兵庫県尼崎市女性殺傷事件

森本恭平出身校は鳴尾中学!「弱い者いじめしてた」兵庫県尼崎事件

兵庫県尼崎市女性殺傷事件

森本彩加さんを殺害した犯人、森本恭平の中学は「鳴尾中学校」ということが爆サイから明らかになりました。

森本きょうへいは中学時代陰湿な弱い者イジメをしていたことや、逆に男子にはからかわれてイジメられていたことも併せて、爆サイ地元民を中心に明らかとなりました。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

森本恭平は「西宮市鳴尾中学校」爆サイ西宮市民から

森本恭平の中学は「鳴尾中学校」であることが爆サイの同級生らしき人物から明らかとなりました。

『鳴尾中学の森本恭平?』

『>>205お友達ですか?』

『>>206同級生かもです』

 

この会話から、森本恭平の中学は「鳴尾中学校」である可能性が明らかになりました。

別の爆サイでもその情報を見てみると

『森本と鳴尾中の同級生です!』

 

爆サイで複数の同級生から森本恭平の出身中学校が「鳴尾中学校」だったことが挙げられています。

鳴尾中学校の距離も森本恭平の自宅から徒歩6分で通える圏内です。

従って、複数人から話題に挙がっている通り、森本恭平の中学は西宮市鳴尾中学校である可能性は非常に濃厚です。

森本恭平中学時代は「女の子をイジメていた」西宮市民が激白

森本恭平の中学時代を調べた所、森本恭平は中学時代に「女の子に陰湿なイジメをしていた」ことが明らかになりました。

その爆サイや地元民のコメントがこちら

『森本か…こいつ中学の時、女の子のえんぴつ隠して虐めてた』

『森本恭平って確か女の子いじめてたやつかな〜?陰キャっぽい子に嫌がらせするから女子に嫌われてたな』

 

森本恭平は中学時代に女の子のえんぴつ隠していた「女の子に陰湿なイジメをしていた」ことが鳴尾中学時代の友人から明かされました。

森本恭平中学時代は「男子からイジメられていた」

森本恭平は中学時代に陰湿な女の子イジメをしていましたが、逆に男子からはイジメを受けていたことが明かされていました。

『こいつ調子乗った鳴尾のク○メガネか!見た目通りスネ夫みたいな性格。後ろから急に叫んだらビビってやがったことあったわ』

 

森本恭平について、鳴尾中学校時代の同級生らしき人物は「蹴りを入れてやった」という情報を明らかにしていました。

また、森本恭平の中学時代について調べていくと、爆サイでは同じ学校の同級生らしき人物から「シャーペンの芯を飛ばして遊んでいた」ことが明かされていました。

『おれも知ってるかも。調子乗ってたから、シャーペンの芯あいつに飛ばして遊んでたわ。』

 

森本恭平の中学時代について、同級生がイジメていた様な内容が語られていました。

森本恭平は中学時代に女の子に陰湿なイジメをしていた一方で、他の男子からはからかわれてたり、嫌がらせを受けている側面が見られます。

森本恭平の中学時代は「弱い者イジメ」をする情けない側面が垣間見えます。

森本きょうへいは「弱い者イジメしてた」残忍な類似事件にも共通点

類似事件の犯罪者の例を見てみると、森本恭平の中学時代の様に「弱い者イジメをしていた」共通点がありました。

森本恭平の中学時代と同じ生い立ちを持つ事件の例として、「北九州監禁連続殺人事件」の松永太死刑囚。

松永太は7人も殺害した犯人ですが、森本恭平の中学時代と同じ様に、「弱い者イジメをしていた」ことが文春で明かされています。

『同じく、松永と小中学校の同級生だったBさんは次のように思い出す。
「中学校時代、松永は背も高く運動神経も良かったのですが、女の子にはまるでモテませんでした。というのも、あいつは弱いものいじめばかりやっていたんです。自分より弱いやつを子分にして、無理やり牛乳を飲ませたり、パシリにしたりしていました。そういう卑劣な性格が女子にもバレていたようで、決して顔は悪くないのに嫌われてました」
どうやら松永は、強い相手には弱く、弱い相手には強いという顔を見せていたようだ。当時、松永よりも強い立場だったと周囲に聞いた、小中学校同級生のCさんは語る。』
(https://bunshun.jp/articles/-/41524?device=smartphone&page=4 より抜粋)

 

また、森本恭平の中学時代の様な「弱い者イジメ」をしていた犯罪例として、白金高輪で男性に硫酸をかけた花森弘卓容疑者。

この人物も森本恭平の中学時代の様に、弱い者イジメをしていた人物であり、気に喰わない子にナメクジや毛虫を入れてイジメていたことがフライデーの記事で明かされています。

『「事件の報道を見て、すぐに『花森くんだ!』と気づき、驚きました。彼のことをなぜ覚えていたかというと、花森くんは学校内で悪名高いイジメっ子だったんです。コソコソと気に食わない子を執拗にイジメていた。その子に毛虫やナメクジを無理やり食べさせていたこともありました」』
(https://news.yahoo.co.jp/articles/09dff88a7735c2c2bff2c0138ea4f3796a3ae2f5 より抜粋)

森本恭平の中学時代も同様に、女の子に対して弱い者イジメをする人間。

硫酸をかけたり、7人を殺害するなど残忍な犯罪を行う犯罪者の素質を森本恭平は既に中学時代から兼ね備えていたことがわかります。

中学時代から残忍な犯罪を行う様な「犯罪予備軍」だったことを考えると、出所した後も犯罪を犯すでしょう。

もう一生この世に放ってはいけない人物です。

森本恭平DVは「イジメのトラウマが原因か」

森本恭平の様に、中学時代に弱い者イジメをしていた「いじめっ子」の人間の特徴として、下記の通り書かれています。

『いじめる原因や心理の1つ目は、過去に自分もいじめられていたということです。このような過去にいじめに関するトラウマのある子は、「自分も辛い思いをしたからまわりもそうなるべき」「いじめる側になって自分の傷を癒したい」「誰かをいじめて自分がいじめられるのを避けたい」といった心理状態であることが多いです。』

 

森本恭平は中学時代に女の子に弱い者イジメていた人間ですが、逆に男からはイジメを受けていたことが明かされています。

森本恭平が中学時代以前から男にイジメられていたとすると、女の子をイジメるのはイジメられていた過去を「イジメる側になって癒したい」という行動の現れだったのでしょう。

森本恭平は小学校か中学時代のイジメが相当なトラウマになっていたことが分かります。

森本恭平は森本彩加さんにDVを加えて離婚したのではないかと5ちゃんねるで噂になっていました。

『結婚した途端DV夫に変貌、とかありそうだが』


『DV男は離婚しても執着するから怖いね』

 

女性に対してDVをする行動も同じく、過去に男にいじめられていた辛い過去を「イジメる側になって癒したい」行動の現れなのでしょう。

DV男はみんな、基本的に弱い自分を心の中に抱えています。

そして、過去にイジメられた報復を大人になって「弱い者にしてやろう」という行動の現れです。

森本恭平は中学時代、男にいじめられて逆らえなかった鬱憤を、力が劣る女性に対して発散していた心の弱い人間です。

当初、森本恭平は偽善の優しさで、森本彩加さんの心を鷲掴みにしたことでしょう。

しかし、蓋を開けてしまうと女性に対して暴力によって弱い者イジメをする最低人間でした。

私の中学時代にも、自分より力の弱い男や女の子をイジメる人間がいましたが、強い人間を前にするとイジメられないかビクビクしている毎日を過ごしていました。

森本恭平の中学時代もそんな強い者にビビりながら、隠れて弱い者イジメをする小心者だったことがよく分かります。

そんな森本恭平は過去にビクビクしていたイジメのトラウマを弱い者に対して行う哀れな人間だったのでしょう。

井上盛司さん宅甲府市放火殺人事件まとめ「遠藤裕喜は放火の予行練習してた」
2021年10月12日、山梨県甲府市蓬沢の井上盛司さん宅で火災が発生しました。 井上盛司さんと妻の章惠さんの遺体が発見され、井上盛司さんの妹が暴行を受けた事件ですが、犯人の19歳少年が出頭して逮捕されました。 今回はこれまで起きた甲...

コメント

タイトルとURLをコピーしました