金曜ロードショー

風立ちぬの声優が庵野秀明の理由紹介!「下手」という評判は人それぞれ!!

金曜ロードショー

今回は8月27日放送予定の金曜ロードショーでジブリ映画「風立ちぬ」が放送予定ですので…

 

 

「風立ちぬ」の声優を調べると「下手」と出てくる理由は何か!?

 

 

また、主人公の堀越二郎の役にアニメーション映画監督の庵野秀明さんが選ばれた理由とは何か!?についてを中心に解説していきたいと思います。

 




 

堀越二郎役に庵野秀明さんが選ばれた理由① 堀越二郎のイメージにぴったり!?

 

 

まずは「風立ちぬ」の主人公である堀越二郎役に庵野秀明さんが抜擢された理由を解説しましょう。

 

 

1つ目の理由として言われているのが、庵野秀明さんが堀越二郎のイメージにぴったりと言われている点です。

 

 

この堀越二郎は「天才飛行機設計士」という役柄ですが、「天才」ということからも宮崎駿さんとプロデューサーの鈴木敏夫さんは

 

 

「内気なのではなく、頭が良すぎて口数が少ない」

 

 

というキャラクター性を考えておりました。

 

 

ここから二郎の声は「細くなく」「昔の天才は声が高いイメージ」で、「天才の為多くは語らない」とイメージをされておりました。

 

 

ここから鈴木敏夫さんが「素人がいいんじゃない??庵野秀明さんが適任ではないか??」と候補を挙げて、これに宮崎駿監督も賛同したことでオーディションに呼んだという経緯があるそうです。

 

 

確かにこの動画の声を聞いても、結構声域が高いイメージがありますね。





 

 

声を聞いても、堀越二郎の声に適任ですので、ぴったりではないかと思われます。

 




 

堀越二郎役に庵野秀明さんが選ばれた理由② 宮崎駿監督と鈴木敏夫さんとの面識!?

 

 

2つ目の理由として、庵野秀明さんが元々スタジオジブリにいた為、宮崎駿さんや鈴木敏夫さんと面識があったことも挙げられます。

 

 

特に宮崎駿さんとはかつてスタジオジブリに庵野秀明さんがアニメーターとして所属をしていた時に師弟関係だったそうで、宮崎駿さんも一緒に働いていた庵野秀明さんが一番イメージの付きやすい声だったのではないかと思われます。

 

 

その理由もあって、「適任」と賛同したのかもしれませんね。

 

 

庵野秀明さんは声優としてはどちらかと言えば「素人」の方ですので、オーディションの際もつっかえたり、セリフを噛んだりしてしまったことがあったのだそうです。

 

 

それでも宮崎駿さんは悪い感じには思わず「声がいい」「只者じゃない」と評価。

 

 

最終的には庵野秀明さんの「存在感がいい」ということで、起用をしたそうです。

 




 

堀越二郎役に庵野秀明さんが選ばれた理由③ 人柄や作品への考え方に共通点がある!?

 

 

3つ目の理由は「庵野秀明さんと堀越二郎に共通点がある」所ではないかと思われます。

 

 

庵野秀明さんの本業は「映画監督」であり、映画を生み出す仕事をされています。

 

 

そして、堀越二郎は「飛行機設計士」ということで、飛行機を生み出す仕事をされております。

 

 

鈴木敏夫さんもこのことについて「作るものは違うが共通点がある」と評価をされております。

 

 

確かに作るものは違えども、「苦労して作り上げる」という意味では映画作品も飛行機も同じ共通の物であることが窺えますね。

 

 

また、鈴木敏夫さんは過去に「うつ病」を患っていた経験がありました。

 

 

ここから宮崎駿監督は「庵野秀明が現代で一番傷つきながら生きている」というイメージをもたれており、これが一番「堀越二郎らしい」一面なのですね。

 

 

庵野秀明さんと言えば、エヴァンゲリヲンの作品を作り上げたことで有名ですが、見たことがある人は「すごい世界観」と思う人も多いのではないでしょうか??

 

 

それだけ庵野秀明さんは作品にクオリティや独創性を求めており、繊細さがあります。

 

 

庵野秀明さんは「うつ病」でありかつ繊細な人物でありながらも、作品に打ち込む姿というのが、堀越二郎と重なる面があると言われています。

 

 

堀越二郎も「戦闘機は作るものの、戦争を好まず葛藤している」部分がある為、これに似ている所があるのかもしれませんね。

 




 

堀越二郎の声を演じた庵野秀明さんに「下手」という評価が・・・!?

 

 

さて、そんな中で主人公の堀越二郎役に選ばれた庵野秀明さんですが、色々調べていくと「下手」という関連ワードが出てきてしまいます。

 

 

これは一体なぜこの様な評価になっているのでしょうか??

 

 

ジブリに多いのですが、元々ジブリでは「プロの声優をメインキャストで採用しない」傾向にあります。

 

 

これにはこだわりがあり、プロの声優の場合は「演技っぽく」見えてしまうからなんですね。

 

 

宮崎駿監督が求めているのは「人間らしさ」であり、ここは現在も公開をしている「竜とそばかすの姫」の監督、細田守さんと同じ考えですね。

 

 

細田守さんも「人間らしさ」を求めていて、プロの声優をメインキャストで起用はしない傾向にあります。

 

 

確かにプロの声優だとどうしても「演技っぽい」感じが出てしまいますよね。

 

 

従って、堀越二郎に求めている声も「上手い下手」を基準にしているわけではなく、「本物の人間らしい声かどうか」で選定をして庵野秀明さんが選ばれました。

 

 

その為、「下手」という意見が幾つも出てしまっているのですね。

 

 

ですが、これにはその一方で「下手でも良い」という意見があります。

 

 

なので、正直「下手」の評価が多いものの、実際の意見については賛否両論ではないかと思われます。

 




 

まとめ

 

 

以上が映画「風立ちぬ」堀越二郎役の庵野秀明さんに関する情報となります。

 

 

庵野秀明さんは上手い下手というよりも「堀越二郎」を演じることが本当に適任な人物ではないかと個人的には思います。

 

 

勿論、出で立ちや職業柄似ている部分があるというのもそうですが、確かに「生きた声」で演出をされている為、アニメながらも本当に生きているのかを感じさせられる声ではないかと思います。

 

 

金曜ロードショーの「風立ちぬ」、ぜひ見ていなかったという方はこの機会にご覧くださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました