ファブルの映画キャスト比較や相関図は!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月18日放送予定の金曜ロードショーで、「ザ・ファブル」が放映される予定ですので…

 

 

「ザ・ファブル」の映画キャストと漫画キャラの比較や相関図についてを中心に解説していきたいと思います。

 




 

映画「ザ・ファブル」の概要とあらすじは!?

 

 

まずは映画「ザ・ファブル」の概要やあらすじを紹介します。

 

 

<公開日>
・2019年6月21日

 

 

<キャスト>
・ファブル/佐藤アキラ:岡田准一
・佐藤ヨウコ:木村文乃
・清水ミサキ:山本美月
・フード:福士蒼汰
・小島:柳楽優弥
・砂川:向井理
・コード:木村了
・黒塩:井之脇海
・河合ユウキ:藤森慎吾
・ジャッカル富岡:宮川大輔
・田高田:佐藤二朗
・浜田:光石研
・海老原:安田顕
・ボス:佐藤浩市

 

 

<あらすじ>

最強の殺し屋に与えられたミッション!
それは…1年間、誰も殺さず普通に生きる!!

ファブル(岡田准一)は、どんな相手でも6秒以内に倒すことができると言われる伝説の殺し屋。ある日、育ての親でもあるボス(佐藤浩市)から、1年間、誰も殺さずに“普通”の生活を送るよう命じられる。佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共にボスから紹介された真黒カンパニーの海老原(安田顕)の元へ向かう。海老原の手配で大阪に居を構えたアキラは、働き先を探すのに苦戦するが街で偶然出会ったミサキ(山本美月)にバイト先を紹介してもらい、デザイン会社で働くことになる。

ボスとの誓いを守り、アキラは “普通の生活”に少しずつ馴染もうとしていた。しかし、ファブルを執拗に追い続ける若き殺し屋、フード(福士蒼汰)と相棒のコード(木村了)が、ファブルを追って大阪へ現れる。そんな中、海老原の舎弟の小島(柳楽優弥)が出所。小島は金づるのターゲットとしてミサキを狙う。一方、小島に敵対心を燃やす砂川(向井理)の策略により小島とミサキが拉致されてしまう。ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。果たして誰も殺さずミサキを助け出すことは出来るのか!?

(https://kinro.ntv.co.jp/lineup/20210618 より記事抜粋)

 

 

<予告動画>

 




 

原作漫画「ザ・ファブル」の概要は!?

 

 

「ザ・ファブル」は元々週間ヤングマガジンに連載をしていた南勝久さん原作の漫画です。

 

 

主人公の佐藤明は「相手を6秒以内で倒す」というプロの殺し屋です。

 

 

「ファブル」という名前で恐れられておりますが、彼の正体が暴かれるのを恐れたボスは「1年間大阪に住み、誰も殺さず一般人として平和に暮らせ」と指示します。

 

 

こうして、ボスと古い付き合いのある暴力団「真黒組」の保護の元、「一般人」として大阪で生活を始めることとなります。

 




 

ファブル(佐藤アキラ)役の実写と漫画比較

 

 

さて、ここで主要キャストと漫画の比較になります。

 

 

まずは「ファブル」こと佐藤アキラ役の岡田准一さん

 

 

ビジュアルは実写の方がカッコいいですね!

 

 

「ファブル」特有の身体能力やコミカルさについては上手く表現されています。

 

 

佐藤ヨウコ役の実写と漫画の比較

 

 

続いて、偽りの「ファブル」の妹役の佐藤ヨウコを演じた木村文乃さんです。

 

 

元々は佐藤明の妹ではなく、佐藤明の「殺し屋のサポート」役がメインであり、ドライバーでもあります。

 

 

なんと言っても特徴はその美貌とアルコールが大好きという一面であり、男のプライドを弄ぶのが大好きというキャラクターです。

 

 

ビジュアルも忠実で、木村文乃さんと原作はほぼ変わりませんね!

 




 

ボス役の実写と漫画の比較

 

 

続いて、「ファブル」のボス役を演じる佐藤浩市さんです。

 

 

ボスは自身も元殺し屋であると同時に、佐藤明を殺し屋として育ててきた親的な存在です。

 

 

貫禄がある所は佐藤浩市さんにピッタリではないかと思います!

 

 

真黒組組長・浜田役の実写と漫画の比較

 

 

続いては真黒組の組長、浜田を演じている光石研さんです。

 

 

ボスの依頼によって、ファブルが佐藤明として一般人になり生活する為、組長の浜田がヨウコと共に生活面で面倒を見ることになります。

 




 

真黒組若頭・海老原役の実写と漫画の比較

 

 

真黒組若頭の海老原を演じる安田顕さんです。

 

 

原作とは若干違う所はありますが、強面な一面が見事に表現されております。

 

 

最初は佐藤明を厄介者扱いしますが、次第に打ち解けていきます。

 

 

真黒組インテリ専務・砂川役の実写と漫画の比較

 

 

真黒組の組員でインテリ専務である砂川を演じるのは向井理さんです。

 

 

原作と実写では全く違いますね!笑

 

 

実写の方がイケメン過ぎています笑

 

 

しかし、向井理さんの貫禄もかなりの物なので、原作とはまた違った雰囲気を楽しめるのではないかと思われます。

 




 

殺し屋フード役の実写と漫画の比較

 

 

殺し屋フードを演じる福士蒼汰さんです。

 

 

殺し屋フードは誰に対しても容赦がないプロの殺し屋であり、渋谷系ゆとり世代のヒットマンです。

 

 

ファブルを倒して名を上げようと考えており、執拗に佐藤明を狙い、一般人として過ごす佐藤明の天敵です。

 

 

原作よりもやはりイケメンですね!

 

 

田高田役の実写と漫画の比較

 

 

佐藤明がアルバイトをすることになったデザイン会社の社長、田高田役を演じるのは佐藤二朗さんです。

 

 

原作以上にクセが強すぎる社長として演じられております笑

 




 

清水岬役の実写と漫画の比較

 

 

最後に佐藤明が大阪で出会った一般女性である清水岬役の山本美月さんです。

 

 

清水岬は借金返済の為に多くの仕事を掛け持ちしているという役柄ですが、トラブルに巻き込まれてしまいます。

 

 

今まで殺し屋として生きてきた佐藤明が初めて人を助けたいという変化のきっかけを作ったキャラクターです。

 




 

映画「ザ・ファブル」の相関図は!?

 

 

さて、それではキャラの相関図についてはどの様な形になっているのでしょうか??

 

 

相関図はこの様になっている様です。

 

 

どうやら敵という意味では殺し屋フードを演じる福士蒼汰さんの様です。

 




 

まとめ

 

 

以上が「ザ・ファブル」に関する映画キャストと漫画原作キャラの比較と相関図についての情報となります。

 

 

シリアスというよりからどちらかと言えば、コミカル寄りの内容かと思われます。

 

 

また、6月18日には「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」と題して、実写化第2弾が映画館で放映される予定です。

 

 

この映画を見る前に、一度「ザ・ファブル」ぜひご覧になっては如何かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA