ザ!世界仰天ニュース

プロジェクト・チャイルド・セーブとは何の団体!?

ザ!世界仰天ニュース

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は6月1日放送予定の「ザ!世界仰天ニュース」に、「プロジェクト・チャイルド・セーブ」という団体が登場しますので…

 

 

「プロジェクト・チャイルド・セーブ」とはどんな団体なのか??についてを解説していきたいと思います。

 




 

「プロジェクト・チャイルド・セーブ」とは!?

 

 

まずは「プロジェクト・チャイルド・セーブ」の団体の概要について、説明します。

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブはその名の通り、子供たちを誘拐や性犯罪から保護することを目的に活動しております。

 

 

これまでに600人を超える子供たちを救い出した構成があります。

 




 

創立者のタイ・リッターさんの経歴や信念は!?

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブの創設者はタイ・リッターさんという方で、元特殊部隊所属の軍人だったという経歴の持ち主です。

 

 

誘拐された子供を助ける為に銃撃戦にもなるほどだと語っておりましたが、それでもタイ・リッターさんは子供たちを守る為に自分の身を投げうつ覚悟で臨んでいるそうです。

 

 

銃撃戦ともなると、殉職することもあるそうなので、まさに命を張った仕事と言えます。

 

 

すごい信念と覚悟を持って活動する姿は誇りに感じますよね!

 




 

「プロジェクト・チャイルド・セーブ」は非営利団体でボランティアで仕事をしている!?

 

 

また、驚きなのはこれが「ボランティア」での活動ということです。

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブは「非営利団体」であり、子供を誘拐された親が救出を依頼してくる際にも依頼費用は無償で行っているのだそうです。

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブは主にこの理念に共感してくれた企業からの寄付金や色んな人の募金によって成り立っているそうです。

 

 

なので、子供たちを危険から助ける際の報酬はない様であり、本当に命を守ることを第一において、活動をされていることが分かりますね!

 




 

「プロジェクト・チャイルド・セーブ」の活動が凄すぎる!?

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブは国内で誘拐された子供が国外へ連れ去られ、人身売買などを目的にする人間から救い出す活動をされています。

 

 

当然、アメリカ国外に出てしまうと、アメリカの司法の外になり、国も動けなくなってしまいます。

 

 

そういった司法が手出しを出来なくなった時に、プロジェクト・チャイルド・セーブは子供たちを助けに向かうそうなのです。

 

 

アメリカでは、誘拐による行方不明がなんと1日2,000人以上にもなるそうで、こうした誘拐の大半は人身売買を目的としているのだそうです。

 

 

人身売買で薬漬けや性的な目的で子供が危険にさらされたりすることが日常的に起きているというのはかなりの驚きですね…

 

 

プロジェクト・チャイルド・セーブはこうした人身売買の組織を相手に立ち向かうのだそうですが、基本的に犯人を鎮圧する場合は正当防衛か子供が危険に晒される時以外にしか武器は使わない様です。

 

 

また、アメリカから武器を持って国外には出れない為、基本は地元民が協力して準備をしてくれた武器を使って、武装する様です。

 

 

つまり、慣れない武器を使って、犯人に立ち向かうので、ものすごいですよね…

 




 

まとめ

 

 

以上がプロジェクト・チャイルド・セーブに関する情報となります。

 

 

この団体はアメリカ国内でも知っている人は残念ながらあまり多くはないそうです。

 

 

ただ、インターポールの様に調査だけしか手が出ない団体から依頼されることも多く、彼らの活躍はかなり重要な意味を為しているかと思います。

アメリカでももっとより多くの人がプロジェクト・チャイルド・セーブの活躍を知って欲しいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました