レイチェルウルフさんはすい臓がんで余命3カ月と宣告された父ジェームズさんに花嫁姿でダンスを披露!?素晴らしき物語とは!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月17日放送予定の「奇跡体験!アンビリーバボー」に、「余命3カ月と宣告された父に花嫁姿を見せてあげたい…父と娘の感動の実話」が放送される予定ですので…

 

 

この花嫁であるレイチェル・ウルフさんと余命3ヵ月と宣告されたジェームズ・ウルフさんの感動のお話について、解説していきたいと思います。

 




 

感動秘話の概要は!?父ジェームズさんがすい臓がんで余命3ヶ月!?

 

 

まずこのお話の概要を説明します。

 

 

アメリカのカリフォルニア州オーバーン在住のレイチェル・ウルフさんという25歳の女性のお話です。

 

 

レイチェルさんは父ジェームズさんを心から愛しており、「私のヒーロー」と言う程だったそうです。

 

 

ところが、ジェームズさんはすい臓がんを患っており、末期の症状で化学治療も行っていない状態であった為、医者からは「長くても余命3ヵ月」の宣告を受けておりました。

 

 

ジェームズさんは自身が死ぬことよりも「娘が結婚する時に結婚式に出られない」ことを非常に無念に思っておりました。

 




 

レイチェルさんは父ジェームズさんの為に「花嫁1人だけの結婚式」を思い付く!?

 

 

一方のレイチェルさんはこの頃交際していた彼氏がおりましたが、この時は婚約をしておりませんでした。

 

 

かと言って、父が亡くなるから結婚を迫ることはしたくなかったそうです。

 

 

お父さんの願いは叶えられないと一時は諦めそうになりましたが、それでも彼女はいつか自分が結婚するときに「父もいて欲しい」と強く考えておりました。

 

 

そんな時、レイチェルさんはなんと、「花嫁1人だけの結婚式」を思い付きます。

 

 

そして、いつか結婚式を行う時に父も一緒にダンスパーティーに参加してくれるよう、ウェディングドレスを着た自分と父親のダンスの光景を撮影しようと考えたのですね。

 

 

この2人のダンス姿を結婚する時に流そうと考えておりました。

 




 

レイチェルさんは花嫁姿で父ジェームズさんとダンスを披露!?涙の出る感動のラストダンス!?

 

 

7月20日に父親へ1人結婚式の招待状を用意し、レイチェルさんはウェディングドレス姿で、会場のオーバーン・レクリエーション・パークへ向かいます。

 

 

この会場の利用料や司会の経費、また出迎えのリムジンなどは全て寄付金で賄うことが出来ました。

 

 

そんな中、父親の病状は悪化しており、妻のジェニーンの介助がなければ服も着られない状態になってしまっておりました。

 

 

この時も輸血が必要なほど体調は悪化しておりましたが、この日はタキシード姿でやってきます。

 

 

家族や友人、その他公園に来ていた人々60人が拍手で見守られ、展望台のステージで父娘のラストダンスを涙ながらに踊りました。

 

 

父娘の選んだ曲はスティーブン・カーチス・チャップマンの「シンデレラ」という曲で、ジェームズさんは妻ともラストダンスを踊りました。

 

 

曲が終わってもダンスを踊り続けていたそうです。

 




 

まとめ

 

 

以上がレイチェル・ウルフさんと父親ジェームズさんとの感動の物語となります。

 

 

非常に感動すると同時に泣ける様な話ではないかと思います。

 

 

その後のジェームズさんとレイチェルさんの情報については恐らくTVで語られるかと思いますが、ぜひVTRでもその感動の物語をご覧頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA