事件、事故関連ニュース

森川奈緒子Facebook顔画像が判明!「勘違い女だった」山形市放火未遂事件

事件、事故関連ニュース

2021年11月5日、70代男性の住宅に火を付けたことで山形県山形市在住の森川奈緒子が放火未遂で逮捕されました。

森川奈緒子のFacebook顔画像を調査した所判明し、更に森川なおこを調べていくと「勘違い女だった」ことや「倍返ししないと気が済まない人物」であることが爆サイを中心に明らかとなりました。

森川奈緒子Facebook顔画像が特定!

森川奈緒子のFacebook顔画像を調べていくと、森川奈緒子本人らしきフェイスブック顔画像付きアカウントが2個発見されました。

いずれの「森川奈緒子」のFacebookアカウントも事件が起きた「山形県山形市」です。

そして、いずれも森川奈緒子のFacebookアカウントの顔画像は「同一人物」の顔写真が写っています。

更に、森川奈緒子のFacebookアカウント2つには共通して「山形県山形北高等学校」の入学と卒業記録があり、1990年4月〜1994年3月31日まで在籍していた記録がありました。

森川奈緒子は現在46歳なので、1974年〜1975年生まれ。

そうなると、森川奈緒子は1990年の時点で15〜16歳となり、この森川奈緒子の顔画像付きフェイスブックアカウントはほぼ間違いなく本人のアカウントであると言えます。

森川直子ツイッター顔画像が特定!「自撮り好きだった」

森川奈緒子の顔画像はツイッターにも2アカウント発見されております。

いずれの森川奈緒子の顔画像付きツイッターアカウントもフェイスブックにアップされているアカウントと同じです。

この2つの顔画像付きツイッターアカウントも森川奈緒子本人の物で間違いありません。

森川奈緒子のツイッターやフェイスブックの顔画像を見ると、いずれも携帯で鏡を見ながら自撮りをする森川奈緒子の姿が写されています。

森川奈緒子の様自撮りをする女性の特徴として「自分大好きなナルシストの側面がある」ことが書かれています。

『自撮りする女の心理や特徴1つ目は、自分が大好きだと言うことです。ナルシストで自分の顔が大好き。暇さえあれば、自分の顔を鏡で見ているような女性なのです。自分のメイクや良く見える顔の角度なども研究しつくしていて、いかによく自分が映るかに一生懸命なのです。
自己愛が強く、自分を過大評価しすぎて周囲から失笑をかうのがこのタイプです。自撮り投稿をせずにはいられない一種の病気みたいな女性もいますよね。特に自撮り嫌い女子はこういう女が苦手です。自撮り嫌いな人は自分の顔にコンプレックスがあり、顔の欠点ばかりに目がいってしまうため、自撮りをしたいと思わないのです。』

 

森川奈緒子のツイッターやFacebook顔画像を見ると、明らかな自撮り姿であり、わざわざSNSにアップしているくらいです。

森川奈緒子はよほど、自分の顔に自信を持っているナルシストな側面があると見てとれます。

森川なおこFacebook顔画像が判明!「勘違い女だった」

森川奈緒子のFacebook顔画像を調べていく過程で、爆サイでは森川奈緒子の学生時代の同級生らしき人物が「勘違い女だった」ことを明かしています。


『森川奈緒子の同級生です。この人は勘違い女と言われてて女子からも男子からも嫌われていました。いかにも「私ってモテるでしょ」みたいな振る舞いでしたが、男子に相手にされてませんでしたね。』

 

森川奈緒子の顔画像からも「ナルシスト」の様な一面が見られる通り、森川奈緒子が「勘違い女」である人物像が語られていました。

ここで森川奈緒子と同じ山形北高等学校の男子同級生からも証言を頂きました。
(取材協力ありがとうございます。)

彼女はポジティブというか、勘違い女でした。「私みたいに〜」とか「私はまあそこそこかわいいんだけど〜」みたいに軽くマウント取ってくる所はありましたね。めちゃくちゃ可愛いわけじゃないから「勘違い女だな」って思ってました。

 

この森川奈緒子と同じ高校の男子生徒からも勘違い女だった様子が激白され、森川奈緒子は特にものすごいかわいい顔写真でもないのにマウントを取って勘違いする様子も語られています。

森川奈緒子のツイッターやフェイスブックは明らかに自撮りの顔写真が見られました。

森川奈緒子はかなり自撮りに対して目線を意識している様子があり、フェイスブックからは「素敵です」という友人からの答えに「ありがとうございます」や「いいね」ボタンを押す森川奈緒子が写されています。

よって、「勘違いが激しい女性」だったことはこの森川奈緒子のFacebook顔画像やツイッターなどのアカウントを見ても、一目瞭然です。

森川奈緒子は「気に入らないと倍返しにしてた」

森川奈緒子のFacebook顔画像を調べていく過程で、森川奈緒子が「気に入らないことは倍にして返す」性格だったことが同級生らしき人物が爆サイで激白をしていました。


『森川さんは気に入らないことがあると直ぐ倍にしてやりかえさないと気が済まなかった性格です。』

 

森川奈緒子の顔画像を調べていく中で、「倍にしてやり返さないと気が済まない性格」が語られています。

ところで森川奈緒子の様に「倍にしてやり返さないと気が済まない性格」と言えば、花森弘卓容疑者。

花森弘卓も「倍にしてやり返さないと気が済まない性格」であり、被害者男性は花森弘卓がしつこいからLINEブロックをしたのに、逆恨みして硫酸をかけられた事件でした。

今回の森川奈緒子のニュースからも被害者の70代男性とは顔を見たことがある程度で、そこまで大きな関わりはないことが報道されています。

被害に遭った男性は森川容疑者の顔をみたことがある程度で、警察はトラブルの有無など放火の動機を調べている。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/91ebfe6f5fe86bfe086d0928f0b64bbbd57cd03c より抜粋)

この事実からも、森川奈緒子も花森弘卓と同じ様な性格であり、フェイスブックやツイッターなどの顔画像の様子からも逆恨みをしやすい性格の持ち主だった可能性があります。

森川奈緒子は「寂しい40代独身女性だった」

森川奈緒子のFacebookやツイッターのアカウントを見ると、自撮りの顔画像の他、インコを飼っている様子やツイッターでの呟きがチラホラと見られます。

そして、森川奈緒子はFacebookアカウントから見られる通り、「独身」のステータス。

顔画像を自撮りで撮ったり、ツイッターやフェイスブックで呟くのは「独身である私に構って欲しい」という表れの様にも見られます。

そして、森川奈緒子の様に40代独身女性についての「あるある」を調べていくと、婚活関連の記事に「おひとりさまで楽しむ趣味がある」ことを語られています。

『おひとりさまで楽しむ趣味がある
ランニングやヨガなどカラダを1人でできる運動などにハマっている女性、ジャニーズアイドルやK-POPアーティスト、ミュージカル俳優にハマっている女性、陶芸や絵画などのアートを嗜む女性、ペットとの生活を楽しんでいる女性、パワースポットや占いにハマッている女性……。あなたの身近にもそんな40代独身女性はいませんか? おひとりさまで楽しめる趣味を持っていると、1人でいることがさみしくないと思う傾向にあります。特にアイドルやアーティスト、俳優などの2.5次元にハマっている人。趣味が擬似恋愛となってそれなりに満たされているので、3次元の男性を必要としなくなっている可能性があります。』

 

森川奈緒子のツイッターやフェイスブックからは「カフェ」「野球」「GRAY」「東北楽天非公式ファンクラブ」など幅広く多趣味な様子が見られます。

森川奈緒子は「独身」を拗らせてしまい、婚期を逃してしまったのでしょう。

森川奈緒子はその寂しさを埋める為に、おひとり様でも参加出来る様な趣味に走り、「結婚」から現実逃避していたに違いありません。

森川奈緒子のFacebookやツイッターの顔画像からは「そんな私に構って欲しい」と言わんばかりの声が今にも聴こえてきそうでなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました