初田啓介の実況が下手という噂は本当!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は7月13日放送予定の「マツコの知らない世界」で、「実況の世界」に初田啓介さんが出演予定ですので…

 

 

初田啓介さんを調べると「実況」「下手」というワードが出てきますが、これは本当のことなのか??についてを説明していきたいと思います。

 




 

初田啓介さんのプロフィールについて

 

 

まずは初田啓介さんのプロフィールから紹介します。


・名前:初田啓介(はつたけいすけ)
・生年月日:1970年9月23日(2021年7月現在50歳)
・出身地:埼玉県さいたま市
・出身校:早稲田大学本庄高等学院→早稲田大学第一文学部 卒業

 




 

初田啓介さんの経歴は!?

 

 

初田啓介さんは1993年にTBSにアナウンサー28期として入社し、以降28年もの間アナウンサーをされております。

 

 

特に「スポーツ実況者」になることを熱望されており、当初は修行として、大相撲については幕下から十両までの取組や、プロ野球については中継されない試合などで実況練習をされていたそうです。

 

 

実況デビューは1995年7月5日の時であり、日本ハム対西武戦で、投手の西崎幸広さんが9回2アウトまでノーヒットでピッチングをされていた場面で実況の初舞台を飾りました。

 

 

この試合はノーヒットノーランを達成した試合でしたので、非常に歴史的瞬間が実況デビューだったというのは嬉しい限りではないかと思われます。

 

 

現在はプロ野球やK-1、SASUKEなどといったスポーツ実況解説を中心にされております。

 




 

初田啓介さんの実況は下手という噂が…!?

 

 

そんな初田啓介さんですが、検査をしていくと「実況」「下手」という2ワードが出てくるかと思います。

 

 

これはなぜなのでしょうか??

 

 

実際に初田啓介さんは28年もの間実況解説をされている大ベテランなはずで、意外という人も多いかと思います。

 

 

ですが、ツイッターの書き込みを見ると、確かに実況について良い評判がされていない様です。

 

 

実況について「下手」という意見が圧倒的に多い様です。

 

 

特に一番実況にミスが目立っていたと言われているのが2016年の日本ハム対広島カープとの試合です。

特に1時間30分あたりからミスが多いと話題になっておりました。

 




 

プロ野球の実況でミス連発!?

 

 

さて、そのミスの内容についてですが、まず解説者の三浦大輔さんを「横浜ベイスターズの元三浦大輔投手」と紹介してしまった所です。

 

 

「元横浜ベイスターズの三浦大輔投手」なら話は通じますが、なぜか名前の方に「元」を付けてしまったそうですね…

 

 

続いて、4回の広島カープの攻撃の時、1-0で広島カープが勝っており、松山竜平選手がホームランを放ちます。

 

 

本来であれば広島の追加点ですが、初田啓介さんはなぜか「同点弾」と実況してしまいます。

 

 

そして、鈴木選手が3振でアウトになったのですが、エルドレッド選手がホームランを放つと「2者連続」と実況してしまいます。

 

 

この様に非常にミスの多い実況とも言われ、「下手」と言われやすくなってしまった様です。

 




 

SASUKEに関しては良い評価も…!?

 

 

とはいえ、全く「下手」という意見だけではなく、「良い」という意見もあります。

 

 

特にSASUKEについては初田啓介さんを切望する声もある様です。

 

 

野球解説よりもSASUKEの実況の方が好意的な意見が多い様ですね!

 




 

まとめ

 

 

以上が初田啓介さんに関する情報となります。

 

 

実況については野球に関してはあまり良い評価は多くない様ですが、SASUKEなどの番組に関しては場が和むからか、逆に切望する声が多かったかと思います。

 

 

今後も実況者として活躍されることに期待ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA