたとして、西田彩容疑者と船橋誠二容疑者が逮捕されました。 船橋せいじの生い立ちを調査していくと、幼少期から心の闇を抱えており、二面性を持っていたと見られる内容が次々と明らかにな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました