歌舞伎町トー横氏家彰さん殺人事件

氏家彰さん出身は宮城県仙台市か!「暴走族神風の仲裁役」歌舞伎町トー横殺人事件

歌舞伎町トー横氏家彰さん殺人事件

2021年11月27日、新宿歌舞伎町のビル街で氏家彰さんは亀谷蒼と関口寿喜ら4人に暴行を受け、殺害されました。

氏家あきらさんの出身地を調査した所、「宮城県仙台市」という情報を新たに発見。更に、暴走族でも仲裁役だったことも明らかになりました。

氏家彰さん出身は宮城県仙台市!「宮城神風の暴走族」

氏家彰さんの出身地について、宮城県であるとされる記述が爆サイ内にて発見されました。

『氏家彰って宮城神風の氏家彰?』

氏家彰さんの出身地を調査していくと、「宮城」神風」というワードが発見されました。

実際に「宮城」と「神風」について調査を行ったところ、「宮城県暴走族愚連隊」傘下の暴走族であることが明らかになりました。

『「宮城暴走愚連隊」傘下の暴走族「神風」による共同危険行為の検挙と傘下の暴走族により計画された集団暴走事案の事前阻止について』

そして、更に氏家彰さんの出身地について調査をしていくと、「仙台暴走族」「神風」というワードも見られました。

よって、氏家彰さんの出身地は「宮城県仙台市」である可能性が高いと見られる内容です。

氏家章さん出身は宮城県仙台市!「暴走族の仲裁役」

氏家彰さんは宮城県仙台市の暴走族在籍時にも仲裁役として一目置かれていた様子が爆サイにて語られていました。

『あきらは昔から正義感強くて、族にいた時も喧嘩の仲裁役。
そんな人をリンチしたガキどもは全員処刑にした方がいい!!!』

氏家彰さんの知り合いらしき人物が、氏家彰さんについて、「喧嘩の仲裁役」と語っている様子が明かされています。

氏家彰さんはヤフーニュースでも、正義感の強い仲裁役だった様子が書かれております。

「彼はトー横にやってくる少年少女たちが犯罪に巻き込まれないよう、自警団的な活動をしているという。」
(https://news.yahoo.co.jp/articles/038cc374442b8df40bf5307c58246babf13574d8 より抜粋)

氏家彰さんの正義感の強さはトー横キッズだけではなく、氏家彰さん地元の宮城県仙台市でもよく見られる内容です。

氏家彰さんは元々正義感の強い人物であり、地元でもその正義感を遺憾なく発揮していた人物と見られる内容です。

氏家あきらさんは「上京前DJしてたか」

氏家彰さんの出身地について調査を行った所、上京前にDJをしていたことが爆サイで語られておりました。

『あきらは上京前にクラブでDJしてたって聞いたことがある』

氏家彰さんはクラブでDJを務めていたとされる内容が語られておりました。

ところで、氏家彰さんについては既に顔画像が公開されておりますが、氏家彰さんはサウンドスピーカーを肩に担いでいる様子が見られます。

氏家彰さんの様子とDJの様子を比較すると、動きが似ていると言っても過言ではありません。

氏家彰さんは出身地の宮城県でもクラブDJとして人気の高い人物だったのでしょう。

そんなDJをしていた氏家彰さんの様子がありありと浮かびます。

氏家彰さん出身地は「不運な事件に巻き込まれやすい」

ところで、氏家彰さんの出身地は宮城県仙台市ですが、氏家彰さんの様に出身地が「宮城県」の人は不運にも犯罪や事件に巻き込まれやすいことが特徴です。

例えば、氏家彰さんと同じ出身地の人物として、2015年に通り魔によって中野区で殺害された宮城県出身の加賀谷理沙さん。

加賀谷理沙さんもまた、氏家彰さんと同じ出身であり、役者として苦労を重ねてきた人物でした。

また、氏家彰さんと同じ「宮城県」が出身の被害者として、宮城県芸術協会職員だった鈴木裕子さん。

氏家彰さんと同じ出身地の鈴木裕子さんもまた、不運にも強盗殺人に遭ってしまいました。

そして、氏家彰さんと同じ出身地の被害者として、2013年9月にトルコのカッパドキアで無差別的に殺害された栗原舞さん。

彼女の出身地もまた、氏家彰さんと同じ「宮城県」出身であり、突然命を奪われてしまいました。

以上から、氏家彰さんも同様に宮城県出身の人物は不思議にも不幸に見舞われやすく、氏家彰さんもまたその犠牲者だったと見てとれます。

氏家彰さん出身は宮城県仙台市!「由緒正しい米農家か」

氏家彰さんの出身地を調査していく中で、氏家彰さんは米農家の家柄だったのではないかということが爆サイで噂されていました。

『あきら氏は一部からは米農家の息子だって噂されてなかったか』

爆サイには氏家彰さんについて、米農家の息子ではないかということが噂されており、「あきら氏」と氏家彰さんを愛称で語っていることからもトー横キッズのメンバーによる激白の可能性があります。

ここで、氏家彰さんについて、新宿歌舞伎町の「TOHOシネマズ」近辺でたむろをしている氏家彰さんの知り合いから証言がありました。

あきらはあまり自分の経歴を語っていなかったけど、ここに来る前は「農家を継ぐ気がないから上京した」とは言ってました。

氏家彰さんが「農家を継ぐ」という証言があることからも実家であり、米農家であった可能性があります。

また、氏家彰さんの「氏家」という語源を調べていくと、格式の高い苗字であることが見られました。

『起源 宇都宮朝綱の子の公頼が下野国の芳賀郡氏家郷に土着して本貫とし氏家姓を名乗ったのが始まりといわれる。 しかし、紀氏を出自とする氏家公幹(長元元年(1028年)生 – 永長元年(1096年)1月11日没)が創始した氏家氏を公頼が継いだとする説もある。』

氏家彰さんの苗字「氏家」は古来から格式高い苗字であり、身分の高い人物だったことが見られる内容です。

氏家彰さんは出身地の宮城県仙台市でも、格式ある米農家だったのでしょう。

しかし、農家を継ぐことよりも人助けをしたいと考えた氏家彰さんは新宿へと上京したに違いありません。

そんな氏家彰さんの信念が結果として、命を失う運命だったと考えると、非常に無念な気持ちになります。

私は中学生の時に親友が車にはねられ、亡くしてしまった過去がありました。

その親友は他の人誰よりもはしゃぎやすい性格であり、そのはしゃぎやすい性格が災いして、亡くなってしまいました。

私自身、その親友のはしゃぎやすい性格を知りながらも、何も出来ず、今でも後悔をしています。

氏家彰さんについても、出身地宮城県の親族が上京を止めさえすれば、こんな事件に巻き込まれなかったに違いありません。

氏家彰さんは家族の元を離れてしまい、誰も引き止めてくれなかった状況を考えると、私の友人と重なる部分が多く、余計無念に思える悲しい事件となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました