加藤紗里と結婚した旦那さんがあまり不憫に思えない理由について

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回はちょうど昨年の9月に、不動産会社の社長と結婚した加藤紗里さんが、超スピード離婚をしていたと報道がありましたので・・・

 

 

「加藤紗里さんと結婚していた元旦那さん」

 

 

から見た恋愛事情について、説明していきたいと思います。

 

 

さて、加藤紗里さんと言えば、結婚相手の条件に

 

 

「男は金さえあれば良い、金で愛が買える」

 

 

と発言し、周囲から物凄いバッシングを受けていました。

 

 

今回のスピード離婚についても

 

 

「結婚するまでの3ヵ月間で1億円以上使わせたことで経営が傾いてしまった。金がない男になったので、興味が無くなった」

 

 

と発言し、お金が無くなったことで、直ぐに離婚をしたことを暴露しました。

 

 

ちなみに、結婚を発表した9月からなんと別居していた様です。

 

 

現在は別の新恋人を作り、ツイッターでUSJに行っている姿をアップしていました。

 

 

この新恋人についても、「金」を目的としていることに変わりはない様です。

 




 

ここまでが加藤紗里さんが超スピード離婚に至った経緯ですが、既に離婚した前の旦那さんについて、世間の反響としては

 

 

「旦那さん、散々搾取されてかわいそう・・・」
「離婚出来て良かったね」

 

 

といった、同情のコメントが寄せられています。

 

 

しかし、その一方で

 

 

「金がない男なんて、離婚して当然」
「旦那さんが実力不足なだけ」

 

 

という意見もあります。

 

 

賛否両論に分かれてはいますが、私の恋愛観で見た意見としてはタイトルにもある通り

 

 

「旦那さんが離婚したのは仕方がなく、不憫には思わない」

 

 

という考え方です。

 

 

「RONも加藤紗里の味方をするつもりなのか!?」

 

 

という人もいるかと思います。

 

 

ですが、「恋愛」的な見方でお話しするならば、

 

 

「元旦那さんが加藤紗里さんにメリットを与える力が不足していた」

 

 

ことが超スピード離婚の大きな原因であったことは事実です。

 

 

そもそも加藤紗里さんは当初から

 

 

「お金のない男はクズ」
「悔しかったら、稼いでみろ」

 

 

と豪語しており、旦那さんにも話していたかと思います。

 




 

なので、結論として

 

 

「旦那さんが加藤紗里さんと結婚してしまったこと自体に責任がある」

 

 

ということなのです。

 

 

まとめますが…

 

 

加藤紗里さんをいくら「冷徹だ」「非情だ」とバッシングしても、結局は

 

 

「男女の関係もメリット同士の繋がり」

 

 

なのです。

 

 

加藤紗里さんの場合はあまりにも極端だから批判の対象となってますが、離婚する大半の人も

 

 

「その旦那さん(奥さん)にメリットが無くなったから、離婚する」

 

 

のです。

 

 

その為、世間では「最低女」と批判をされてはいますが、結局はこれも

 

 

「メリットが無くなったから別れた」

 

 

ということになるのです。

 

 

一般的な破局や離婚と、状況は変わりありません。

 




 

なので、このような状態にならない為にも

 

 

「女性のメリットは欠かすことなく与え続けること」

 

 

が必要になってきます。

 

 

これは付き合った後でも前でも同じことです。

 

 

とはいえ、私は加藤紗里さんの「男性に対する要望」はあまりにも高すぎると思っていますが笑

 

 

女性も一般的には「年齢を重ねる毎に男性から求められにくくなる」ので、加藤紗里さんの考えがこのまま数十年も続くのであればきっと後で後悔するでしょう…

 

 

以上から、「あまりにも条件のハードルが高すぎる女性」ばかりに時間を使うのはオススメしません。

 

 

あくまで、

 

 

「おれについて来ないなら興味はない」

 

 

という感覚を持ち続けて、恋愛活動をしましょう!


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA