鬼滅の刃が女性に人気な理由とは?? 恋愛との意外な関係性を探る!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は芸能人とは全く関係ありませんが…笑

 

 

みなさんは「鬼滅の刃」という漫画をご存知でしょうか??

 

 

実はこのマンガ、最近は

 

 

「大人女性に非常に人気なマンガ」

 

 

となっており、かなり話題に取り上げられております。

 

 

「それが恋愛と何の関係があるんだ!!(怒)」

 

 

と怒られてしまうかもしれませんが、当然恋愛に関係ある話です。

 

 

今回はこの「鬼滅の刃」という漫画を題材にして、「なぜ女性を中心に人気であるのか??」を恋愛事情に絡めて、説明していきたいと思います。

 



 

さて、まずは「鬼滅の刃」をご存知でない方にも分かり易く説明しますが…

 

 

簡単に言えば「鬼退治」の物語です。

 

 

竈門炭治郎が鬼に殺された家族の仇討ちの為に、生き残ったものの鬼になってしまった妹の禰豆子と共に、鬼を倒すという物語です。

 

 

物語自体はアクションストーリーで、どちらかと言えば女性よりも男性向けに作られた漫画に思えます。

 

 

にも関わらず、なぜ「女性」の方に人気が傾いているのでしょうか??

 

 

結論をお話しすると…

 

 

「ギャップから感情に訴えかける物があるから」

 

 

だということです。

 

 

つまり、

 

 

「敵の鬼は必ずしも悪い訳ではなく、悲しみを背負っている」

 

 

ということが女性の感情に訴えかけるからこそ、読みたくなると感じさせるのかと思います。

 

 

ストーリーを知らない人に、さらに詳しく解説しますが・・・

 

 

この「鬼滅の刃」に登場する「鬼」というのは、元々が人間であり、鬼になると人間時代の記憶が無くなるものの、当時の辛い過去が鬼になっても潜在的に影響し、態度と性格に表れるのです。

 

 

これは「鬼なのに、悲しい過去を背負って戦う」という情緒に訴えかける物があるのです。

(今風で言うと「エモい」と言えばいいでしょうか?笑)

 

 

この様に、

 

 

「敵キャラの鬼は一見悪印象に見えるが、芯の部分は良心に満ち溢れている」

 

 

これが恋愛と同じ「良い意味でのギャップ」が働いて、女性を魅了する正体かと思います。

 

 

男性にも勿論人気はありますが、それ以上に「大人の女性」をメインに人気であることはこうした

 

 

「ギャップ」

 

 

による物だと思います。

 



 

ちなみにですが・・・

 

 

私が特に皆さんに読んで欲しいと思う場面は「猗窩座」という鬼が出てくる所です。

 

 

「猗窩座」は元々人間でしたが、同じ道場の師範「慶蔵」の愛娘である「恋雪」と恋に落ち、「恋雪」から逆プロポーズをされたというエピソードがあります。

 

 

しかし、同じ道場の者が「恋雪」を毒殺したことで、愛する人も失い、生きる意味を無くしてしまった為に、鬼になることを選んだ。

 

 

この様な悲しい宿命を背負うこととなりました。

 

 

最終的には、復活しようとした「猗窩座」ですが、回想で出てきた「恋雪」に抑止されて、人間として肉体が朽ち果てるという最期を迎えました。

 

 

こうした話はまさに「ギャップ」そのものだと思います。

 

 

「悪い鬼と思いきや、人間らしい優しさが秘められていた」

 

 

この様な設定に、女性の心を掴んだともいえるでしょう。

 

 

みなさんも恋愛活動の息抜きでも良いので、ぜひ一度「鬼滅の刃」を読んでみてください。

 

 

意外にも、女性心がわかるかもしれません。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です