相田貴史は浮気が原因でSHELLYと離婚になったのか!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回はSHELLYさんが夫でディレクターの相田貴史さんと離婚した話題が未だに続いておりますので…

 

 

「なぜ相田さんは離婚を切り出したのか??」

 

 

について、説明していきたいと思います。

 

 

このSHELLYさんと相田貴史さんの離婚については、去年の出来事なので、知っている人も多いかと思います。

 

 

そして、

 

 

「相田貴史さんから離婚を切り出した」

 

 

こともよくご存知だと思います。

 

 

ですが、この離婚について、実は

 

 

「既に相田貴史さんに愛人がいるから離婚したのではないか??」

 

 

と言われています。

 

 

つまり浮気ということですね。

 

 

相田貴史さんは離婚の際に、「今後浮気しない保証はないから離婚したい」と話していましたが、実際には既に浮気の疑惑があるのです。

 

 

それではなぜ

 

 

「相田貴史さんは離婚したいと考えたのか??」

 

 

が気になる所ですよね??

 

 

実を言うと、SHELLYさんの性格に嫌気が差していた様です。

 

 

要は

 

 

「SHELLYさんの気の強いわがままな性格」

 

 

に夫の相田貴史さんが嫌になったということが予想されます。

 

 

以上が原因で、既に相田貴史さんの中で我慢の限界となり、「離婚」に至ったのだと思います。

 

 



 

 

さて、ここから言わせてもらいたいことがあります。

 

 

それは

 

 

「浮気(不倫)された方が悪い」

 

 

ということです。

 




 

以前に加藤紗里さんと不動産会社の社長が超スピード離婚した時にお話ししたことがありますが、覚えていますでしょうか??

 

 

「旦那さんが離婚されてもしょうがない」

 

 

というお話しをしましたよね??

 

 

これは女性にも同じことが言えます。

 

 

反感を買うかもしれませんが何れにしても

 

 

「浮気(不倫)される方が悪い」

 

 

のです。

 

 

なので、離婚されてしまうのも

 

 

「離婚される方が悪い」

 

 

のです。

 

 

なので、男性に限らず女性も

 

 

「男性に一生一緒にいてもらえる様な努力をする」

 

 

必要がありますし、男性も

 

 

「女性があなたから離れられない魅力を日々怠らずにつけること」

 

 

が重要です。

 

 

離婚や破局に至ったら、相手のせいにするのではなく

 

 

「自分の女性に対する対応が悪かった」

 

 

のです。

 

 



 

 

さて、今回の離婚について、もう一つ私個人として、関心を抱いたことがあります。

 

 

それは何かと言うと…

 

 

「SHELLYさんが旦那のことを悪く言わない」

 

 

という所です。

 

 

あくまで、「自分が良くなかった」という姿勢を認めているかの様です。

 

 

ここ、すごく大事なのですが…

 

 

「振られても、離婚(破局)相手の悪口を言わないこと」

 

 

です。

 




 

自分の対応に問題があると分かっていても、中々相手に対する愚痴が収まらないのが普通です。

 

 

心のどこかで自分が悪いということを認められないからですね。

 

 

ですが、それでも

 

 

「振られたからと言って、その人のことを悪く言わない」

 

 

ということは、自分のことを客観視出来ることにもつながるのだと思います。

 

 

最近振られたという人や離婚したという人は、彼女や奥さんに対して、苛立ちを隠せない時があるかもしれません。

 

 

ですが、相手を悪く言わず、自分を改善することを磨いていくことで、更に良い女性に巡り合えると私は思います。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA