ドラゴン桜最終回のサプライズゲスト助っ人は誰!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月27日放送予定の日曜劇場「ドラゴン桜」最終回について、「サプライズゲスト」「助っ人」というワードが大きく話題になっていますよね??

 

 

最終回のサプライズゲストとは果たして誰なのか??についてを解説していきたいと思います。

 

 

以下、ネタバレになりますので、ここからは自己責任でお願いします。

 




 

ドラゴン桜第9話の概要は!?前回は学園売却の裏切り者発覚!?

 

 

さて、それでは最終回を語る前に前回6月20日に放送した第9話から解説していきたいと思います。

 

 

第9話ではついに龍海学園の買収劇に関わっていた裏切り者が明らかになります。

 

 

龍海学園の売却を主導で進めていた人物はなんと、桜木健二が信頼を置いていた岸本香だったのです。

 

 

この龍海学園売却を巡り、反対する桜木健二と水野直美や理事長の龍野久美子と教頭の高原たちは売却を推し進める先代の理事長である龍野恭二郎や岸本香らの直接対決となります。

 

 

実はこの売却については岸本香の他に、桜木健二の教え子である米山や水野直美の後輩である坂本まで関わっていたのだそうです。

 

 

驚きを隠し切れない2人ではありましたが、水野直美は仮に龍野恭二郎が理事長へと返り咲いたとしても、全教員の3/4が異議申し立てをすることで、学園売却を阻止出来ると考えました。

 

 

水野直美は高原に依頼して、教員が異議申し立てをしてくれるよう、説得を試みます。

 

 

ところが理事会で、教員の殆どが異議申し立てをしないという事態になってしまいます。

 

 

実はこれ、教師の高原が初めから龍野恭二郎の学園売却側についており、最初から水野直美の秘策で学園売却出来るように仕向けていたのです。

 




 

最終回に「最強助っ人」が登場!?

 

 

そんな窮地の状況に、最終回で「最強の助っ人」は誰で、どんなどんでん返しとなるのか気になる人も多い様です。

 

 

「頼もしい助っ人を用意した!久しぶりだな!」

 

 

この様に桜木健二が声をかけた助っ人とは果たして誰なのでしょうか??

 




 

「最強助っ人」の正体は矢島勇介!?

 

 

まず幾つか予想合戦になっていますが、一番の有力な説は第1シリーズで矢島勇介を演じていた山下智久さんです。

 

 

実は第9話で水野直美が

 

 

「過去、私が大変な時、矢島やみんなが支えてくれた」

 

 

というコメントで「矢島」のワードが出てきたことから、「登場示唆ではないか??」と考えられている様です。

 

 

ファンも矢島勇介の登場を願っており、山下智久さんや山Pのワードがトレンド入りする程でした。

 




 

矢島勇介以外の予想は!?

 

 

また山下智久さん以外にも、香坂よしの役を演じた新垣結衣さんや緒方英喜役を演じた小池徹平さんの登場も期待されています。

 

 

また、その他にも井野真々子役を演じた長谷川京子さんや、日曜劇場繋がりで半沢直樹(堺雅人さん)が出演など、様々な予想合戦が繰り広げられています。

 

 

果たして誰なのでしょうか???

 




 

まとめ

 

 

以上がドラゴン桜最終回のサプライズゲストに関する情報となります。

 

 

水野直美が喜んでいる姿を見ると、やはり昔からの仲間である矢島勇介の登場が大本命かもしれませんね…

 

 

とはいえ、最終回で明らかになるので、楽しみに待っていましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA