鈴木杏樹と喜多村緑郎のホテル不倫について未だに鈴木杏樹だけが叩かれる理由について

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は今話題になっている鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫騒動に関して、未だに鈴木杏樹さんだけが中心に叩かれている理由について、説明していきたいと思います。

 

 

さて、鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんについてはこれまでにも載せていますが、不倫騒動で大きな話題となっていますよね??

 

 

特に喜多村緑郎さんの奥さんである貴城けいさんは喜多村緑郎さんは勿論のこと、未だに鈴木杏樹さんを中心に怒りをあらわにしている様です。

 

 

そんな鈴木杏樹さんですが、貴城けいさんは勿論のこと、ファンからも

 

 

「清楚のイメージがあっただけに不倫したのはショック」

 

 

という声があります。

 




 

喜多村緑郎さんよりも鈴木杏樹さんにバッシングが未だに集中している理由は何でしょうか??

 

 

実はこれも東出昌大さんと同じ様に

 

 

「不倫しそうにないイメージが付きすぎていたから」

 

 

なのです。

 

 

鈴木杏樹さんはそもそものイメージが「清楚系」であり、パッと見ても不倫しそうにない雰囲気が漂っていると思います。

 

 

役柄からも「清楚系」なイメージが多いですよね??

 

 

しかし、このようなイメージを持ちながら、「不倫」というマイナスな行動をしてしまうと

 

 

「信じられない」
「そんな人じゃなかったのに」

 

 

といった様に、「失望」へと変わってしまうのです。

 

 

これこそが今までお話しし続けていた

 

 

「恋愛においては良くないギャップ」

 

 

であり、女性へホテルに誘った途端に拒否される人の大半はこうしたギャップに陥ってしまっていることが多いです。

 




つまり

 

 

「最初は良い人のイメージだったのに、突然体目的だったと分かり幻滅」

 

 

というパターンです。

 

 

こうしたパターンに陥りやすい人の特徴として

 

 

「第一印象があまりにも普通に良過ぎた」

 

 

という傾向にあります。

 

 

こういう人は第一印象は欠点もなく、女性に優しくしてくれる人というイメージだったのに、蓋を開けて見ると

 

 

「結局は体だけが目的だった」

 

 

と女性に受け取られてしまいがちなのです。

 




 

とはいえ

 

 

「マイナスイメージなキャラを前面に出した方が良いということは分かっているが、中々それが出来ない」

 

 

という人もいるかと思います。

 

 

そういった人はずばり

 

 

「女性に嫌われることを極端に恐れている」

 

 

ことが多いです。

 

 

「ひょうきんなキャラでいきたいけど、〇〇に嫌われたらなあ…」
「普段チャラいけど、〇〇に嫌われたくないから、優しいキャラにしよう…」

 

 

この様に嫌われることを恐れて、普段のキャラクターさえ隠してしまう人がいます。

 

 

なので、この様に考えてみて下さい。

 

 

「マイナスイメージなキャラでも好きになってくれる女性はいる」

 

 

ということを。

 

 

マイナスイメージとは

 

 

「嫌悪する人もいれば、別段嫌悪する程でもない」

 

 

と感じる人に分かれます。

 

 

要は

 

 

「別段嫌悪する程でもない」

 

 

という人がいさえすれば、その人を中心にマイナスイメージなキャラを出しても、プラスな行動をしていけば

 

 

「好かれる」

 

 

可能性が高まるのです。

 

 

その為、この様に考えさえすれば

 

 

「俺の性格でもちゃんと受け入れてくれる女性はいるんだ」

 

 

と、前向きな気持ちで行動しやすくなります。

 

 

なので、女性から嫌われることを恐れずに、女性から好きにさせる行動を率先していきましょう!


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA