ユッキーナとフジモンが離婚になった決定的理由とは??

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回はちょうど話題になっていましたが・・・

 

 

「FUJIWARAの藤本敏史さんとユッキーナこと木下優樹菜さんが離婚した」

 

 

ということで、この2人の恋愛事情について、説明していきたいと思います。

 

 

さて、実は私、昨日「美女と野獣婚」について、ブログに記事として載せていましたが、そこで藤本敏史さんと木下優樹菜さんのことを例に載せました。

 

 

その直後にまさか離婚するとは思っていませんでしたが・・・

 

 

この2人の離婚についても、恋愛事情に絡めて説明が出来ますので、早速解説していきます。

 

 

木下優樹菜さんについては、最近では「タピオカ恫喝」が記憶に新しいのではないかと思います。

 

 

恐喝まがいのDMをタピオカ店のオーナーに送ったことで、木下優樹菜さんに避難が殺到しましたね。

 

 

離婚についても、この「タピオカ事件」が発端と考えられています。

 

 

しかし、結論としてはこれが原因ではないと、私個人は考えております。

 

 

そもそも、2人の仲は1年前から悪くなっており、別居状態が続くなどの悪化状態であったということです。

 

 

実際、一部の報道でも、同様に「タピオカ事件」が原因でないとされており、その別居のきっかけとされているのが

 

 

「フジモンがユッキーナを強い口調で怒り散らしたことが原因」

 

 

の様です。

 

 

それ以降、関係が悪化し、一緒に暮らすことが出来なくなったということです。

 

 

実は私自身も「フジモンが怒り散らした」ことに「離婚の決定的な要因」があるかと思っています。

 

 

木下優樹菜さんは皆さんもご存知ですが、元ヤンです。

 

 

それ故にかなり自我も強く、気が強いことで知られていますよね。

 

 

ですが、加藤浩次さんが言うには「本当はかなり素直な子」で、悲しい時も隠さずに表に出す様なのです。

 

 

実際に藤本敏史さんと木下優樹菜さんが結婚したきっかけも

 

 

「悲しい時に、藤本さんが優しく受け止めてくれる様なことを言ってくれたから」

 

 

なのです。

 




 

よって、木下優樹菜さんが真に求める男性像とは

 

 

「自分の喜怒哀楽を受け止めてくれる様な男性」

 

 

なのではないかと思います。

 

 

元々、木下さんは「元ヤン」という経歴を持っているので、周りから褒められた経験が少ないのではないかと思います。

 

 

なので、この男性像を求めるのは

 

 

「自分を認めてくれる(共感してくれる)男性を探している」

 

 

表れなのではないかと思います。

 

 

今回の「タピオカ恫喝」においても、

 

 

「あなたたち(タピオカ店)、自分たちが酷いことをしたって解ってますよね??」

 

 

といった様に、認めて欲しいことを表したのではないかと思います。

 

 

そして、今回離婚の原因とされている「フジモンがユッキーナを強い口調で怒った」ということは、恐らく

 

 

「私の考えが解ってもらえない→もうこの人と一緒にいてもしょうがない」

 

 

と結果に繋がってしまったのだと思います。

 

 

私個人としては、藤本敏史さんも木下優樹菜さんも「自己主張が強い」方なので、離婚はあり得るのではないかと思っていましたが・・・

 




 

以上から、直接の離婚の原因はタピオカではなく、

 

 

「ユッキーナが求める男性像から、次第にフジモンがかけ離れていった」

 

 

ことが大きな原因であると考えております。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA