事件、事故関連ニュース

遠藤正雄職業はヤクザか!「覚せい剤常習だった」被害妄想とネットで噂も

事件、事故関連ニュース

2021年9月19日に神奈川県横浜市旭区で、あおり運転をした末、トラブルとなった64歳の男性をナイフで切りつけたことで、遠藤正雄容疑者が逮捕されました。

遠藤正雄容疑者は突然ナイフを出し、64歳男性の顔を切りつけ怪我をさせましたが、ネット上では遠藤正雄容疑者の職業が「ヤクザ」や「覚醒剤常習犯」の噂が流れています。

遠藤まさお容疑者(横浜市あおり運転)の職業は「ヤクザか」ヤクザ関連事件は刃物を携帯

遠藤正雄容疑者の職業が「ヤクザ」という噂がネットで浮上しました。

 

その噂元である5ちゃんねるやツイッターなどのネット上ではこんなコメント

・『ナイフ常備しててレクサス乗ってるってヤクザでは?顔も凶悪だし!』
・『元ヤクザか?やけに辛気臭い顔しとる』
・『遠藤正雄とかいうあおり運転の末に切りつけた容疑者、ナイフ持ってる時点でヤクザだろ』
・『ナイフ常備しててレクサス乗ってるってヤクザでは?』

 

ヤクザを疑う様なコメントが多々ありました。

 

ちなみに、この遠藤正雄容疑者は

「なぜナイフを携帯していたのか??」

ネット上でも噂になっていました。

 

そのネットのコメントとして

・『普段からナイフ持ってるとかどんな会社員なの』
・『ナイフを持ち歩いてる会社員ってなんぞ?』
・『なんでナイフを持ち歩いてるんだ?』
・『こわいなんでナイフ普通に持ってるんだよ』
・『何でナイフ持ち歩いているんだよ』

 

いずれもナイフを持ち歩く遠藤正雄容疑者に懐疑心を抱くネット民が多く存在しておりました。

 

この遠藤正雄容疑者の顔からはまさかナイフを持っているかなんて全く判らないので、恐ろしい限りです。

 

ところで、ヤクザ関係者の類似事件を見てみると、今から2年前の2019年5月23日に起きた名古屋市中区栄での殺人事件。

榊原淳次さんが山城清幸容疑者に殺害された事件で、この時も山城清幸容疑者が刃物を所持しており、刺殺された事件でした。

そして、この山城清幸容疑者は元ヤクザです。

 

また、住吉会系幹部が同組員をナイフで刺す 殺人未遂事件も2021年2月1日に発生し、同じ住吉会系の左腹部を刃物で刺す事件が発生しました。

この時も犯人は「刃物」を常時携帯しているヤクザでした。

 

加えて、2019年1月には埼玉県さいたま市の大宮区で暴力団組員と見られる男2人が刃物で刺される事件が発生しています。

この時の犯人・柴田郁男容疑者も刃物を常時携帯しておりました。

これらの「刃物」を使った類似事件で共通しているのはいずれも「常時刃物を携帯している」点にあります。

 

遠藤正雄容疑者も「ナイフを常備している」ことから、「ヤクザ関係者と同じ共通点」があり、ヤクザ関係者である可能性は非常に濃厚です。

えんどう正雄容疑者は「覚醒剤常習者か」被害妄想とネットで噂

遠藤正雄容疑者には更に「覚醒剤をやっている」噂が爆サイやツイッターなどのネット上で話題となっておりました。

そのネット上での声は

・『シャブでもやって被害妄想してたんじゃないのか』
・『覚醒剤で幻覚でも見えたんだろうな、怖い怖い』
・『相手が凶器を持ってたり薬物常習者であったり、まともな人ではない』

 

覚醒剤やシャブの常習を疑う声もありました。

 

覚醒剤をやる人間の特徴として、ネットでは

・『心臓をどきどきさせたり、血圧を上げたり、瞳孔を大きくしたりする交感神経興奮状態を引き起こす。』
・『乱用を続けると、幻視、幻聴などの症状が現れてくる』
・『だれかにねらわれているんじゃないかとか、警察に尾行されているんじゃないかという強烈な不安に襲われる』

 

この様に、「被害妄想」を抱く様になりやすいことが言われています。

 

遠藤正雄容疑者は「殺そうと思っていなかった」と殺人未遂を否認する供述していました。

 

なので、遠藤正雄容疑者は「この男(被害者男性)に狙われている」と勝手な「被害妄想」を抱いて、64歳の被害者男性をナイフで切りつけた可能性があります。

遠藤正夫容疑者の職業は「右翼団体か」ネットで噂

遠藤正雄容疑者について、ネット民の中には「右翼か」と噂する声もあります。

 

爆サイなどのネット上での声として

・『ナイフ持ち歩いてんのは右翼』
・『右翼団体の仕業でしょ』
・『右翼だからナイフ持ってたんじゃね』

 

の様なコメントがあります。

 

右翼団体がナイフで殺害した有名な事件として「浅沼稲次郎氏暗殺事件」があります。

1960年に起こった政治家の浅沼稲次郎氏が演説中に、当時高校生の右翼の少年、山口二矢に殺害された事件です。

この時も「ナイフで刺殺」されており、突然刺された為、一瞬の出来事でした。

今回も口論になったとはいえ、突然ナイフを出して刺そうとした行動は浅沼稲次郎氏暗殺事件に近いものがある為、「右翼説」の可能性も高いです。

えんどうまさお容疑者は「過去に暴力事件を起こしている説」

遠藤正雄容疑者には、過去にも「前科があるのではないか」とネット民が噂しております。

・『この容疑者は過去にも暴力沙汰を起こしてるんじゃないだろうか?
未成年の頃も含めて処分や刑罰を受けた者は、暴力傾向があるんだろうから、運転免許の欠格事項として定めて欲しい。』
・『遠藤正雄って暴力事件以前にも起こしたことあるんじゃ…』

 

また、遠藤正雄容疑者の仕事場の同僚を名乗る人物からは

「こいつのこと知ってるけど、口数少なくなったらキレて攻撃的になった」

 

という証言がありました。

 

暴力を振るう男の特徴として、とあるブログには

・「感情のコントロールが効かない」
・「クレーマー気質」
・「立場が弱い者に強く出て、強い者には何も言えない」

 

この様な特徴があると記載されておりました。

 

遠藤正雄容疑者について、爆サイやツイッターなどの声を見てみると

・『弱いくせにいきがるからこうなる』
・『命掛けで喧嘩する気が無いなら大人しくしてろ』
・『頭悪い、腕力ないでいきついたのがナイフなんだろうな』

 

「弱いくせに」や「暴力や腕力がないからナイフに頼らざるを得ない」ことが書かれておりました。

この様な特徴から、遠藤正雄容疑者は元々弱い気質の持ち主で、ナイフがなければ頼れるものがないくらい気の弱い人物だった可能性があります。

立場の弱い一般人には今回の様に「ナイフ」で脅してふりかざし、自分よりも強い人間に対してはヘコヘコと媚びへつらう。

そんな気の弱い人物だった可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました