デート代がきつい女子でも、多少は出させるようにしよう

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は普段のデート代について、説明をしていきたいと思います。

 

 

さて、実を言ってしまうと、既に答えが出てしまっているのですが…

 

 

「デート代は多少でも女子に出させるようにする」

 

 

ことを、私はよくみなさんに推奨しています。

 

 

「そんなことをしたら、普通嫌われるのではないか??」

 

 

と思った方もいると思いますが、一旦最後まで聞いて下さい。

 

 

まず、この理由として、デート代を都度全額負担すると

 

 

「自分のサイフがもたない」

 

 

ということが一つです。

 

 

場合によっては、当然何万円とかかることもありますので、1回1回のデートがそれだけ膨大過ぎると、あなたが持ちません。

 

 

そして、2つ目の大きな理由としては

 

 

女性に

 

 

「男は奢って当たり前」

 

 

の感覚を捨て去ってもらいたい

 

 

というのが根底にあるからです。

 

 

実はこういう状態が続くと、

 

 

「女性にナメられてしまう」

 

 

可能性が充分にあるのです。

 

 

前にもお話ししましたが、この状態は

 

 

「女性が求めている男性像とは程遠い位置」

 

 

なのです。

 

 

しかし、巷の恋愛書籍を見てみると

 

 

「男性は奢らないと女性にモテない」

 

 

と書いてあるのです。

 

 

確かに、「ケチ」だと女性に思われてしまうと、器が小さい男と認定されてしまいます。

 

 

そうなると、今度は女性も着いて来なくなってしまうので、それもそれで良くはないのが事実です。

 

 

ですが、デートの度に奢るのは、逆に男性として見られなくなる可能性が非常に高いのです。

 

 

勿論、全てが全てそういう女性ではないので、奢っても恋心を抱く女性は沢山います。

 

 

ですが、あなたのお金がもたないのは当然ですし、何より女性にもナメられやすくなります。

 

 

なので、より多くの女性を狙いたいなら

 

 

全額男性が奢ることはオススメしません。

 

 

それではどうすれば、「女性にナメられない様になるのか」ということになると思いますので、一旦話を戻します。

 

 

結論として、言いたいことは

 

 

「女性には安易に男性側から奢らない」

 

 

ということです。

 

 

しかし、それでも女性がお金がない場合、割り勘ではデートに行けないとなり、今後のデート自体が出来なくなる可能性もあります。

 

 

そんな時はタイトルにもある通り

 

 

「多少でも女性にお金を払ってもらう」

 

 

ようにした方が得策です。

 

 

男性から誘った場合でかつ、お金がないけど無理して来てくれたという女性には、多少男性が多めに出しても構いません。

 

 

仮に食事代が5,000円だとしたら女性に対しては

 

 

「とりあえず、〇〇は1,000円でええわ」

 

 

というくらいスマートに。

 

 

こうすれば、ケチには見えませんし、女性にも「男はおごって当たり前」というイメージもつきにくくなります。

 

 

そもそも、無理して来てくれるというのが分かっている時点で、女性の質は高いので、そういう場合は男性が多少出しても良いのです。

 

 

要は、「男性としての価値を落とさなければ」それで良いということなのです。

 

 

デート代は男性にとっても、稼ぎで手に入れたお金を使う訳ですから、女性にとっても男性にとっても、後味が悪くならない様に利用していきましょう。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA