大阪府摂津市小児虐待事件

行歩寿希韓国人説はデマ!「本当は中国人だった」摂津市おりとちゃん虐待事件

大阪府摂津市小児虐待事件

2021年10月27日におりとちゃん母親の行歩寿希容疑者が逮捕されました。

行歩じゅきについて調べていくと、実は「韓国人」説はデマであり、本当は中国人だった可能性が高いことが新たに明らかとなりました。

中国人特有の顔の他、爆サイでは「中国香港に帰りたい」と語っていたことも明かされています。

行部寿希韓国人説はデマ!「本当は中国人だった」摂津市地元民激白

行歩寿希は韓国人という噂がありますが「デマ」情報の可能性が高いと判明しました。

まずは爆サイで「行歩寿希が韓国人ではない」というコメント。

『行歩が韓国人って言ってる人いるけど、彼女は中国人です。』

 

爆サイで行歩寿希の知り合いらしき人物から、行歩寿希が韓国人ではないことがはっきりと語られています。

そして、行歩寿希が韓国人ではなく、本当は「中国人」であることが同時に明らかとなりました。

同時にガールズちゃんねるでも行歩寿希が「韓国人」ではないことが語られています。

『行歩寿希が韓国人って噂はウソっぽいですね。』

 

この様に行歩寿希の韓国人説については「デマ」である説が匿名掲示板で次々と明かされています。

行歩寿希韓国人説はデマ!「Facebook行歩は中国人ばかり」

ところで、行歩寿希が韓国人ではなく中国人であることを調査していく過程で、フェイスブックでも「行歩」という苗字を調査しました。

幾つか行歩寿希以外にも「行歩」姓のフェイスブックアカウントが発見されました。

すると「行歩」の「歩」が中国語表記になっているFacebookアカウントが見られます。

また、もう一方は顔画像の下に「Ching chong」という中国語の発音が書いており、韓国人ではなく中国人女性のアカウントでした。

また、行歩寿希について調べていくと、「Xing Bu」というFacebookアカウントが見られます。

行歩寿希の苗字「行歩」の中国語発音の表記をそれぞれ調べたところ、「行」は「Xing」、「歩」は「Bu」であることが書かれていました。

行歩寿希の「行歩」をそれぞれ韓国語読みで調べると、「行」が「haneg」、「歩」が「geo-luem」という読みです。

行歩寿希の苗字「行歩」を調べると「Xing Bu」であり、殆どが韓国人ではなく中国人ばかりです。

行歩寿希が中国から帰化したと考えると、中国語名「行歩」を苗字にした可能性が高く、韓国人説よりも「中国人説」の可能性が非常に濃厚です。

行歩寿希は中国人の顔「丸顔で細目」

行歩寿希は韓国人と噂されていますが、行歩寿希の顔画像からも「中国人」の可能性が非常に高いです。

行歩寿希は成人の画像だと化粧でわかりにくくなっていますが、中学のアルバムを見ると目元が細いことが見られます。

中国人の目の特徴を調べたところ、行歩寿希の顔の様に「目元が細い」ことが特徴として挙げられています。

更には、行歩寿希の様な韓国人ではなく、中国人の顔の特徴について、「顔が丸い」ことが書かれています。

行歩寿希の顔や目からは中国人の特徴が全て当てはまっています。

こんなにも細い目や丸い顔の特徴が当てはまる韓国人なんてまず有り得ません。

間違いなく行歩寿希は韓国人ではなく、中国人であると言えます。

行歩じゅき韓国人はデマ!「香港に戻りたがっていた」

ここで行歩寿希は韓国人ではないことを調べていく過程で、行歩寿希が「中国に帰りたい」ということを友人に相談していたことが爆サイで明らかとなりました。

『うん、じゅきちゃんは韓国人じゃないよ笑
日本人ではないけど、中国人だね。そろそろ香港に帰った方がいいかなって言ってたし。』

 

友人が行歩寿希について、「韓国人ではない」ことと「香港帰った方がいい」と、まるで自分の国に戻ろうとしていた様な内容を語っていたことが明らかにしました。

そうなると、行歩寿希は「韓国人」ではなく「中国人」から帰化した可能性があります。

ここで行歩寿希と過去に親密な関係だった男性から証言をしてもらった所、行歩寿希が「八角を使った料理をよく作っていたことが明らかされていました。

寿希は中国好きですね。間違いなく。料理食べにいった時も八角使った肉とか魚とかが多かったですから。

 

行歩寿季が料理でよく使う「八角」を調べてみると「中国やベトナムを原産として使われる」ことが記されています。

『中国からベトナムにかけてが原産の「トウシキミ」と呼ばれる木の果実を乾燥させたものが八角だ。花は赤褐色をしており、果実が加工されて香辛料となる。八角はその独特な香りが特徴だが、その主成分が「アニス」と同じであり、香りも似ていることから「スターアニス」とも呼ばれる。ただし八角はシキミ科の樹木、アニスはセリ科の一年草なので植物としては別の種類だ。』

 

行歩寿希が料理に使っていた八角は中国圏で使われるスパイスであることが書かれていました。

香港もベトナムに近く、八角の原産地です。

その為、行歩寿希は韓国人ではなく、八角ばかりを使った料理を振る舞っていたことからやはり中国人である線が非常に濃厚です。

行歩寿希は「オリンピックで中国人を応援してた」摂津市地元民が爆サイで激白

行歩寿希は東京2020のオリンピックでも「中国人選手を応援していた」ことが爆サイで明かされていました。

『寿希ちゃんはオリンピックでも中国人選手応援してたね。特に飛び込みは中国人が金銀独占してたら飛び上がって喜んでたから』

 

行歩寿希の知り合いらしき人物が東京2020オリンピックの飛び込み競技の際に中国人を応援していたことが明らかになりました。

オリンピックという国が精力を上げて競い合う一大イベントの行事に自国以外を応援することはまずあり得ないでしょう。

また、韓国人であれば当然韓国を応援するはずが、なぜか中国人が勝つと喜んでいたことが語られています。

よって、行歩寿希は韓国人ではなく、ルーツが「中国人」だった可能性があります。

行歩寿希は「幼児虐待を中国のせいにしていたか」

行歩寿希はおりとちゃんに対して暴行を繰り返していた疑惑があり、本人もそのことに自覚があったのか「逮捕されても仕方ない」と供述していたことが明らかにされています。

ところで最近日本では母親による虐待事件が多いですが、中国でも行歩寿希並に深刻なレベルの児童虐待が非常に多い。

2018年6月には中国で母親に繰り返し暴行を受けて全身が腫れ上がった姿で保護されたことが大問題となりました。

当時27歳の母親は実の息子に対して暴行を加えた上に「難産で○にそうだった。その時に○ねばよかったのに」と、行歩寿希並の凄まじい発言をしていました。

また、行歩寿希の様な母親絡みではないが、2017年11月には中国上海の託児所「携程親子園」で複数の保育士が2歳にも満たない幼児にわさびを食べさせたり、幼児を殴ったりするなどの様子があり、非常に問題となりました。

そして、行歩寿希の様な母親による幼児虐待事件として、中国の広州で起きた事件。

2歳の少女が母親に正座をしている様子が映し出されています。

以上から、中国でも非常に虐待が多く、行歩寿希の様な母親が非常に多いことが見られます。

行歩寿希はそんな「虐待が当たり前」の中国という国で育ち、「私の国では虐待は当たり前」という歪んだ考え方を持っていたのでしょう。

行歩寿希は素直に「逮捕されるくらいのことをした」と考えてはいたものの、「私が虐待をする様になったのは中国という環境のせい」と、自国の環境を言い訳にしているに違いありません。

行歩寿希の元に生まれた桜利斗ちゃんは本当に不運でしかありません。

中国でも起こっていた様な虐待の数々を桜利斗ちゃんが経験していたと思うと、非常に辛く感じられます。

実は私はこの行歩寿希が逮捕された2日前に、長澤まさみさん主演の「MOTHER」を見ていました。

行歩寿希の様な「毒母」が子どもを暴力や暴言で追い詰めていく姿を映画で目の当たりにしましたが、あまりにも酷過ぎる母親の姿に涙してしまったくらいです。

(https://www.google.co.jp/amp/s/ananweb.jp/news/297375/amp/ より抜粋)

その子供がおりとちゃん、阿部サダヲ演じる愛人の男が松原拓海、母親が行歩寿希に重なる様で、映画の様な酷い仕打ちをされていたと思うと、とても見てられないくらい可哀想です。

桜利斗ちゃんが次生まれ変わる時は親から愛情を注がれる様な家庭に生まれ変わって欲しいと強く願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました