エガチャンネルがyoutubeの登録者数100万人を成し遂げられたのはなぜか!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

エガちゃんこと江頭2:50さんのYouTube登録者数が10日も満たない内に100万人を突破したことで、大きな話題となりました。

 

 

これは国民的アイドルの「嵐」が、1日で100万人を達成したことに次いで、日本人2位の記録となりました。

 

 

今回はこの江頭2:50さんに着目して、「なぜアイドルに次ぐ人気があるのか??」を解説していきたいと思います。

 




 

ご存知の方も多いかと思いますが、江頭2:50さんの行動は過激な所がありますよね?

 

 

過去には、TVで全裸を披露したこともあり、猥褻物陳列罪で捕まったこともあります。

 

 

今回の動画も「お尻で書道」「股間でペットボトルロケットを受け止める」など江頭2:50さんらしい過激な動画がアップロードされていました。

 

 

下品な動画がアップロードされていたにも関わらず、この人気ぶりは一体何が原因でしょうか??

 

 

この理由をお話しする前に・・・

 

 

江頭2:50さんの他の動画についてもご覧になられた方はいませんでしょうか??

 

 

江頭2:50さんの名言について、言ったことがあるか否かというタイトルの動画ですが、視聴者の意見がいずれも好感度の高い意見となっているのです。

 

 

これは私も見ていましたが、江頭2:50さんが非常に人間として素晴らしい人だと感じさせる動画でした。

 

 

この様に好感度を集めているのはまさに常にお話しをしている

 

 

「ギャップ」

 

 

が深く関わっているのです。

 

 

以前に私は「ギャップの重要性」というタイトルでブログを書いたことがありますが・・・

 

 

「マイナスからプラスのイメージになると、好印象になる」

 

 

ということをお話ししました。

 

 

江頭2時50分さんは正直、決して第一印象がプラスなイメージではありませんよね??

 

 

むしろ、唾を飛ばしたり、抱きついてきたり、イメージは最悪と言ってもいいでしょう笑

 

 

ですが、人間として感動させる名言を持っていたり、心に刺さる言葉を持っています。

 

 

芯の部分は人間として素晴らしいとイメージをさせるものです。

 

 

なので、視聴者は嘘を付きません。

 

 

人気があるのも必至なのです。

 




 

この様に、「ギャップ」というのは使い方によっては人を感動させるものに変化します。

 

 

逆に使いどころを間違ってしまえば、悪印象を与えかねないということも覚える必要があります。

 

 

その例が最近話題の東出昌大さんの不倫です。

 

 

東出昌大さんについては最近のブログでも書いていますが、完全に

 

 

「プラスイメージからどん底のマイナスイメージ」

 

 

を与えてしまっているので、バッシングが止まない状態なのです。

 

 

これがアレクサンダーさんであれば、また印象が違ってくることもお話ししましたね。

 

 

同じ行為をしていても、

 

 

「プラスイメージとマイナスイメージが逆だから」

 

 

バッシングが起こりにくいのです。

 

 

もし皆さんがさらにモテたいのであれば、「ギャップ」は必然的に生かす必要があるということを覚えておいてください。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です