大阪府摂津市小児虐待事件

松原拓海はハメられた!「拓は悪くない。黒幕は交際相手」仲間が爆サイで暴露

大阪府摂津市小児虐待事件

 

2021年8月松原拓海容疑者が交際相手の子供である新村桜利斗ちゃんを熱湯で虐待死させました。

この虐待死について、松原拓海容疑者は虐待殺害に手を下した犯人であるものの、松原拓海の仲間と思われる人物が「拓は悪くない。悪いのは母親」と証言している様子が爆サイ掲示板で発見されました。

まつばら拓海はハメられた!「虐待黒幕は母親説」仲間が証言か

松原拓海容疑者が新村桜利斗ちゃんに虐待を加えていた事実は既に明らかとなっていますが、爆サイで「母親が悪い」という証言が見つかりました。

その爆サイでのコメントがこちら

『お前ら拓の事を知らんのに悪く書き込みするな拓は悪いやつちゃうぞ!女が全部ワルイやろ』

 

この様に「松原拓海容疑者は悪くない。悪いのは母親(松原拓海の交際相手)というコメントが見つかりました。

 

爆サイのコメントで

『たっくんの仲間か?笑』

 

というコメントもあるので、怒りコメントの人物は松原拓海の知り合いの可能性が高いです。

 

その後も

・『拓を悪く書き込みしとるボ〇ども二度と書き込みするな』

・『お前それ法的に大問題な書き込みやぞわかっとんけ?』
・『なにがやったれじゃ』
・『悪いのはおんなだけや!拓は無罪や!』

 

他にも松原拓海のことを知っているかの様な人物の発言があり、松原拓海が批判されている中で「悪いのは(松原拓海交際相手の)女」と怒りながら叫んでいる様子がありました。

松原たくみはハメられた「間接的におりとを殺害か」類似事件とネットの証言を見ると…

ところで、今回の松原拓海容疑者の事件とこれまでの類似事件とは1点相違点があります。

それは「なぜか母親が逮捕されていない」ことでした。

 

2020年7月に8日間、自分娘の稀華ちゃんを自宅に放置したことで梯沙希容疑者が逮捕されました。

この梯沙希容疑者は知人の男性に逢いに行く為に自宅の大田区から鹿児島まで出向いており、「男に狂ってしまった」と、同僚の証言も明らかにされております。

 

もう一つの例として、2019年11月に起こった福岡エアガン虐待。

当時1歳の唯雅ちゃんをエアガンのBB弾で何十発も撃ちまくった傷害の疑いで、常慶雅則容疑者(24)と妻の藍容疑者(24)が逮捕されました。

その後唯雅ちゃんは死亡しており、これも虐待のせいかと疑われていました。

 

更に有名な虐待事件として、2019年に起こった札幌2歳児衰弱死事件。

当時2歳だった池田詩梨ちゃんを衰弱死させたことで、母親の池田莉奈容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者が逮捕されました。

この事件は2019年5月15日から6月5日にかけて詩梨ちゃんに充分な食事を与えず衰弱死させ、更には詩梨ちゃんからタバコで押し付けた痕や暴行を受けたとされるアザが発見されるなど、極めて残虐性の高い事件でした。

 

これらの例から、いずれも「母親が保護監督を放棄して逮捕」されています。

しかし、今回の松原拓海容疑者の事件、2人きりにすると虐待されることが分かっていながら、桜利斗ちゃんの母親は2人きりにして外出しています。

そして、爆サイやママスタチャンネル住民のこの噂

・『母親も子供が邪魔だったからだよ』

・『荷物が減り自由に遊びと恋愛が出来るし母親は内心喜んでるんだろな』


・『いや、むしろ子供消してくれるの待ってたんでしょ
嫌いで別れた男の子供、邪魔だなぁって思うシンママは他にも居ると思うんだよね
自らの手を下さずに交際相手の男が始末してくれたら、晴れて自分はリスタート出来るんだもの』

 

結局母親は「桜利斗ちゃんが邪魔だった」と考えていた可能性を示唆しています。

つまりは、これらの噂や松原拓海容疑者の仲間らしき人物の証言から「松原拓海が桜利斗ちゃんを殺害する状況を作った」黒幕の可能性が爆サイを中心に唱えられています。

松原たくみ交際相手が怪しい理由「出会う前から虐待疑惑」ネット記事の時系列からも

松原拓海容疑者の交際相手が怪しいという根拠はこの記事が大きな理由となります。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/86007402988f77d0720efe722c830401015621d5 より抜粋)

・『令和2年1月 保育園が摂津市に「桜利斗ちゃんにこぶができている」と通告』
・『令和2年10月 桜利斗ちゃんの母親と松原拓海容疑者が交際開始』

 

松原拓海容疑者と交際開始する10ヶ月前から「桜利斗ちゃんにこぶができている」ことが明かされておりました。

 

そして、この発言。

桜利斗ちゃんが「たっくん、いや」と訴えてきたことがあったといい、「私が帰ろうとしても膝の上から離れないことがあり、それもSOSだったのかもしれない」と悔やんだ。
(https://www.google.co.jp/amp/s/www.yomiuri.co.jp/national/20210924-OYT1T50052/amp/ より抜粋)

 

「私が帰ろうとしても膝の上から離れないことがあり、それもSOSだったのかもしれない」

交際相手の松原拓海容疑者と桜利斗ちゃん母親からも逃げようとしていたことが明かされておりました。

更に爆サイ地元民のこの発言

・『母親も虐待してた?』

 


・『日本の女って何故、子供を虐待する?』

 

母親の虐待も疑惑されております。

 

更にママスタコミュニティでは

・『男と同棲するだいぶまえから、子供の顔にアザあったらしいから、母親も虐待してタンじゃない?』

 

これらの内容から桜利斗ちゃんは「松原拓海容疑者だけでなく、母親からも虐待を受けていたのではないか」という可能性がネットの噂や事件記事から浮上しています。

新村おりと母親は自己中でわがまま「松原拓海を見捨てて別の男作りそう」爆サイで噂

新村桜利斗ちゃん母親は「松原拓海を見捨てて次の男性を見つける」可能性が示唆されております。

 

爆サイでは

・『今後このバ〇女は一人でやっていくのか、松原の〇男の出所を待つのかが見所』

 


・『この男が刑務所行ったらこの女はすぐに違う男作りそう』

 

この様に桜利斗ちゃんの母親が「他の男へと目移りする可能性」があることを噂されておりました。

 

他の男へと目移りする女性の特徴について、恋愛系サイトではこの様に書かれております。

『目移りしがちな女子は、自分の思い通りに事が運ばないことをとことん嫌っているので非常に我が儘です。
わがままだから、自分の欲を抑えることができずに、彼氏がいながらも目移りしてしまうのです。
そして、自分のことしか考えられないほどの我が儘っぷりも発揮してしまうので、目移りすると浮気をしてしまうのでしょう。』

 

目移りする女性の特徴として「わがまま」であることが書かれています。

 

また、「わがままな女性の特徴」として、別のサイトではこんな内容も…

『自分だけ写りのいい写真を載せる
これはもう仕方ないと言ってしまえば仕方ないことですが、自己中心的な女性は自分だけ写りのいい写真ばかりをSNSに投稿します。』

『LINEを男性に送ったあと、なかなか既読にならなかったり、既読スルーされていたりすると、「なんで返事くれないの?」とか畳みかけるようにLINEを何度も送る女は……しつこい!』

 

 

そして、ママスタコミュニティや5ちゃんねるにあったコメント

・『3歳の子がいて出会い系ってさ…母親色白でいつも生足超ミニの可愛いギャルらしいよ インスタとかではいい母親ぶってたらしい』

・『しつこい 妻です』

 

「しつこい」だったり、「インスタでいい母親ぶってた」「色白でいつも生足超ミニの可愛いギャル」ということから、自己中かつ目移りしやすいの女の特徴に見事当てはまっています。

その為、次は松原拓海容疑者を見捨てて、別の男性へと鞍替えする可能性があります。

これまでの爆サイなどのネットの証言からも「桜利斗ちゃん」を松原拓海容疑者に間接的に消させたのではないかと可能性が唱えられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました