事件、事故関連ニュース

魚民虫混入は陰謀だった!「バイトテロの仕業か」赤羽東口駅前店Twitter画像炎上騒動

事件、事故関連ニュース

2021年11月16日、モンテローザが運営する居酒屋「魚民」の赤羽東口駅前店にて、ツイッターで「もつ鍋に虫が混入していた」という告発があり、批判が相次いで起こっています。

この魚民赤羽東口駅前店の虫混入について、「バイトテロにハメられたのではないか」という説やTwitter画像の虫は「モンテローザに恨みを持つ人物の犯行」である可能性などが新たに浮上しました。

佐賀野優雅容疑者(三重県)は美人!「津市アルファオメガの看板娘」スイス時計窃盗事件
2021年11月16日、愛媛県松山市内で知人の40代男性から6,500万円相当のスイス時計を盗んだとして、三重県津市の佐賀野優雅容疑者(23)が逮捕されました。 佐賀野優雅容疑者の住む三重県津市の地元民によれば、佐賀野優雅容疑者は三重...
福岡市天神当て逃げ犯人が判明!「半グレ所属のコイヘルペスか」歩行者天国車暴走事故
2021年11月14日の午後2時半すぎ、福岡市中央区天神の新天町の交差点で当て逃げ事件が発生しました。 車が走ってきた車に追突し、更に歩行者天国へ進入して標識をなぎ倒して無理矢理進んでいった当て逃げ事件となりましたが、福岡市天神で暴れ...
堀雄帆Facebook顔画像が判明!「髪薄くね」高校の5ちゃんスレッドで噂
2021年7月に18歳未満と知りながら栃木県内のホテルでみだらな行為をしたとして、同年10月8日に宇都宮市の中学校教職員の堀雄帆容疑者(31)が逮捕されました。 堀ゆうほのフェイスブックを調査した所、堀雄帆の顔画像が判明。 更には堀...

魚民虫混入は「バイトテロの仕業か」

魚民赤羽東口駅前店の虫混入炎上事件について、「バイトテロの仕業ではないのか?」という書き込みが5ちゃんねるや爆サイで多く噂されておりました。

『そんなうじゃうじゃいるなら白菜下ごしらえする時点で気づく 
店長不在を狙ったバイトテロにしか思えん』


『バイトテロやな…』


『バイトテロだろ!』

 

魚民赤羽東口駅前店の虫混入は多くが「バイトテロ」という噂をしていたことが明らかになりました。

実際に魚民赤羽東口駅前店の虫混入のツイート画像を見ると、虫の足の様な物が見られ、確かに魚民赤羽東口駅前店の虫混入は真実です。

しかし、明らかな虫混入の様子を指摘されたにも関わらず、魚民赤羽東口駅前店の店員の対応は「1人250円割引」と発言したり、「鍋の料金(のみ)はいらない」と非常に対応が悪いことで更に炎上をしております。

ここで、魚民赤羽東口駅前店の虫混入の様に「バイトテロ」を起こす人間の特徴について調べた所、バイトテロ関連の記事には「従業員のモラルが欠如している」ことが書かれていました。

『理由の一つとして、アルバイト従業員のモラルの低下があげられます。

近年のスマートフォンの普及により誰でも簡単にSNSに投稿ができる時代となったため、個人のSNSに対する危機意識が低下しています。
投稿した情報の受け手がどういう反応を示すのかを想像する能力の欠如、それがバイトテロを引き起こす要因と考えられます。

また、SNS上で「目立ちたい」「多くの人に見てほしい」という承認欲求が行為に対する良し悪しの判断を鈍らせていることも、大きく影響しています。』

 

「従業員のモラルが低い」という点は残念なことに、魚民赤羽東口駅前店の店員の対応の悪さを見れば、一目瞭然です。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入は噂通り「バイトテロ」によって、悪意ある従業員が仕組んだことだったのでしょう。

従業員全体のモラルが低下し、面白半分に虫が混入した白菜をすり替えた可能性も見てとれる内容です。

福岡市天神当て逃げ犯人が判明!「半グレ所属のコイヘルペスか」歩行者天国車暴走事故
2021年11月14日の午後2時半すぎ、福岡市中央区天神の新天町の交差点で当て逃げ事件が発生しました。 車が走ってきた車に追突し、更に歩行者天国へ進入して標識をなぎ倒して無理矢理進んでいった当て逃げ事件となりましたが、福岡市天神で暴れ...

魚民虫混入はバイトテロ!「類似事件共通点はパリピ系」

ところで、最近魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件に限らず、「バイトテロ」は非常に多く発生していますが、いずれも「パリピ系」の人間による行為であることが共通しています。

例えば、「バイトテロ」と噂されている魚民赤羽東口駅前店の虫混入の類似事件として、2013年に多摩大学の石井湧也によるバイトテロ事件。

魚民赤羽東口駅前店虫混入

石井湧也によって、アルバイト先の蕎麦屋「泰尚」は閉店に追い込まれてしまいました。

この石井湧也も見た目は「チャラ男」でパリピ感のある男性です。

また、「バイトテロ」と噂されている魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件の類似事件として、2021年10月17日にコレコレさんの生放送で話題となった高級焼肉店「牛牛」の岩塩なめ子によるバイトテロ事件。

魚民赤羽東口駅前店虫混入

この岩塩なめ子は仮名であり、本名は「るな」という名前で噂が広まっていますが、この岩塩をなめている女もまたパリピ系の女です。

そして、「バイトテロ」と噂されている魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件の類似事件として、カレーショップ「ココイチ」のアルバイトがカレーに陰毛を振りかけるという事件。

この犯人は「二宮孝文」と特定されていますが、二宮孝文もまた、パリピ系のチャラそうな男性です。

魚民赤羽東口駅前店虫混入

以上から、魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件の「バイトテロ犯」もパリピ系の男性もしくは女性である可能性が高いと見られます。

魚民赤羽虫混入画像は「モンテローザ社員の報復か」

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件について、「モンテローザに恨みを持つ人物の陰謀か」見られる噂が爆サイを中心に激白されておりました。

『社員による報復なのかね』


『また同業者の嫌がらせか』

 

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件について「社員による報復」や「同業者の嫌がらせ」などの説が浮上しています。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件について調べていく過程で、「モンテローザ」を調べていくと「モンテローザ やばい」という関連ワードが発見されました。

 

虫混入のあった魚民赤羽東口駅前店の親会社「モンテローザ」がなぜヤバイのかについて、モンテローザに関するとある記事の中には「仕事がきつい」「パワハラ社員がいる」ことも書かれております。

『モンテローザはヤバい!と言われる3つの真実
①仕事がきつい
②一部パワハラ社員がいる』

 

「1仕事がきつい

モンテローザが「やばい」と言われる1つ目の理由は、『仕事がきつい』点です。

人員不足で休日出勤があったり、過去には過労死の事案が出たりしているようです。」

 

「2一部パワハラ社員がいる

モンテローザが「やばい」と言われる2つ目の理由は、『一部パワハラ社員がいる』点です。

売り上げが悪いと、自腹で穴埋めさせられたり、降格処分になったりすることがあるとのことです。」

 

この内容を見るだけでも、「モンテローザ」がヤバいと言われている理由がよく見てとれる内容です。

よって、魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件は「モンテローザ」のパワハラや過酷な労働条件に一方的に恨みを持った人物、もしくはパワハラで退職した同業者による「バイトテロ事件」だった可能性も否めません。

福岡市天神当て逃げ犯人が判明!「半グレ所属のコイヘルペスか」歩行者天国車暴走事故
2021年11月14日の午後2時半すぎ、福岡市中央区天神の新天町の交差点で当て逃げ事件が発生しました。 車が走ってきた車に追突し、更に歩行者天国へ進入して標識をなぎ倒して無理矢理進んでいった当て逃げ事件となりましたが、福岡市天神で暴れ...

魚民虫混入は初めてではない!「過去にも虫が発見された」

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件を調べていく過程で、過去にも魚民やモンテローザで「水菜を頼んだら普通に虫がついていた」というタレコミが5ちゃんねるや爆サイで激白されておりました。

『昔魚民で鍋頼んだら水菜に普通に虫ついてたな 
店員呼んだら、あ〜本当ですね〜って言いながら水菜を下げたけど、代わりの野菜をくれなかったので水菜分損した気分だった』

『他の店だけどサラダに蜘蛛の巣張ってた事あったわ 
自分の分だけでなく連れの分も』

『モンテは大昔行った時、お通しが腐ってたから、それ以来行ってない。

もちろん、その日も腐敗を指摘して退店した』

 

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件以外にも「水菜に虫がついていた」「サラダに蜘蛛の巣が張っていた」「お通しが腐っていた」などのことが激白されておりました。

ここで、学生時代に魚民でアルバイトをしたことがある会社員男性に取材を行った所、「仕事がきつくて社員は死にそうになっていた」ことが更に証言されていました。

アルバイトも大変ですが、社員さんはもっと大変ですよ。深夜のスタッフがいないとシフトの穴埋めを自分でしないといけないですし、イラついている社員も多かったです。そんな余裕のない雰囲気なんで、アルバイトにも社員教育が行き届いていなかった部分は見られましたね・・・

 

過去魚民に勤めていた関係者の方によれば、「社員さんが大変でアルバイトの社員教育が行き届いてない面がある」ことを語られております。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件は「バイトテロ」の可能性が語られており、バイトテロを行う人間の特徴として、「アルバイト従業員のモラルの欠如」がありました。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入の「バイトテロ」事件が起きてしまう原因は社員が忙しくてアルバイト従業員の教育が行き届かなかった可能性も否めません。

魚民の様な居酒屋では社員もアルバイトも余裕がなく、社員に至ってはただ帰ってきたら寝るだけしかないという「ブラック」な環境であることが非常に多く見られます。

魚民赤羽虫混入はハメられた!「バイトテロで倒産危機も」

今回の魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件で一番嘆いているのは間違いなく運営会社の「モンテローザ」です。

「モンテローザ」はある意味、被害者と言える立場でしょう。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件は「バイトテロ」による可能性が非常に高く、「悪ふざけ」によって提供された白菜1つで一気に信用を失墜し、倒産しかねない事件の様にも見られます。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入の様に、石井湧也の「バイトテロ」によって店をたたむこととなってしまった泰尚。

1984年に創業し、20年以上の歴史を誇っていた蕎麦屋はこの「バイトテロ」騒動によって、倒産し、店主は負債を3,300万円も背負ってしまいます。

そんな損害を与えた石井湧也ですが、未だに自身の愚行によって倒産させた泰尚に対して謝罪の言葉もありませんでした。

この石井湧也の様に、今回の魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件も「バイトテロ」の仕業であれば、「モンテローザ」は「バイトテロ」によって会社の信用を失墜させたと言っても過言ではありません。

魚民赤羽東口駅前店の虫混入事件が「バイトテロ」の仕業であれば、当然許すことが出来ない事件と言えます。

実際に私は学生時代に牛丼チェーン店で働いていたことがありますが、別の店舗で冷蔵庫の中に入るという「バイトテロ」が発生し、1ヶ月以上店を閉める事態になったことがあります。

その1ヶ月の閉店によって、数千万円の損害を出してしまい、店長は地方の店舗へと飛ばされてしまったことがありました。

その店長と私は知り合い関係であった為、「バイトテロ」の愚行によって完全に出世コースから離れてしまったことは非常に悔しいと胸の内を語っておりました。

魚民赤羽東口前店の虫混入事件が「バイトテロ」であれば、その店長も責任を取らされてしまうのは勿論、会社が倒産する危機にも直面しかねない案件であり、非常に許すことが出来ない案件と見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました