事件、事故関連ニュース

大槻渉ツイッターが判明!「非モテだった」宮城県登米市豊中こども園刃物事件

事件、事故関連ニュース

2021年11月9日、宮城県登米市の豊里こども園に刃物を持ち侵入して、子供を殺害しようとしたことで大槻渉容疑者が逮捕されました。

大槻渉のツイッターやインスタグラムを調べた所、twitterで「闇を抱えていた呟きをしていた」ことが判明し、その他にも大槻渉が「非モテだった」モテない男であることが書かれておりました。

大槻渉ツイッターとインスタグラム調査!

大槻渉のツイッターから調査を行いました。

「大槻渉」でツイッターを調べていくと、3個の大槻渉名義のツイッターアカウントが発見されました。

真ん中の大槻渉は明らかに本人とは無関係のツイッターアカウントでしたが、残り2個のツイッターアカウントのいずれかは本人の可能性も否めません。

「Wataru Otsuki」からもツイッターアカウントを検索した所、大槻渉のツイッターアカウントが2個発見されました。

しかし、この2つの大槻渉は名前違いであり、いずれのアカウントも違います。

以上4つのツイッターアカウントからは大槻渉と特定出来る情報はありませんでしたが、大槻渉本人のツイッターアカウントではないと否定は出来ません。

大槻渉のインスタグラムからも調査を行いました。

「大槻渉」からインスタグラムを調査した所、4個該当しましたが、いずれも特定に繋がる情報はありませんでした。

続いて、「Wataru Otsuki」からもインスタグラムアカウントを調査しました。

「大槻渉」で調べた時と同じインスタグラムアカウントばかりであり、発見されませんでした。

大月渉twitterとInstagramは「呟きが闇を抱えている」

ところで、大槻渉などの様に通り魔的な犯行を犯す類似事件の犯人のインスタグラムやツイッターなどのSNSの共通点として、「闇を抱えている呟き」が非常に多い。

例えば、大槻渉の類似事件として、2021年10月31日に京王線でジョーカーの格好をした服部恭太による無差別殺傷事件。

大槻渉

服部恭太のインスタグラムアカウントはアニメで埋めつくされている様子が見られるものの、服部恭太らしきツイッターの裏アカウントは「死にたい」や「生きてても希望がない」といったツイートが多々見られました。

『働いても地獄働かずとも地獄

結論この世は地獄』

 

『昨日はロープを首に着けるところまで行った。死ねなかった。弱くて仕方がない。どうすれば良いのか分からない。死にたい

うつ病なんてどうすればいいのか』

 

また、大槻渉の様な通り魔的犯行として、小田急線無差別殺傷事件の犯人、對馬悠介。

大槻渉

對馬悠介もまた、Facebookではリア充の様子がアップロードされているものの、ツイッターアカウントでは「騙された」と闇を抱えている様なコメントが呟かれていました。

『結論人なんて自分のことばかり。簡単に裏切りあってただ自分が楽しく生きる道を探してる。そんな人に明日を生きる価値はあるのか。約束というあいまいな物を2人で決めている男女が付き合ってる意味はあるのか。人間は謎すぎる。』

 

また、大槻渉の様な類似事件として、2008年に起きた秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大。

大槻渉

加藤智大はツイッターではなく2ちゃんねるの書き込みですが、ツイッターで書き込み内容を再現してアップロードされていました。

『皆さん無責任に行動してみろと仰いますけれど、
その行動結果に対しては誰も返事をくれません。
私が失敗しているのを酒の肴にでもしているのではないかと思います。』

 

以上の3つの類似事件からも大槻渉の様な通り魔的な犯行を犯す人物の共通点として、ツイッターやインスタグラムなどのSNSで「闇を抱えている」ことが明らかとなりました。

その為、大槻渉のツイッターやインスタグラムも闇を抱えた呟きやプロフィールに違いありません。

大槻渉は「幸せな家庭に絶望してた」

ちなみに、大槻渉のインスタグラムやツイッターアカウントに繋がる情報として、5ちゃんねるで大槻渉が「幸せな家庭を見てると死にたいとツイッターでコメントしていた」ことが噂されていました。


『こいつもしかして「幸せな家庭見てると死にたい」ってツイートしていたやつか??今はツイート消えてるけど』

 

「今はツイートがない」という情報からツイッターであることは間違いありませんが、ツイッターからツイート文を確認することは出来ません。

しかし、大槻渉のツイッターやインスタグラムのプロフィール画像が初期設定の状態だったとすると、大槻渉が「幸せな家庭を見てると死にたい」とツイートするのは何ら不思議ではありません。

大槻渉はツイッターやインスタグラムで「ヘルプサイン」を出していたのでしょう。

ところが、そんな大槻渉のツイッターやインスタグラムでの呟きは独り言としてスルーされ、結果として自暴自棄に幸せそうな子供を妬み襲い掛かったに違いありません。

大槻わたるは「非モテだった」

大槻渉のツイッターやinstagramを探していく中で、大槻渉の知り合いらしき人物が「非モテの根暗だった」ことが爆サイで噂されておりました。

『このやろうは昔っから根暗でモテなかった。彼女もいた感じにも見えないし、そのくせ陰口ばかり』

 

大槻渉のツイッターやインスタグラムでの呟きは見つからないものの、「幸せそうな家庭を見てると死にたい」とコメントを残していることから、大槻渉はかなり陰口を叩く根暗な人間だと窺えます。

ところで大槻渉の様にモテない男の特徴として、「ネガティブ発言が多い」ことが恋愛系ブログに書かれています。

『モテない男の特徴② ネガティブ発言が多い
「どうせ俺なんか」という発言ばかりの男性と話していると正直面倒くさい。「そんなことないよ~」としか言いようがないし、男なら自分に自信をもってほしいというのが女性の意見。この人と一緒にいても自分のためにならないと見切りをつけられてしまっているかも。逆の立場でも同じはず。自分の運気を上げるような男性を目指しましょう。』

 

大槻渉のツイッターやインスタグラムの呟きは爆サイの噂からもネガティブ発言のオンパレードと言っても過言ではありません。

大槻渉のツイッターやインスタグラムからはそんな非モテのオーラが滲み出る様なツイートだったのでしょう。

大槻渉は「Twitterで母親に暴言」

大槻渉のツイッターとインスタグラムアカウントを調べていく過程で、大槻渉が過去にツイッターで「母親に暴言を吐いていた」ことが爆サイのタレコミで明らかとなりました。


『渉って前に母親に暴言を吐いてなかった??ツイッターに「○ね」と「消○ろBBA」とか酷いことツイートしてて引いた…』

 

大槻渉のツイッターやインスタグラムアカウントを調べていく中で、大槻渉は母親にツイッターで暴言を吐いていたことを明らかにしていました。

この大槻渉のツイッターでのツイートも削除されて見れませんが、FNNの大槻渉の母親の証言によれば「暴れる時は暴れる」という自制心の効かない様子が語られていました。

『大槻渉容疑者の母親:
暴れるときは暴れる…』
(https://www.fnn.jp/articles/-/267655?display=full より抜粋)

一言ではあるものの、そこには大槻渉の母親が大槻渉の性格に相当苦労している様子が窺えます。

にも関わらず、大槻渉は母親にツイッターでも暴言を吐いていたとすると、とんでもない親不孝の息子と言えるでしょう。

そして、「犯罪者の母親」として扱われる大槻渉の母親があまりにも可哀想です。

私は過去に妹が小学校の時、同級生に暴力を振るわれて痣が出来てしまい、その時も暴力を振るった同級生の母親が謝りに来ていたことを今でも覚えています。

その時も暴力を振るった同級生が暴言を吐いて反省する気がなく、代わりに同級生の母親が謝っていた姿を見て、母親に同情し心が傷みました。

大槻渉の母親も悪くはないのに、大槻渉の犯した犯罪によって白い目で見られてしまっており、更には大槻渉がツイッターやインスタグラムで暴言を吐かれていると思うと、大槻渉の母親が本当に可哀想に思います。

大槻渉の母親は被害者であり、ツイッターやインスタグラムで暴言を吐くような大槻渉という息子を持って、本当に苦労していた様子が窺えます。

【追記】大槻渉顔画像が公開!「不潔にしか見えない」

豊中こども園を刃物で襲おうとした大槻渉の顔画像が公開されました。

ツイッターでも噂されていた通り、モテそうにない不審者にしか見えない顔立ちです。

また、髪も乱れており、如何にも女性が最も嫌う「不潔」の第一印象が滲み出ています。

大槻渉はツイッターでも典型的な非モテ男子の印象が多々見られましたが、見た目の第一印象ですらもモテそうにない残念なイメージです。

新たな情報が入り次第、引き続き追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました