大阪府摂津市小児虐待事件

松原拓海は「元半グレだった」前科持ちや覚醒剤使用歴も爆サイ民が暴露

大阪府摂津市小児虐待事件

2021年8月に大阪府摂津市で交際相手の女性の子供、新村桜利斗ちゃん(3)に熱湯をかけて殺害した無職の松原拓海容疑者(23)が逮捕されました。

そんな松原拓海容疑者について、「過去に半グレで前科持ちだった」ことを爆サイ民によって明かされておりました。

その他にも「覚醒剤を使用していた」ことが同様に爆サイ民によって、明らかにされています。

松原拓実容疑者は「元半グレで多数の前科持ち」爆サイ民が暴露

松原拓海容疑者は「元半グレで多数の前科持ち」であることが明らかにされました。

 

爆サイ民の情報によれば

・『松原拓海容疑者は前科持ちだよ!過去に振り込め詐欺と窃盗で懲役刑くらってた!』
・『松原拓海容疑者は元半グレ!振り込め詐欺で懲役くらってます』
・『親は走り屋だったんだろうな』
・『松原拓海って南で半グレやってたよ』
・『こいつ半グレだから裏のしのぎでかなり儲けてたらしいよ』
・『松原拓海前科持ちだから無期刑確定だな!』

 

など、松原拓海を知る大阪府の地元民によって「半グレ集団」かつ「多数の前科持ち」であることが明らかにされました。

 

現在の爆サイで確認できる限りの前科を見てみると・・・

・婦女暴行
・振り込め詐欺
・自動車窃盗
・覚醒剤所持
・窃盗

 

5つもの前科を持っており、過去には刑務所で懲役を受けていたことも明らかにされております。

 

「半グレ集団」について、文春ではこの様な記事が掲載されておりました。

・「50人を土下座させ、1人ずつ木刀で腕、指、歯を折る。そして橋から…」半グレ集団「怒羅権」元幹部が語る喧嘩の作法(汪楠/Webオリジナル(特集班))
・「ナイフで相手を刺すことも一切躊躇しないため、凶悪な集団だと恐れられ、「包丁軍団」と呼ばれることもあります。」
(https://president.jp/articles/-/43516 より抜粋)

これは「怒羅権」という半グレ集団のことが書かれた記事ですが、あまりにも残忍極まりない行為を躊躇なく行なっていた為、ヤ○ザですらも恐れていたことが記されておりました。

松原拓海容疑者はそんなヤ○ザですらも恐れる「半グレ集団」の一員であり、躊躇なく残忍な行為を行なっていた集団に属していた経歴もあって、犯罪を行うことに何の躊躇いも迷いもない人物だったと考えられます。

松原たくみは「覚醒剤常習者だった」幻覚で自制心が効かなかった可能性

加えて、爆サイ民やツイッターなどのネットの情報によると

・『松原拓海は覚醒剤もやってたそうです。』
・『薬もやってたとか、完全に終わってる。』

 

というコメントもあり、松原拓海自身も覚醒剤に手を染めていたことが判りました。

 

覚醒剤の特徴について、症状をブログの情報から調べてみると・・・

・『覚せい剤やコカインは中枢神経系を興奮させる薬物です。心臓をどきどきさせたり、血圧を上げたり、瞳孔(どうこう)を大きくしたりする交感神経興奮状態を引き起こします。』

・『覚せい剤の特徴は、乱用を続けると、幻視、幻聴などの症状が現れてくることです。』

 

この様に覚醒剤は摂取すると「興奮状態にさせる」ことが書かれておりました。

 

松原拓海は逮捕される前に府警の事情聴取に対して、

「お湯の温度を徐々に上げて(桜利斗ちゃんと)遊んでいた」

 

と子育てをしていた不慮の事故であったことを説明しておりました。

 

松原拓海は容赦なくお湯の温度を上げていったことに、桜利斗ちゃんは相当泣き喚いていたに違いありません。

ところが、松原拓海は覚醒剤を摂取したことで興奮状態になり、更には自制心が効かなくなり、殺害してしまったのでしょう。

覚醒剤の乱用で「幻覚」を見ていた松原拓海はその自制心を効かせることが出来ず、殺人を犯してしまいました。

まつばら拓海に殺害された新村桜利斗ちゃん「両親の愛情を受けずに無念の死」

わずか3歳でこの世を去った新村桜利斗ちゃん。

母親の再婚相手によって虐待され、殺害されてしまった事件はあまりにも可愛そうでならない事件でした。

 

ツイッターや5ちゃんねる、爆サイでも新村桜利斗ちゃんのあまりに無念な死に、悲しみの声があげられておりました。

・『熱湯シャワー5分もかけ続けられて死亡とか、 めちゃくちゃ熱くて痛かっただろうな』
・『ようこんな残虐なことできるわ…』
・『どうしてこんな可愛いなんの罪もない天使のような三歳児にそんな残虐なことができるのか!幸せになるために生まれてきたのに誰も救ってあげられなかった。もう二度とこんなことは繰り返さないで!それしか供養の道は無い。桜利斗(おりと)ちゃん、天国で安心して暮らしてね』

 

本当に天使の様に可愛い顔の桜利斗ちゃん。

まだまだ幼い3歳児。これからの人生色んな希望があったに違いありません。

しかし、その3歳児の命は無情にも母親の再婚相手の虐待によって奪われてしまいました。

 

何の罪も無い子供がどうして死ななければならなかったのでしょうか。

日常的に暴力の虐待を加えられており、母親もDVで逆らうことが出来ず。

新村桜利斗ちゃんは両親からの愛情を受けることなく、この世から去ってしまいました。

あまりにも両親に恵まれなかった境遇、そして熱湯をかけられ苦痛の中で亡くなっていく様子を想像するだけで本当に涙が止まりません。

 

天国では今度こそ幸せに。そして、今度こそ「愛情」を受けて幸せに暮らしていてほしい。

次に輪廻転生する頃には「愛情いっぱい」に溢れた幸せな家庭の元に生まれて欲しいと強く願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました